殷門穴

殷門穴(いんもんけつ)は、足の太陽膀胱経に属す第37番目の経穴である。

目次

部位編集

後大腿部のほぼ中央、承扶穴と委中穴を結ぶ線のほぼ中央に取る。

名前の由来編集

殷は憂鬱で悲しい様、門は経気が出入りするところ。ぎっくり腰などで腰背部がこわばって痛み、身動きがとれず憂鬱な状態を楽にする作用があるため。

効能編集

腰痛などの治療に使われる。

その他編集

禁灸穴である。

関連項目編集