日産・シビリアン

日産自動車のマイクロバス

シビリアン (CIVILIAN) は、日産車体が製造し、日産自動車が販売していたマイクロバス

日産・シビリアン
CivilianW40.jpg
シビリアン 3代目 1999年2月販売型
販売期間 1971年-2021年(1959年-2021年)
製造国 日本の旗 日本
ボディタイプ 2ドアキャブオーバー
駆動方式 FR/4WD
先代 日産・キャブオールマイクロバス、
日産・キャブオールエコー、
日産・エコー
テンプレートを表示

本項では、シビリアンの前身となったマイクロバスおよび、日産・エコー (Echo) についても記述する。

W40、W41型に特装車扱いで4WD車が設定されていた時期があったが、これはいすゞ自動車製ののエルフ4WDおよびそのOEM車アトラス4WDのシャシを流用したものである(エンジンもいすゞ製)。

前史編集

キャブオールマイクロバス/キャブオールエコー/エコー(初代 1959年 - 1966年)編集

KC42型編集

  • 1959年12月 日産自動車では戦後初となるマイクロバスとして登場。B40型系ジュニア・C40型系キャブオールから流用したシャシとパワートレインに、セミモノコック構造の車体を架装した。プリンス・ライトコーチにも似たメッキモールの装飾が特徴。生産は新日国工業・京都工場(現:オートワークス京都)。
  • ジュニア / キャブオール系シャーシには、新日国京都工場製の「ニッコク」ボディーの「キャブオールマイクロバス」のほか、「新目黒車体」製ボディーの「ジュニアマイクロバス」も存在した。「新目黒車体」は、レントゲン車や宣伝車など特装車の車体架装を手がけていた東京都目黒区にあったコーチビルダー「目黒車体」が称したもの。生産台数はごく少なく、販売ルートも日産ディーラーではなく民生デイゼル系であった。販路の違いから、乗用車風の意匠が取り込まれることが多い他のマイクロバスのデザインとは一線を画しており、大型リアエンジンバスを模してそのまま縮小したようなスタイルが大きな特徴であった。リアウインドウは民生の指定架装メーカーであった富士重工業製に近づけるべく2枚窓となっており、その下(大型リアエンジンバスではエンジンルームに当たる位置)に観音開き扉の荷物室を持っていた。その後、乗降用扉の高さや客室窓とフロントウインドシールドの拡大、ヘッドランプ4灯化などの改良を受け、数年間キャブオールエコー、エコーと並行して生産、販売されたとみられる。

GC140型系編集

 
日産・エコー GC140型(前面)
 
日産・エコー GC140型(後面)
  • 1960年3月 - ベースシャシのB140型系・C140型系へのモデルチェンジに伴いマイナーチェンジ。型式が変更され、同時に特装車からカタログモデルへと昇格。外観ではモール類が若干整理される。
  • 1961年 - マイナーチェンジと同時に車名を「キャブオールエコー」とする(型式は変わらず)。一部モールの省略と車体塗り分けを簡略化。輸出も開始される。
  • 1962年 - マイナーチェンジでエンジンを1,900ccのH型へ変更。型式はGC141型となり、車名を「エコー」と改める。
  • 1963年 - フェイスリフト。前面方向指示器を角形から丸形へ、前照灯の高さをやや上げ、その周囲のプレスメッキモールも、スピード感を重視したものに変更、その印象から「メガネ」と通称される。ラジエーターグリルを追加。ロングホイールベースモデル(GHC141)を特装扱いで追加。
  • 1964年1月 - SD22型ディーゼルエンジン追加(GQC141 / GHQC141)。ロングをカタログモデルへ昇格。
    • 同年11月 - フェイスリフト。フロントウインドシールドを一枚ガラス化、ラジエーターグリル、バンパーの意匠変更。運転席ドア新設。
  • 1965年10月 - マイナーチェンジ。ガソリン・ディーゼル共にエンジン出力を向上し、型式はC142型となる。サブエンジン式クーラーを設定。ラジエーターグリル変更。型式と車名は異なるが、ここまでは同じ設計・スタイルのボディーである。

エコー(2代目 1966年 - 1971年)編集

GC240型系編集

日産・エコー(2代目)
  
GHC240W 中期型 ガソリンロング

プリンス・ライトコーチ編集

シビリアン編集

初代・GC240/340型系(1971年 - 1982年)編集

日産・シビリアン(初代)
  
J-GC341 元移動図書館
  • 1971年9月 - モデルチェンジ、車名を「シビリアン」に変更。
    • エコーの2度の事故に伴い駆動系を設計変更し、同時にフェイスリフトを行う。さらにマイナスイメージ払拭のため車名を「シビリアン」へと変更するが、型式は変わっていない。
    • エンジンは2.0Lガソリン・92馬力のH20型、2.2Lディーゼル・65馬力のSD22型。エコーの対策品同様、プロペラシャフトは2分割となる。
  • 1973年1月 - ディーゼル車は冷房搭載時のパワーと車重を考慮し、3.0L 85馬力のED30型となる。
  • 1976年5月 - マイナーチェンジ。
  • 1979年8月 - モデルチェンジ。昭和54年排出ガス規制に適合し、型式がGC341型となる。ハイルーフ車を追加。
  • 1980年6月 - ディーゼル車は従来の3.0LのED30型に加え、冷房使用時のパワー不足を解消するため、3.3L(96馬力)のED33エンジン搭載車を追加。左折巻き込み事故防止対策としてセーフティーウインドウを新設。

2代目・W40型系(1982年 - 1999年)編集

 
2代目シビリアン(前期型・デラックス)
 
2代目シビリアン(中期型)
 
2代目シビリアン(後期型)
  • 1982年8月 - フルモデルチェンジ、型式がW40型となる。
    • 同年5月にライバル車のコースターがフルモデルチェンジされたのを受け、対抗してフルモデルチェンジが行われ、2代目となる。
    • GC340型系に比べ、標準・ロング共に車体サイズは一回り大きくなった。先に登場したトラックアトラスと主要コンポーネントのほとんどを共有している。この代から、シフトレバーの配置がコラムシフトからフロアシフトへ変更された。
    • 搭載エンジンは、ディーゼルED33型(96馬力)と、ガソリンエンジンZ22型(105馬力)の2種の直列4気筒に加え、上級グレード用に直列6気筒ディーゼルのSD33型(95馬力)が加わった。
    • ヘッドライトは下級グレードと幼児車は丸型4灯、それ以外は角型4灯になる。ハイルーフ車には大型観光バスのセミデッカー車風の明かり窓が装備可能。
  • 1984年7月 - コースター、ローザに対抗するため、ターボ車を追加。エンジンはED33の改良型の直噴式FD33T型(120馬力)。レジャーパック仕様車を設定。
  • 1988年5月 - マイナーチェンジ。
    • ハイルーフ車のフロントマスクのデザイン変更、エアサス車を追加。
    • 先にサファリで搭載された4.2L 直列6気筒ディーゼルTD42型(125馬力)を従来のFD33T搭載車と入れ替え。この際にガソリン車は廃止される。
  • 1990年6月 - 4気筒ディーゼルエンジンを従来のED33型から、平成元年排出ガス規制適合のED35型(3.5L・105馬力)へ変更。
  • 1993年8月 - 一部改良。
    • 車名ロゴ・エンブレムを小文字の「Civilian」から大文字の「CIVILIAN」へ変更。
    • インパネの形状変更。3代目のW41型でも同じものが使用されている。
    • ハイルーフをフロントガラス直上まで伸ばして意匠変更。ショートボディエアサス車を追加。
    • いすゞ自動車OEM供給を開始、「いすゞ・ジャーニー」として販売。
  • 1994年 - オーテックジャパンが架装するレトロ調「クラシックバス」を設定。
  • 1995年8月 - マイナーチェンジ。
    • 平成6年排出ガス規制に適合。
    • 最上級車種が自然吸気のTD42型では商品性の面でコースターに劣るため、TD42T型(155馬力)を追加しディーゼルターボエンジンが復活、AT車も設定された。これにより差は縮まったものの、コースターのターボ車は直噴式であり、完全に並んだわけではなかった。
    • 小回り性を向上し、最小回転半径は標準車が5.5m、ロング車が6.4mとなる。
    • ヘッドランプを角形4灯から異型角形2灯へ変更。ステアリング形式をラック&ピニオンに変更。

3代目・W41型系(1999年 - 2021年)編集

日産・シビリアン(3代目)
BHW41/BJW41/BVW41/BCW41/
DHW41/DJW41/DVW41/DCW41型
1999年2月販売型 自家用(フロント)
1999年2月販売型 自家用(リア)
製造国   日本
販売期間 1999年2月 -2021年6月
乗車定員 19 - 29人
(幼児車:大人3人+幼児39人または49人)
ボディタイプ 2ドアキャブオーバー
エンジン TB45E型 4.5L 直6 OHV(2003年11月 -)
TD42型 4.2L 直6 ディーゼル(1999年2月 - 2004年9月)
TD42T型 4.2L 直6 ディーゼルターボ(1999年2月 - 2004年9月)
4M50T型 4.9L 直4 直噴ディーゼルICターボ(2004年10月 - 2007年8月)
ZD30DDTi型 3.0L 直4 DOHC 直噴ディーゼルターボ(2008年6月 - 2011年7月)
駆動方式 FR/4WD
最高出力 TB45E型
127kW(173PS)/4,400rpm
TD42型
92kW(125PS)/4,000rpm
TD42T型
118kW(160PS)/3,600rpm
4M50T型
132kW(180PS)/2,700rpm
ZD30DDTi型
110kW(150PS)/3,400rpm
最大トルク TB45E型
314N・m(32.0kgm)/3,600rpm
TD42型
273N・m(27.8kgm)/2,000rpm
TD42T型
350N・m(35.7kgm)/2,000rpm
4M50T型
530N・m(54.0kgm)/1,600rpm
ZD30DDTi型
333N・m(34.0kgm)/1,800-2,500rpm(MT車)
350N・m(35.7kgm)/1,800-2,500rpm(AT車)
変速機 4AT/6AT/5MT/6MT
サスペンション 半楕円テーパリーフ式
(一部グレードはエアサス付)
全長 6,270-6,995mm
全幅 2,065mm
全高 2,610-2,635mm
車両重量 3,360-3,770kg
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示
  • 1999年2月10日 - フルモデルチェンジを発表(2月19日発売)[1]
    • 搭載エンジンは、2WD車が直列6気筒ディーゼルTD42型およびターボ付 TD42T型、いすゞ・エルフのシャシを流用する4WD車がいすゞ製直列4気筒ディーゼル 4HG1型を設定。全グレードに運転席エアバッグがオプション設定された[注釈 1]
    • フルモデルチェンジと同時に、オーテックジャパン扱いの福祉車両「ライフケアビークル」のラインナップにシビリアン「ハートフルサルーン」を追加。後部に観音扉と後退防止用自動フラッパー付全自動昇降用リフターを装備したほか、車椅子自動固定装置や回転対座リクライニングシートも装備した。
  • 1999年5月26日 - オーテックジャパン扱いの「クラシックバス」をフルモデルチェンジ、ロングボディ「SX」をベースとする[2]
  • 2002年10月15日 - 一部改良[3]
    • 燃料タンクの容量が20L大型化され、サスペンションを改良。また、リアワイパーやフロントフォグランプスイッチ照明、運転席フットレスト(AT車のみ)が標準装備され、MD・CD一体型AM/FMチューナーラジオ、CDオートチェンジャー、15インチ液晶テレビ&VTRといったオーディオ関連のメーカーオプションを追加設定。ボディカラーには「ホワイト/オレンジ ツートーン」が設定された。
    • この一部改良により、エンブレムが日産のCIエンブレムに変わりリアだけでなくフロントにも装着され、フロント右下に装着していた「NISSAN」ロゴのデカールを廃止。リアの車名ロゴはNE-01に準じたものになり、ウィンドウ黒縁の左下からウィンドウの左下に移動された。
    • 同時に、ガソリンエンジンのTB45E型[注釈 2]をベースにディーゼル車並みの高出力を実現したCNG車を2003年1月に発売することも発表した。ラインナップはロングボディの「幼児車」「SX」「GL」の3グレードで、5MT車のみの設定であった。
  • 2003年11月17日 - 日産車体が、当時は国内マイクロバス市場で唯一であったガソリン車を特装車として設定し、受注開始(発売は2004年3月)[4]
    • 搭載エンジンはCNG車のベースエンジンであるTB45E型で、CNG車同様にトランスミッションは5MTのみの設定となる。ラインナップは標準ボディの「幼児車」とロングボディの「SX」「GL」の3グレードであった。
  • 2004年9月14日 - マイナーチェンジ[5]
    • 従来は特装車であったガソリン車が標準設定となり、平成12年排出ガス規制基準75%低減レベル認定を取得。
    • 外観はメッキグリルが新たに採用され、CIエンブレムを大型化。内装はタコメーターが標準設定され、リーフサスペンションチューニングが変更された。「GL」と「スーパーリムジン」はインパネやシート形状・クロスが変更され、オートエアコンを装備。さらに「スーパーリムジン」にはABSも標準装備された。グレード体系を充実させ「SV」が新設定された。
  • 2004年10月15日 - ディーゼル車をマイナーチェンジ(11月1日発売)[6]
    • 三菱ふそうトラック・バスからのエンジンのOEM供給を受け、排気量がアップされた4.9Lターボ仕様の4M50T型へ換装。トランスミッションはローザ及びキャンターからの流用でAT車・MT車共に6速に多段化され、ガソリン車同様に外内装を変更したグレード「SV」を新設した。またABSを採用し、AT車では標準装備、MT車ではオプション設定とした。
    • ディーゼル車のマイナーチェンジに伴い、いすゞへOEM供給される「ジャーニー」はガソリン車のみの設定となった。
  • 2005年12月21日 - 一部改良[7]
    • ディーゼル車のタイヤサイズがロングボディ「幼児車」と同じサイズに変更(215/85R16 → 205/80R17.5)され、メーカーオプションのバックビューモニターをカラー表示に変更。また、2006年1月からの灯火機(改正)技術基準に適合させるため、ハイマウントストップランプ、サイドターンランプ、サイドリフレックスリフレクターが全車に標準装備された。
  • 2007年8月29日 - 一部改良[8]
    • ガソリン車が平成17年排出ガス規制に適合したほか、運転席ドアポケットが全車に標準装備され、ライト消し忘れとキー抜き忘れのアラームが新たに設定され、大型インサイドミラーのオプション設定を追加した。
    • この一部改良に伴いディーゼル車が廃止され、いすゞ「ジャーニー」同様ガソリン車のみとなった。
  • 2008年6月16日 - 2度目のマイナーチェンジ[9]
    • ディーゼルエンジンを再設定。排気量を3.0Lにダウンサイジングし、平成17年排出ガス規制に適合させたインタークーラーターボ付直噴仕様のZD30DDTi型に換装され、トランスミッションはガソリン車と統一され、MT車が5速、AT車が4速となった。
    • そのほか、「幼児車」を除く全車の客用(左側)ドアがオート式スイングドアとなり、「SV」「GL」「スーパーリムジン」はスウェード調クロスのハイバックリクライニングシートとバックビューモニターが標準装備された。グレード体系の見直しにより、クーラー無しの廉価グレード「DX」が廃止された。
  • 2008年10月1日 - 原材料である鉄鋼の価格高騰の影響を受け、希望小売価格を改定し値上げされた[10]
  • 2010年7月1日 - 一部仕様変更[11]
    • 装備内容が一部変更され、シガーライターを電源ソケット(12V)に変更されたほか、「GL」はルームラックを、「SV」はバックビューモニター、運転席アームレスト付コンソールボックス、コーナリングランプ、フォグランプがそれぞれオプション化され、「SX」は客用(左側)ドアをオート式スイングドアから手動式折戸に変更された。
  • 2011年7月 - 平成22年排出ガス規制の影響により、ディーゼル車が再度廃止され、ガソリン車のみの設定となった[注釈 3]
    • 継続設定のガソリン車は、従前の平成17年規制適合車(ABG-)のままで登録される(平成22年規制はディーゼル車・NOx吸着触媒付の直噴ガソリン車を対象としたものであり、本車は適用外となるため)。
  • 2012年7月9日 - 一部仕様変更[12]
    • 新保安基準へ適合するため、「SX」「SV」「GL」は客席シートベルトを2点式から3点式に変更。「幼児車」は保護者席に2点式シートベルトを設定した。また、これまでオプション設定となっていた電動リモコンミラー(左)やリアウィンドウ熱線を全車標準装備化し、ワンセグCD一体ナビゲーション(運転席スピーカー・バックビューモニター付、「幼児車」は除く)やアラウンドビューモニター(後者はオートワークス京都扱い)のオプション設定が追加された。
    • グレード体系が整理され、「SX」は客用(左用)ドアにスイングドアの設定を復活して選択可能としたほか、ロングボディの「スーパーリムジン」が廃止された。
  • 2014年11月7日 - 「幼児車」を一部仕様変更(2015年1月27日発売)[13]
    • 「幼児専用車の車両安全性向上のためのガイドライン」に基づき、シートバックは高さを延長し、背面に緩衝材を追加。座席前のパーティションパイプは形状変更と緩衝材を追加し、安全面を高めた。併せて、シート生地をこれまでオプション設定としていた「なかよし動物音楽隊」柄に変更し、乗降扉あいさつ板+動物シールのオプション設定を追加した。
    • すでに所有しているユーザー向けに、シートバック背面に緩衝材を追加したクッション付シート半カバーと緩衝材付パーティションパイプを発売する予定であることも併せて発表された。
  • 2015年11月27日 - 一部改良[14]
    • 従来は最上級グレード「GL」に設定されていたABSが全車標準装備となり、それに伴い価格が改定された。また、メーカーオプションの後席ワイドディスプレイが17.5インチに大型化された。
  • 2020年(令和2年)
  • 2021年(令和3年)
    • 2月24日[要出典] - 以降は在庫分のみの販売となる。WEBカタログの掲載も終了。
    • 6月 - 生産・販売終了(予定)[15]。これにより、日産自動車が製造・販売するマイクロバスはNV350キャラバンのみとなる。

車名の由来編集

鉄道車両への改造編集

JR北海道 デュアル・モード・ビークル (DMV)
  
日産・シビリアン W41型系ベース

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 18万9000円もするため、装着車は非常に少なかった。
  2. ^ このエンジンは元はパトロール / サファリ用であった。
  3. ^ ZD30DDTiと組み合わされるトランスミッションはキャラバンからの流用であったため、この組み合わせのままでは重量のかさむ本車では排ガス規制適合が不可能であったとされる。

出典編集

  1. ^ “新型「シビリアン」を発売” (プレスリリース), 日産自動車株式会社, (1999年2月10日), https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-0d0f3b9fbc4ff6a260598c076000b4f8-nissan-releases-all-new-civilian-j 2018年12月1日閲覧。 
  2. ^ “シビリアン「クラシックバス」をフルモデルチェンジ” (プレスリリース), 日産自動車株式会社, (1999年5月26日), https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-bda1714d3716730917a2b3d4e700a157-1999-05-26-1347-j 2018年12月1日閲覧。 
  3. ^ “「シビリアン」を一部改良” (プレスリリース), 日産自動車株式会社, (2002年10月15日), https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-999d2ad2de62c2adacb5f69e9647e79a-021015-01 2018年12月1日閲覧。 
  4. ^ “マイクロバス「シビリアン」にガソリン車を追加” (プレスリリース), 日産自動車株式会社, (2003年11月17日), https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-6b24fad17f7765d7aed50eae8b4d561a-031117-02 2018年12月1日閲覧。 
  5. ^ “「シビリアン」をマイナーチェンジ” (プレスリリース), 日産自動車株式会社, (2004年9月14日), https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-3d805a4c288419ab4e504cb61e7bc8be-040914-01 2018年12月1日閲覧。 
  6. ^ “「シビリアン」ディーゼル車をマイナーチェンジ〜新型4.9Lディーゼルターボエンジンを採用〜” (プレスリリース), 日産自動車株式会社, (2004年10月14日), https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-0c440e1fea58776552e0c34c823bab1a-041015-05 2018年12月1日閲覧。 
  7. ^ “「エキスパート」「クリッパー」「ADバン」「シビリアン」を一部改良” (プレスリリース), 日産自動車株式会社, (2005年12月21日), https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-1caf41aa402809f5fc905b5302180f1c-051221-04-j 2018年12月1日閲覧。 
  8. ^ “「シビリアン」を一部改良” (プレスリリース), 日産自動車株式会社, (2007年8月29日), https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-dd8eafd0bf7a33b7bd7fe18d8508c40b-070829-01-j 2018年12月1日閲覧。 
  9. ^ “「シビリアン」をマイナーチェンジ” (プレスリリース), 日産自動車株式会社, (2008年6月16日), https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-86340da9209d130093c40a069f9b8a2f-080616-01-j 2018年12月1日閲覧。 
  10. ^ “日産自動車、一部商用車の国内希望小売価格を改定” (プレスリリース), 日産自動車株式会社, (2008年8月29日), https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-529c07f3eb62d8c5728d4e2ee756b756-080829-01-j 2018年12月1日閲覧。 
  11. ^ “「シビリアン」を一部仕様変更” (プレスリリース), 日産自動車株式会社, (2010年7月1日), https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-6591ae71761325c6a96250ec358622b0-100701-01-j 2018年12月1日閲覧。 
  12. ^ “「シビリアン」を一部仕様変更” (プレスリリース), 日産自動車株式会社, (2012年7月9日), https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-2ebc1d81b92d13480c0df3892ae1309d-120709-01-j 2018年12月1日閲覧。 
  13. ^ “「シビリアン幼児車」の一部仕様を変更” (プレスリリース), 日産自動車株式会社, (2014年11月7日), https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-08585a16d79a37d9551edde7d813516a-141107-01-j 2018年12月1日閲覧。 
  14. ^ “「シビリアン」を一部改良” (プレスリリース), 日産自動車株式会社, (2015年11月27日), https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-f823c11d7ce6ff9f65b1b5315f010546-151127-02-j 2018年12月1日閲覧。 
  15. ^ a b * 通期連結業績予想の修正に関するお知らせ 日産車体株式会社(IR情報)、2020年11月12日、2021年3月4日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集