承扶穴

承扶穴(しょうふけつ)は、足の太陽膀胱経に属す第36番目の経穴である。

目次

部位編集

殿溝の中央に取る。

名前の由来編集

承は両手を上にかかげて物を支える状態で受けることを意味する。扶は扶助の扶、助けることで、殿部が寒邪に侵されて痛んだときに、鍼灸を施すと痛みが消え、杖や人を頼らずとも歩けるようになるから名付けられた。

効能編集

痔疾、腰痛、仙骨痛、臀部痛、股関節痛などの治療に使われる。

その他編集

関連項目編集