北海道科学大学短期大学部

北海道自動車短期大学から転送)

北海道科学大学短期大学部(ほっかいどうかがくだいがくたんきだいがくぶ、英語: Hokkaido Automotive Engineering College)は、北海道札幌市豊平区中の島2条6丁目2番1号に本部を置く日本私立大学である。1953年に設置された。大学の略称は自短(じたん)。

北海道科学大学短期大学部
北海道科学大学短期大学部
北海道科学大学短期大学部
大学設置/創立 1953年
学校種別 私立
設置者 学校法人北海道科学大学
本部所在地 北海道札幌市豊平区中の島2条6丁目2番1号
学部 自動車工業科
研究科 自動車工学専攻
車体工学専攻
ウェブサイト 北海道科学大学短期大学部公式サイト
テンプレートを表示

目次

概観編集

大学全体編集

建学の精神(校訓・理念・学是)編集

  • 北海道科学大学短期大学部における建学の精神は「尚志」となっている。この字義は、「志を高くする。志を尊ぶ」という意味が含まれている。
  • 教育理念は「進取不屈」となっており、「広く知識を修め、高い技術を修得して、洞察力と価値の想像力を養い、進んで物事を成し遂げる旺盛なる精神力と健全な身体を鍛磨して人類の幸福に寄与する」という意味が含まれている。

教育および研究編集

  • 北海道科学大学短期大学部は自動車工業界で活躍しうる人材育成に力をいれており、50年を越える自動車整備士の育成を行っている。全国の短大でも唯一、夜間部の自動車工学系の学科をもつ短大でもある。

学風および特色編集

  • 北海道科学大学短期大学部は日本初の自動車工学系の短期大学として開学。以来25,000 名の卒業生を数え、多くの自動車整備士を世に送り出している。ソーラーカーなど新時代に向けた研究にも実績がある。二級自動車整備士(ガソリン・ディーゼル)の合格率は常に全国トップクラスの合格率を誇り、過去には受験生全てが、ガソリン・ディーゼルの2種目完全合格の偉業を成し遂げており、指導レベルの高さがうかがえる。
  • 日本最古の自動車工業系の短大でもある。
  • 出身者は概ね道内が9割以上を占めている。

沿革編集

  • 1953年 北海道自動車短期大学開学。
    • 自動車工業科。当初は入学定員50人。
  • 1959年 定員変更:自動車工業科、入学定員100人
  • 1963年 学科を新設する。
    • 工業経営科:入学定員100人[1]
    • 自動車工業科にⅡ部が設置される:入学定員100人[2]
  • 1964年 自動車整備士養成施設に認定される
    • 自動車工業科Ⅰ部・Ⅱ部、工業経営科
  • 1965年4月 定員変更(自動車工業科・工業経営科各200人)
  • 1971年3月 研究紀要創刊
  • 1972年4月 自動車工業科に産業機械コース開設
  • 1976年4月 定員変更(自動車工業科300人)工業経営科コース制導入(自動車管理工学コース、経営管理・会計学コース、情報科学コースを開設)
  • 1979年4月 学科名変更
    • 自動車工業科Ⅰ部→自動車工業科第一部
    • 自動車工業科Ⅱ部→自動車工業科第二部
  • 1985年 自動車工業科第二部に初めて女子が入学[3]
  • 1986年4月 臨時入学定員増(自動車工業科第一部150人、工業経営科50人)
  • 1986年12月 社会人特別入学制度発足
  • 1989年 工業経営科を情報経営システム学科に改組。
  • 1990年4月 情報経営システム学科に国際教養情報コース開設
  • 1990年6月 ソーラーカー「スリスI号」完成
  • 1991年4月 自動車工業科第二部に電子機械コース開設
  • 1992年 電子機械工学科を新設:入学定員50人
  • 2000年5月 定員変更:自動車工業科第一部入学定員400人
  • 2002年3月 情報経営システム学科・電子機械工学科廃止
  • 2003年4月 専攻科設置
    • 自動車工学専攻
    • 車体工学専攻
  • 2014年4月 大学名称変更
    • 北海道自動車短期大学→北海道科学大学短期大学部

基礎データ編集

所在地編集

  • 北海道札幌市豊平区中の島2条6丁目2番1号

交通アクセス編集

象徴編集

  • 北海道自動車短期大学のマスコットは 1926年フォード・モデルTで、原型のままで実際に走行できる自動車として国内に1台しかないものとなっている。

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 自動車工業科
    • 第一部:入学定員300名。スタンダードコース、メカトロニクスコース、ボディーリペアコース、トータルマネージメントコース、二輪自動車コースがある。
    • 第二部:入学定員60名。自動車に関する知識の修得と二級自動車整備士の資格取得を目指す勤労学生のために開設した夜間課程。
過去にあった学科編集
  • 情報経営システム学科:経営学流通情報コミュニケーションに関する科目が開講されていた。「自動車技術」・「自動車産業論」など自動車関連の科目もあった。
  • 電子機械工学科:機械系・電子系・情報系の科目が開講されていた[4]

専攻科編集

  • 自動車工学専攻
    • 修業年限2年。入学定員20人。
  • 車体工学専攻
    • 修業年限1年。入学定員20人。

別科編集

  • なし
取得資格について編集
  • 二級自動車整備士の受験資格が得られる。在学中に受講すれば実技試験が免除されるという特典がある。
  • その他の資格などについては、ホームページを参照にすること。

附属機関編集

  • 交通科学総合研究所

研究編集

  • 『研究所報告論文』が発行されている。詳細はホームページを参照にされたい。
  • 広報誌「あごら」:1983年7月創刊。

学生生活編集

部活動・クラブ活動・サークル活動編集

学園祭編集

  • 学園祭は「尚志祭」と呼ばれる。

スポーツ編集

  • 剣道が強く、北海道学生剣道大会で優勝した実績がある。

大学関係者と組織編集

大学関係者組織編集

  • 「丁酉(ていゆう)会」と称した同窓会がある。発足時の1957年干支が「丁酉」であったことに因んで命名された。

大学関係者一覧編集

歴代学長編集

出身者編集

施設編集

キャンパス編集

  • 3号館・2号館・ボディリペア実習室・電子計算機室(1970年10月設置)などがある。なお、図書館は2号館2Fにある。

対外関係編集

社会との関わり編集

  • 以下の公開講座が実施されている。
    • 社会人を対象とした自動車整備士二・三級講習(1960年より)
    • 市民大学公開講:1983年8月に開始される。
    • 1984年2月 開学30周年記念行事シンポジュウム '84「人と車」が開催された。
    • 開学50周年記念行事 交通フォーラム2003として「北海道における脱スパイクタイヤ後の現状と課題」が同年9月に開催された。
  • ソーラーカー研究会が1996年オーストラリアで開催された「ワールド・ソーラー・チャレンジ」に参加している。
  • 1992年11月 ソーラーカー「スリスIV号」世界大会に参加
  • 1996年10月 ソーラーカー「スリスV号」世界大会に2度目の参加、22位で完走

卒業後の進路について編集

就職について編集

編入学・進学実績編集

  • 系列の北海道科学大学への編入学が盛んである。それ以外では、以下の実績がある。

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 在学者数は男子152人となっている。
  2. ^ 在学者数は男子82人となっている。
  3. ^ 女子の在学者数は2人となっている。
  4. ^ 募集は全学科とも2000年度まで

参考文献編集

関連項目編集

公式サイト編集