メインメニューを開く

北条 清嗣(ほうじょう きよし[1]1947年[注 1]5月30日[1] - )は、日本俳優。本名及び旧芸名:北条 清[1]。別名義・北条 清志[2]北條 清嗣

ほうじょう きよし
北条 清嗣
本名 北条 清
別名義 北条 清志、北條 清嗣
生年月日 (1947-05-30) 1947年5月30日(72歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ

東京都出身[1][2]保善高等学校卒業[1][2]劇団NLT出身[1][2]。さとう事務所に所属していた[1]

目次

来歴・人物編集

高校卒業後、蕎麦屋の店員などを経て、1967年に劇団NLTに入団[2]1969年NHK連続テレビ小説信子とおばあちゃん』に塚本三郎役でテレビドラマに初出演[2]。『信子とおばあちゃん』で共演した渡辺篤史とは仲が良かった[2]。本作終了後はテレビドラマの悪役を中心に活動した。

趣味は、ラグビー[2]剣道[2]

出演作品編集

テレビドラマ編集

  • NHK連続テレビ小説 / 信子とおばあちゃん(1969年、NHK) - 塚本三郎
  • 柔道一直線 第28話「怪童!熊野太郎」 - 第30話「必殺!空中二段投げ」(1970年、TBS) - 熊野太郎
  • 素浪人 花山大吉 第64話「三人揃ってバカだった」(1970年、NET
  • 遠山の金さん捕物帳 第23話「仁王と呼ばれた男」(1970年、NET) - 正吉
  • 蒼ざめた午後(1971年、THK) - 栗原志郎
  • テレビスター劇場 / 女徳(1971年、MBS
  • 徳川おんな絵巻 第32話「美しき女教師」(1971年、KTV / 東映) - 田辺達之助
  • 特別機動捜査隊NET
    • 第518話「わが道を行く」(1971年) - 圭一郎
    • 第532話「噂の町の中で」(1971年) - 相川
    • 第543話「皆殺しの詩」(1972年) - 杉田
    • 第712話「七年目の報酬」(1975年)
    • 第726話「兄とその妹」(1975年)
  • 東芝日曜劇場 / 心(1972年、TBS)
  • 新・平家物語 第30話、第31話(1972年、NHK) - 秩父五郎重晴
  • 熱愛(1973年、THK)
  • 太陽にほえろ!NTV / 東宝
    • 第56話「その灯を消すな!」(1973年) - 小西次郎
    • 第202話「手紙」(1976年) - 三浦則夫
    • 第217話「スコッチ刑事登場!」(1976年) - 中岡進
    • 第265話「ゴリ、爆発!」(1977年) - 田川政義
    • 第392話「流れ者」(1980年) - 宮坂
    • 第435話「スター」(1980年) - 丸山信博
    • 第479話「怒りのラガー」(1981年) - 木村隆夫
    • 第526話「井川刑事着任!」(1982年) - 岩下康夫
    • 第598話「戦士よ 眠れ 新たなる闘い」(1984年) - 岩崎正巳
    • 第633話「ホスピタル」(1985年) - 城所恭平(矢追総合病院医師)
    • 第648話「検視官ドック」(1985年) - 中尾真人
    • 第709話「タイムリミット・午前6時」(1986年) - 岡崎潔
  • 科学捜査官(1973年、KTV)
  • 仮面ライダーシリーズ(1974年、MBS / 東映)
  • がんばれ!!ロボコン 第7話「フンジャラ! スターになるぞ!!」(1974年、NET) - 記者
  • 同心部屋御用帳 江戸の旋風 第37話「悪女の涙」(1975年、CX
  • 銭形平次(CX / 東映)
    • 第456話「浮世絵女双六」(1975年)
    • 第470話「甲州獄門板」(1975年)
    • 第489話「虹の橋」(1975年)
    • 第514話「子の刻参上」(1976年)
    • 第535話「俺の十手は俺の手で」(1976年)
    • 第567話「涙の帰り花」(1977年)
    • 第589話「岬に立つ少年」(1977年)
    • 第638話「なみだ橋」(1978年)
    • 第666話「やがて青空」(1979年)
    • 第698話「心のかけ橋」(1979年)
    • 第743話「傷だらけの恋」(1980年)
    • 第834話「誘拐」(1982年)
  • 花くらべ(1975年、CX / THK) - 作業員風の若い男
  • 伝七捕物帳 第118話「飛び込んできた女狐」(1976年、NTV)
  • 桃太郎侍(NTV)
    • 第31話「宵宮に消えた神輿」(1977年) - 清三郎
    • 第233話「遠州路の決闘!」(1981年)
  • 華麗なる刑事 第27話「深夜放送殺人事件」(1977年、CX / 東宝)
  • 新幹線公安官 第2シリーズ 第16話「呪われたワイングラス」(1978年、ANB
  • 新五捕物帳 第78話「夢に消えた父子唄」(1979年、NTV)
  • 江戸の牙 第18話「渡る世間の鬼を斬る」(1980年、ANB) - 才助
  • 大江戸捜査網12ch→TX
    • 第457話「おんな蟻地獄」(1980年)
    • 第464話「美女誘拐 秘められた過去」(1980年)
    • 第501話「かまいたちの毒牙」(1981年)
    • 第562話「おんな武士道 赤い暗殺網」(1982年) - 政吉
    • 第577話「妖花一輪 男殺しの毛毬歌」(1983年)
    • 第601話「隠密狩り! 殺しに誘う美女」(1983年)
    • 新・大江戸捜査網 第24話「魔の甲州路暴れ旅」(1984年) - 仁吉
  • 非情のライセンス 第3シリーズ 第6話「兇悪の潜伏・届けられた暗殺」(1980年、ANB) - 谷岡俊夫
  • 西部警察シリーズ(ANB / 石原プロ
    • 西部警察
      • 第53話「特ダネの罠」(1980年)
      • 第68話「地獄からの使者」(1981年)
      • 第81話「愛と炎のメロディー」(1981年)
    • 西部警察 PART-II 第35話「娘よ、父は…浜刑事・絶命」(1983年) - 曙派出所巡査
    • 西部警察 PART-III 第70話「さよなら西部警察 大門死す! 男達よ永遠に…」(1984年) - 須賀
  • 特捜最前線(ANB / 東映)
    • 第198話「レイプ・似顔絵を描く女!」(1981年)
    • 第216話「レスポンスタイム3分58秒!」(1981年)
    • 第246話「魔の職務質問!」(1982年)
    • 第257話「母……」(1982年)
    • 第272話「狙われた乗客!」(1982年)
    • 第333話「一円玉の詩!」(1983年)
    • 第345話「新春I 窓際警視の子守歌!」、第346話「新春II 窓際警視の大逆転!」(1984年)
    • 第391話「遺留品ナンバー4号の謎!」(1984年)
    • 第433話「モーニング・コールの証明!」(1985年)
    • 第451話「暴走・ロード募金殺人行?!」(1986年)
    • 第505話「地上げ屋殺し!」(1987年)
  • 柳生あばれ旅 第26話「将軍寝所に忍ぶ影 -京-」(1981年、ANB) - 吉野瑞軒
  • 長七郎天下ご免! 第69話「二人ぼっちの江戸の青春」(1981年、ANB) - 辰吉
  • 新・必殺仕事人 第26話「主水 仮病休みする」(1981年、ABC / 松竹) - 支倉玄藩
  • 竜馬がゆく(1982年、TX) - 大山弥助
  • 同心暁蘭之介 第19話「仇討浪人うらみ花」(1982年、CX)
  • 松平右近事件帳 第16話「残された赤ん坊」(1982年、NTV) - 津山兵馬
  • 素浪人罷り通る 第2弾「素浪人罷り通る 暁の死闘」(1982年、CX)
  • 赤かぶ検事奮戦記III 第8話「罠にはまった文学やくざ」(1983年、ANB) - 畑中啓介
  • 右門捕物帖 第33話「冬の風鈴」(1983年、NTV)
  • 遠山の金さん 第1シリーズ 第77話「人呼んで"桜吹雪の女"と発します!」(1983年、ANB) - 清次
  • 長七郎江戸日記 第1シリーズ 第33話「影討ち」(1984年、NTV) - 丹羽左馬助
  • 水戸黄門 第15部(1985年、TBS)
    • 第9話「異国の姫は瓜二つ -長崎-」 - 文吉
    • 第32話「中馬を狙った野盗の罠 -松本-」 - 貞次
  • ザ・ハングマンシリーズABC / 松竹)
    • ザ・ハングマン4 第22話「検察官が新種の麻薬づくりを強要する!」(1985年) - 松永英次(東都農業大学技師)
    • ザ・ハングマンV 第19話「ニセ者ハングマンが現れた!」(1986年) - 金成秘書
    • ザ・ハングマン6 第2話「剣山入りパイを顔面に投げよ!」(1987年) - 鍋島社長(鬼村不動産)
  • 火曜サスペンス劇場(NTV)
    • 消えた郵便配達人(1985年)
    • 渡された場面(1987年)
  • 遠山の金さんII 第12話「冬の女絶唱・君死にたまうこと勿れ!」(1986年、ANB / 東映)
  • 暴れん坊将軍II 第155話「永代橋に消えた恋!」(1986年、ANB) - 精之助
  • 私鉄沿線97分署 第74話「テニスコートでおさわがせ!?」(1986年、ANB) - 石塚
  • 土曜ワイド劇場(1986年、ANB)
    • 笹沢世保の裸の家族
    • 能登泣き砂の殺意
  • 風雲江戸城 怒涛の将軍徳川家光(1987年、TX) - 阿部忠秋
  • 京都かるがも病院 第18話「子宮筋腫・妊婦のおののき」(1987年、ANB)

映画編集

  • ひとりっ子(1969年) - 白井
  • 玄海つれづれ節(1986年、東映) - 佐藤光夫

舞台編集

  • イミテーション狂言(1969年、さそり座)[2]
  • 十五の未来派の作品(1969年、アートシアター)[2]
  • ロマノフとジュリエット(1969年、紀伊國屋ホール[2]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 1946年生とする資料もある[2]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g 日本タレント名鑑'82』VIPタイムズ社、1981年、179頁。全国書誌番号:83045303
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 『福島民報』1969年10月23日付朝刊、7面。

外部リンク編集