メインメニューを開く

全日空横浜サッカークラブ・ボイコット事件

全日空横浜サッカークラブ > 全日空横浜サッカークラブ・ボイコット事件

全日空横浜サッカークラブ・ボイコット事件(ぜんにっくうよこはまサッカークラブ・ボイコットじけん)とは、1986年3月22日東京都北区国立西が丘サッカー場で行われた日本サッカーリーグ第22節、 全日空横浜サッカークラブ三菱重工業サッカー部戦において全日空に所属する6選手によって実行された試合ボイコット事件である。この事件によりチームは3か月間の公式戦出場停止処分が、6選手には無期限登録停止処分が科せられた[1][2][注 1]

全日空横浜サッカークラブ
ボイコット事件
Nishigaoka Stadium 1.JPG
事件現場となった国立西が丘サッカー場
場所 日本の旗 日本東京都北区西が丘
日付 1986年3月22日
概要 全日空の先発選手5人と控え選手1人が試合開始直前に競技場から姿を消し、試合をボイコット。
原因 運営会社である全日空スポーツの運営方針に対する古参選手の不満
対処 チームは3か月間の公式戦出場停止、6選手は無期限登録停止
テンプレートを表示

背景編集

日本のアマチュアスポーツの統括組織である日本体育協会は、「日本体育協会アマチュア規定」に基づき、傘下に置く全ての競技団体の登録選手をアマチュアに限定していた[7]。プロとアマチュアという2つのカテゴリや団体を擁する競技では、双方の対立関係もあって交流は絶たれ[8]、各競技の選手意識にもプロとアマチュアという概念は厳然な区分として刷り込まれていった[8]。その一方で、日本テニス協会では1974年に「プレーヤーズ制度」を[7]、同様に日本卓球協会では「レジスタード・プレーヤー」の制度を設けて[7] 実質的なプロ選手活動の承認を始めていた。1984年ロサンゼルスオリンピックにおいてプロ選手の参加が容認されるなどの世界的なオープン化の流れの中[7]、これに対応するために日本体育協会は同年から「アマチュア規定」の改定に向けた協議を進めていた[7]

日本サッカー協会 (JFA) では「アマチュア規定」に基づき、選手登録をアマチュアに限定していたが、読売サッカークラブ日産自動車サッカー部や全日空横浜サッカークラブでは、選手が社業に就かずにサッカー専業で報酬を得ることが出来る「契約選手」と呼ばれる形態を非公式に採用し、チーム強化に乗り出していた[6]。1986年3月の時点で、こうした「契約選手」は日本国内に50人以上存在していたが[6]、日産では日本代表の中心選手だった木村和司のように推定1300万円の年収を得ている選手も存在し、レギュラー選手の平均年収はボーナスを含め700万円前後だったと言われる[6]。こうした契約選手はサッカーを専業とすることにより同世代のサラリーマンの平均水準より多くの収入を得ることが可能となる一方、トップクラスのサッカー選手が最盛期を維持できる期間の短さや[9]、引退後の生活の不安などから社員選手として留まる選手もいた[9]

こうした国内の事情を受けてJFAは、1985年11月の理事会で「ノンアマ選手登録」、翌1986年には「プロ選手登録」の導入についての方針が打ち出され協議が進められていた[10]。その一方、各チームの選手に対する身分保障や待遇についての明確な指針はなく曖昧なままであり[6]、またJFAでも契約選手の雇用実態を把握し、早急な対応策を講じるなどの動きはなかった[6]

経緯編集

全日本空輸の支援編集

全日空横浜サッカークラブ(以下、全日空横浜または全日空)は1964年神奈川県横浜市に設立された「中区スポーツ少年団」を前身としている[11]。同少年団に所属していた選手達が成長し、中学生チームやトップチームを保有するクラブチームへと発展した経緯を持ち[11]横浜市教育委員会の後援もあり地域に根ざした市民サッカークラブとして活動していた[12]

1979年から全日本空輸(現・ANAホールディングス)による支援が始まり、チーム名を「ヨコハマ・トライスター・サッカークラブ」へ改称[12] したが、改称後も企業チーム化することはなかった[12]。小学生からOBに至る数百人の会員の支払う会費などで運営され、トップチームは様々な職業や身分を持つ会社員や学生によって構成されるなど[12]ヨーロッパ南米のクラブ組織を理想とした[12]。一方、自前のグラウンドを保持していない事情から練習場所を捜し求めて転々とする環境下に置かれていた[13][14]

トップチームは1981年神奈川県リーグ1部で優勝し関東社会人リーグに昇格。1983年に関東社会人リーグと全国地域サッカーリーグ決勝大会を制し、JSL2部への昇格を果たす。1984年のJSL2部では住友金属と勝ち点で並び得失点差で2位となり、JSL1部昇格を果たした。チームが短期間で成績を伸ばした背景には、全日本空輸の潤沢な資金力を背景とした他チームからの選手補強があり[15]、関東社会人リーグに在籍していた1983年から選手への金銭授受が始まった[11]。1986年4月20日付けの『日刊スポーツ』の報道によると、同年にJSL1部のフジタ工業を退部し、全日空に加入したフォワードカルバリオの年収は240万円だったとされ[6]、1986年4月20日付けの『毎日新聞』の報道によると、トップチームの選手に対して毎月、交通費2万円と栄養費4万円の合計6万円が支給されていたとされる[11]

JSL1部昇格と共にスポンサー企業だった全日本空輸は「株式会社全日空スポーツ」を設立[6][11]。クラブに所属する17人の選手は同社に嘱託社員という身分で雇用され、事実上の契約選手となった[11]。この際、全日空の契約選手達が得ていた給与は、ベテラン選手で年収400万円、若手選手で120万円とされる[6]。ボーナスはなく交通費などは自己負担[6]、これらの給与から雇用保険が差し引かれ、健康保険厚生年金はなかった[11]。一方、前出のカルバリオは年収600万円[11] を得るなど、ヨコハマ・トライスター時代からの古参選手と移籍組との間の収入面での格差が生じていた[15]

内紛編集

 
全日本空輸は当初、スポンサーとしてクラブを支援していたが、JSL1部昇格を果たしたことを契機に全面的なチーム運営に乗り出した。

JSL2部に所属していた時点では「ヨコハマ・トライスタークラブ」の名称で横浜サッカークラブの手によってチームは運営されていた[16]。トップチームのレギュラー選手11人には議決権が与えられ、クラブ総会で議題が協議され運営されてきたが[16]、全日空スポーツが設立されたことで運営は横浜サッカークラブの手を離れ、全日空スポーツが全面的にチーム運営に乗り出すことになった[6][16]

全日空スポーツはJSL1部昇格に貢献したレギュラー選手の中から2人を解雇し、契約選手に対してはシーズンオフとなる1985年2月から3月の間、給与を支払わないことを通告した[6]。これに契約選手11人が反発し、同年2月14日から4月24日までストライキを実施[6]。最終的に全日空スポーツ側が譲歩して2人の解雇を撤回し、ストライキの中心となったA(34歳)を選手兼助監督に、B(28歳)を主将に任命することを条件に事態を収束させた[6]

AとBの証言によれば、全日空スポーツの介入はトップチームのみに限定され、それまで保有していた下部組織との交流や連携は希薄になった[6]。また、全日空スポーツによる運営が行われるようになった後も、会社側がサッカー専用グラウンドを整備するなどの動きはなかった[6][11]。全日本空輸の福利厚生施設である芝生のグラウンドは一般社員の使用が最優先され[11]、選手達は同グラウンド傍に隣接されているアスファルトの駐車場での練習や[11]、他の練習施設を渡り歩く生活を余儀なくされた[11]。選手達はこうした状況を改善するように全日空スポーツ側に働きかけていたが[6]、会社側から明確な返答を得ることは出来ず、不満を募らせていった[6]

チームはカルバリオのほか、香港リーグでのプレー経験がある李国秀、元日本代表の横谷政樹加藤正明らを擁していたものの、JSLカップ天皇杯では共に2回戦敗退に終わり、JSLでも成績は低迷し最下位に沈んだ。1986年2月23日国立霞ヶ丘陸上競技場で行われたJSL第18節の日産自動車戦で敗れ[17]、翌2月24日に行われた10位の読売クラブの試合結果により両チームの勝ち点差は10に広がった[18]。これにより、全日空は同シーズンの11位以下の成績が確定し、4試合を残して2部降格が決まった[18]

全日空スポーツは2部降格が決定した1986年2月末の時点で選手兼助監督のA(34歳)、主将のB(28歳)のほか、C(31歳)、D(25歳)、韓国籍のE(23歳)の5選手[19] を含む9選手の解雇を決定し[20]、来季に向けてチームの若返りを図ろうとしていた[21]。これに対して解雇された側は、「待遇改善を求めた側を『不満分子』と見做し切捨てた[11]」「チーム強化に貢献してきた者を利用するだけ利用して一方的に解雇する。企業乗っ取りのようだ[11]」として反発を強めていた[20][22]

ボイコット編集

いずれのチームの選手が7人未満の場合、その試合は有効とは認められない
競技規則第3条[23]

3月22日、西が丘サッカー場で行われる最終戦には800人の観客が詰めかけていた[19]。この試合は、リーグの優勝争いとも降格争いとも関係のない消化試合だったが、全日空側ではシーズン終了後の引退が噂されていたカルバリオやジャイールらの送別試合を兼ねてベテラン選手中心のメンバー構成で挑むことになっていた[19]。また、三菱側ではミッドフィールダー名取篤のJSL通算100試合目の記念試合となっていた[24]。先発メンバーには、A、B、C、D、Eの5人を含む11人が選ばれ、来季の契約更新が内定していたF(26歳)[6] は控えメンバーに選ばれた。14時30分の試合開始時間まで5分前に迫った時、この6人が試合のボイコットを表明し競技場を後にした[23]

全日空の控え室は事態に騒然となり、試合開始時間が10分以上も遅れたため、観客席からは入場料を返金するように要求する野次が飛ぶ騒ぎとなった[19]栗本直監督は、控えメンバーの2人を急遽、先発メンバーに起用して8人で試合開始。それから11分後に控えゴールキーパーの大澤浩司をフィールドプレーヤーとして起用するなど、2人の選手を追加し10人で試合を行うことになった[6]

リーグ規定で定められている最低人数の8人を満たしたことで没収試合となることは免れたものの、試合は原博実のハットトリックの活躍もあり、6-1と三菱が大勝。全日空は64分に大澤の得点で1点を返すに留まった[19]。全日空はこの敗戦によりシーズン通算19敗目を喫し、JSLワースト記録を更新した[23]

選手側の主張編集

6選手は「来シーズンにむけたチームの若返り」の名目で解雇が行われたことを理由に、公式戦のボイコットを行った[21]。その際に「必要となる諸経費を含めた給与体系の見直し」「解雇の不当性と、将来の身分保障」「練習環境の不備の改善」を訴えた[21]。ボイコット事件の中心となったAとBは、事件後に『日刊スポーツ』の取材に応じ、次のように語った[6]

ファンや対戦相手の三菱重工の選手には申し訳ないことをした。しかし、今回の解雇により企業側と話し合う機会さえ失われてしまう。多くの人々に現状を知らしめるために、厳しい処分を受ける覚悟をもってあのような行動に至るしかなかった。我々は、社会人としての身分保障もなく、給与待遇、チームの長期的ビジョンも全て不明瞭なままだった。全日空の社員としてチームに在籍する者は引退後は職場に復帰すればいいが、我々にその保証はない。西ドイツのようなクラブ組織を夢見て集まった者たちが、企業に利用されるだけで終わりたくはなかった。

一方で事件当時、全日空横浜の選手だった李国秀は、「全日本空輸の支援が始まると共に増加した社員選手[25](同社に正社員として雇用されていた選手)と契約選手との間の確執[26]」「設立されて間もない全日空スポーツという企業の脆弱性[26]」に端を発した組織内トラブルが事件の根底にあり[26]、6選手がボイコットに際して訴えた給与面の問題は重大なものではなかった、と証言している[26]

反応編集

6選手に対する批判は大きく、全日空監督(当時)の栗本直は「1部リーグ昇格を目指して戦った仲間がスポーツマンの本分を忘れ、行動に至った経緯は理解に苦しむ。私の管理責任を問われても仕方がない」と発言[6]。同じく全日空の選手であるカルバリオは「試合放棄はもってのほかだ。彼らの事情で生活権が脅かされるのでは選手としては堪らない」と発言した[23]

JFAプロアマ問題懇談会座長(当時)の平木隆三は「いかなる事情があるかはさておき、一言でいうと『甘ったれ』だ」と発言した[6]。また、1986年3月24日付けの『朝日新聞』は「このような不祥事は前代未聞である。リーグの品格を汚し、ファン軽視も甚だしい。制裁は確実」と報じた[27]

一方、1986年3月25日付けの『日刊スポーツ』は「JFAは早急に契約選手の立場を明らかにし、実態に即した登録制度の整備を進める時期に来ている。その警鐘となれば6選手の行動も浮かばれる」と報じた[6]

試合編集

全日空横浜 1 - 6 三菱重工
大澤浩司   64分 原博実   11分42分54分
広瀬治   19分
中村修三   40分
吉田靖   54分
国立西が丘サッカー場
観客数: 800人
主審: 岡谷泰吏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
全日空横浜
GK 01 大江武史
DF 11 川崎三喜男
DF 20 岸田洋
DF 29 大渕龍介
DF 16 梅田美一郎
MF 10 ジャイール  
MF 17 加藤正明
MF 13 七條一郎
0 0 0
FW 19 大澤浩司
FW 08 カルバリオ
サブメンバー:
0 0 0
0 0 0
監督
栗本直
三菱重工
GK 01 高橋宏行
DF 03 斉藤和夫
DF 07 松永正利   63分
DF 18 宮崎義正
DF 04 鈴木邦彦
MF 08 名取篤   46分
MF 13 中村修三
MF 20 広瀬治
MF 18 辻谷浩幸
FW 15 吉田靖
FW 09 原博実
サブメンバー:
DF 12 田口誠   63分
FW 11 川添孝一   46分
監督
大仁邦彌

処分編集

3月25日、JSLは東京都千代田区神田小川町にあるリーグ事務所に全日空監督の栗本と同部長代理の岡村健吾らを呼び出し、総務主事の森健児らが事情聴取を行った[28]。この際、全日空側は事件を陳謝し、JSLのいかなる決定にも従う意志を表明[28] すると共に、対外試合自粛や内部責任を追及する考えも明らかにした[28]

3月28日、JSLは全日空のボイコットに関与した6選手をリーグ事務所に呼び出し事情聴取を行った。6選手も関係者と同様に事件を陳謝し、JSLのいかなる決定にも従う意志を表明した[29]。一方、JSLの規定には「選手の無断欠場」に関する条文が存在しないため[30]、双方からの聴取内容を長沼健が委員長を務めるJFA規律委員会に報告し、同委員会や理事会での協議の上で6選手の処分を決定する方針を固めた[30]

同日夜、JFAは緊急規律委員会を招集し、6選手に対し「国内のあらゆるチームへの登録を禁止する」仮処分を下し、翌3月29日付けで各都道府県サッカー協会に通達した[24]

4月1日、全日空は「JFAによる処分決定までの期間の対外試合自粛」「伊藤徹部長と栗本直監督の解任」の内部処分を決定し、JFAに報告した[31]。また、事件再発防止のために運営体制を見直し、4月末までに改善案を提出する意向を示した[31]。これに対し、JFA規律委員会は改善案を早急に示すように文書で要請した[31]

JFA規律委員会は、6選手の行動を「チームに対する不満から有料公式戦において試合放棄に及んだ行為は、待遇問題以前に社会人選手として許さざるべきことである」と指摘[32][33]。同委員会は6選手を、懲罰規定の「大会運営上の違反行為」「グラウンド内外での相応しくない行為」に抵触すると結論付け[33]4月17日に行われた理事会において、6選手に対し無期限登録停止処分を下した[1]。この処分は事実上の永久追放に相当するもので[22]、6選手の選手登録だけでなく、監督やコーチとしての登録、役員としての参加も禁止する内容となった[1][2]

一方、全日空横浜に対しては事件当日から6月22日までの、3か月間の公式戦出場停止処分を下した[1]。選手の処分に比してクラブの処分が軽微となった理由については、「事件当日の試合成立に向けて努力が払われている[1]」「内部責任者の処分が既に行われている[34]」「運営体制の改善が約束されている[1]」などの点が考慮された[34]。同日、全日空横浜は処分解除後の6月28日から行われる予定のJSLカップの出場辞退を申し出た[1]

影響編集

JFAは4月17日に行われた理事会で、「プロ」「ノンアマ」「アマチュア」からなる新たな選手登録制度を全会一致で承認[35]5月7日、日本体育協会から新たに「スポーツ憲章」が制定・施行され、各競技団体ごとに規定を設けて金銭の授受やプロ選手登録を行うことを認めたことを受けて[36]、JFAは5月23日に開かれた理事会で新選手登録制度を最終決定し、翌5月24日付けで施行した[37]。この国内サッカー界初のプロ選手登録制度導入の背景には、ボイコット事件が影響していると言われている[38]

JFAによる6選手への無期限登録停止処分は結果として全日空横浜の内部から「横浜サッカークラブ」の色彩を一掃する後押しとなった[39]。さらに1988年にクラブ名を「全日空サッカークラブ」と改称したことで「中区スポーツ少年団」創設以来の歴史は事実上途絶えた[39]

一方、全日空横浜に携わっていたスタッフやOBは企業に依存することのない地域密着型クラブを標榜して、1986年9月に横浜スポーツクラブを設立[40]1987年に横浜サッカー&カルチャークラブと改称し、2002年NPO法人化し横浜スポーツ&カルチャークラブと改称すると、総合型地域スポーツクラブとしてサッカーのみならず、様々なスポーツの普及活動を行っている[41]。さらに2014年からはトップチームがJ3リーグに参戦している。

その後編集

 
横浜フリューゲルスがホームスタジアムとしていた三ツ沢公園球技場

無期限停止処分を受けた6選手のうちB、C、Dの3選手は1989年までに処分が解除された[42]2012年、AとFの2選手からJFAに対して処分解除の嘆願書が提出されたことを受け、「反省の意志が示されたこと」「懲罰決定から長期間が経過していること」を考慮して同年5月10日に開かれたJFAの理事会により2人の処分解除が決定した[42]。なお、残るEについても嘆願書が提出された時点で、処分解除が検討されている[38][43]

全日空サッカークラブは1993年に開幕したJリーグでは横浜フリューゲルスと改称し横浜市を本拠地に九州を準本拠地とする変則的なフランチャイズ制を採用したが、1998年に出資会社の全日本空輸と佐藤工業の経営不振を理由に、横浜マリノスへの吸収合併を発表した[44]。本来、Jリーグから脱退する場合には、1年前にリーグに申請することが規約で義務付けられているが[44]川淵三郎チェアマンは特例として合併を認めた[44][45]

選手やサポーターは経営側の主導により決定された合併に反発し[45]、チーム存続や合併回避を求める活動を行ったが、決定が覆ることはなかった[45]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 本事件までに日本国内で選手や監督が処罰された事例としては、1973年大阪府社会人サッカーリーグの明星クラブの3選手が試合中に審判に暴行を加えたとして無期限出場停止を受けた事件[3]1976年永大産業サッカー部がJFAの定める「外国籍選手の登録は1チームにつき3人まで」とする規則を破り合計4選手を登録し試合に出場させていたことが発覚し、監督が無期限登録停止処分を受けた事件[3]1978年1月14日に行われたJSL2部の読売クラブ対日産自動車戦で、読売のラモス・ソブリーニョが試合後に日産の選手を追い回したとして1年間の出場停止処分を受けた事件[4]1984年11月11日に行われた関東社会人サッカー大会準決勝の栃木教員読売サッカークラブ・ジュニア戦で、読売ジュニアの監督らが判定を巡って審判に乱暴な態度をとったとして監督とコーチの2人が1986年3月までの出場停止処分を受けた事件[5]、などがある。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g 「サッカー協会 「永久追放」を決定 全日空サッカー6選手」『朝日新聞』1986年4月18日 14版 18面。
  2. ^ a b 「無期限の登録停止に ”8人サッカー”で協会 全日空6人に厳罰」『毎日新聞』1986年4月18日 14版 17面。
  3. ^ a b 「永大監督の登録停止 サッカー協会処分 「外人制限に違反」」『朝日新聞』1976年3月30日 13版 17面。
  4. ^ 高野 2008、38-41頁
  5. ^ 「サッカー乱闘事件 読売ジュニアに厳罰 3月まで試合禁止処分」『朝日新聞』1984年12月17日 14版 19面。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 「使い捨て御免 全日空6選手試合放棄事件 主将が本紙に「裏の事情」をぶちまけた」『日刊スポーツ』1986年3月25日 6版 5面。
  7. ^ a b c d e 「プロの登録認める 体協「新スポーツ憲章」発効」『読売新聞』1986年5月8日 14版 1面。
  8. ^ a b 澤野雅彦『企業スポーツの栄光と挫折』青弓社、2005年、137頁。ISBN 4-7872-3246-0
  9. ^ a b 「スポーツ新事情 プロ化とカネ (2) 魅力だが将来に不安」『毎日新聞』1986年4月17日 14版 15面。
  10. ^ 「サッカー あす 「プロ」誕生--新登録制 「アマ」「ノンアマ」と3区分」『毎日新聞』1986年4月16日 13版 17面。
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n 「スポーツ新事情 プロ化とカネ (5) 生活保障ない「実質プロ」」『毎日新聞』1986年4月20日 13版 16面。
  12. ^ a b c d e 「ヨコハマ・トライスターは日本サッカーを変えられるか !?」『サッカーマガジン』1984年1月号、ベースボール・マガジン社、146-147頁。
  13. ^ 「JSL2部チーム情報」『サッカーマガジン』1984年5月号、163頁。
  14. ^ 「ユースジュニア クラブチームめぐり 連載 (5) 全日空横浜ク」『サッカーマガジン』1985年3月号、ベースボール・マガジン社、114頁。
  15. ^ a b 小山 2008、50頁
  16. ^ a b c イレブン 1986、108頁
  17. ^ 「サッカー日本リーグ 18節22日 古河、着々と前進」『朝日新聞』1986年2月23日 14版 16面。
  18. ^ a b 「サッカー日本リーグ 18節23日 古河、Vへあと2つ 2位鋼管が三菱に完敗」『朝日新聞』1986年2月24日 14版 19面。
  19. ^ a b c d e 「敵前逃亡!!全日空5選手 サッカー日本リーグ 起用法に反発」『日刊スポーツ』1986年3月23日 6版 5面。
  20. ^ a b 「不祥事、全日空から事情聞く サッカー、日本リーグ側と協会」『読売新聞』1986年3月26日、14版 16面。
  21. ^ a b c 「ニュースダイジェスト 全日空の6選手がJSL最終戦をボイコット」『サッカーダイジェスト』1986年6月号、日本スポーツ企画出版社、134頁。
  22. ^ a b 小山 2008、51頁
  23. ^ a b c d イレブン 1986、106頁
  24. ^ a b イレブン 1986、107頁
  25. ^ 香港から帰国後、サッカーを辞めてから全日空に加入するまでの経緯”. Lee's Words 李国秀オフィシャルブログ (2013年4月13日). 2013年4月27日閲覧。
  26. ^ a b c d 日本リーグ昇格からボイコット事件まで 全日空チーム内では何が起こっていたのか”. Lee's Words 李国秀オフィシャルブログ (2013年4月15日). 2013年4月27日閲覧。
  27. ^ 「サッカー日本リーグ 全日空ク6選手の退場事件 重いペナルティは必至」『朝日新聞』1986年3月24日 14版 19面。
  28. ^ a b c 「全日空、短期出場停止処分か」『毎日新聞』1986年3月26日 14版 17面
  29. ^ 「全日空6選手が陳謝 サッカーボイコット」『毎日新聞』1986年3月29日 14版 17面。
  30. ^ a b 「全日空6選手から聴取 サッカーボイコット」『朝日新聞』1986年3月29日 14版 16面。
  31. ^ a b c 「全日空横浜が部長と監督解任 ”8人サッカー”処分」『毎日新聞』1986年4月2日 13版 19面。
  32. ^ 「全日空の6選手”永久追放”へ 試合放棄で協会委一致 サッカー史上で初」『読売新聞』1986年4月17日 14版 16面。
  33. ^ a b 「全日空事件 濃い「永久追放」 サッカー協会 今日採決」『朝日新聞』1986年4月17日 13版 18面。
  34. ^ a b 「サッカー不祥事 永久追放が決定 「全日空」も3か月出場禁止」『読売新聞』1986年4月18日 14版 16面。
  35. ^ 「サッカー協会 「プロ」登録を承認」『朝日新聞』1986年4月18日 14版 18面。
  36. ^ 「スポーツ憲章の制定、施行 「アマ」に大きな転換期」『朝日新聞』1986年5月8日 12版 18面。
  37. ^ 「日本サッカー 新登録制度 きょう発効 「プロ資格」厳しく」『読売新聞』1986年5月24日 14版 16面。
  38. ^ a b 潮智史「Side Change ボイコット 26年後の区切り」『朝日新聞』2012年5月15日 13版 22面。
  39. ^ a b 高峰修「企業メセナの限界と市民パトロンの誕生〜日本のプロスポーツを支える新しい担い手〜」『現代スポーツ社会学序説』杏林書院、2003年、210-211頁。ISBN 978-4764415669
  40. ^ クラブの歴史”. Y.S.C.C.. 2012年10月20日閲覧。
  41. ^ Y.S.C.C.について”. Y.S.C.C.. 2012年10月20日閲覧。
  42. ^ a b サッカー協会:2人の無期限登録停止処分を解除”. 毎日jp(毎日新聞) (2012年5月10日). 2012年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月20日閲覧。
  43. ^ 2012年度 第2回理事会 協議事項 (PDF)”. 日本サッカー協会 (2012年5月10日). 2014年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月20日閲覧。
  44. ^ a b c 「赤字体質、企業の論理優先 横浜マ・横浜フ合併」『朝日新聞』1998年10月30日 14版 23面。
  45. ^ a b c 大橋 2008、58-61頁

参考文献編集

  • 「日本サッカー界前代未聞の不祥事 全日空6選手"敵前逃亡事件"の顛末」『イレブン』1986年6月号、日本スポーツ出版社
  • 『知られざる日本サッカー事件史』洋泉社、2008年。ISBN 978-4-86248-311-9
    • 大橋義行「第2部 激動の日本事件史ファイル—極秘裏に進められた”横浜フリューゲルス消滅”のシナリオ」
    • 小山敏昭「第2部 激動の日本事件史ファイル—全日空6選手の試合ボイコット事件の内幕!!」
    • 高野成光「第2部 激動の日本事件史ファイル—ラモスの相手選手追い回し事件 背景にあった異端・読売への嫉妬」