メインメニューを開く

合陽穴(ごうようけつ)は、足の太陽膀胱経に属す第55番目の経穴である。

部位編集

委中穴の直下3寸(委中穴の直下2寸の説もある)、合陽穴から承山穴までは、深部を脛骨神経が走り、後脛骨動脈が通る。

名前の由来編集

膝窩中央部の真下にあり、足の太陽膀胱経の二つの支脈が交わる所で、合土穴である委中穴の下に位置するから名付けられた。

効能編集

腰脊痛引腹、下肢痠痛、麻痺、崩漏、疝痛などの治療に使われる。

その他編集

関連項目編集