メインメニューを開く

白環兪穴(はっかんゆけつ)は、足の太陽膀胱経に属す第30番目の経穴である。

目次

部位編集

正中仙骨稜第4仙椎棘突起部の下外方1寸5分。正中仙骨稜第3仙椎棘突起部の下外方1寸5分に取ることもある。

名前の由来編集

白環は精を蔵し気血を調整する場所のツボであることから。

効能編集

腸出血、坐骨神経痛、婦人科疾患などに用いられる。

その他編集

兪の字がついているが、兪穴ではない。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集