メインメニューを開く

吉和村(よしわむら)は、広島県の西部にかつて存在した村である。佐伯郡に属した。

よしわむら
吉和村
Flag of Yoshiwa Hiroshima.png Yoshiwa Hiroshima chapter.jpg
村旗 村章
廃止日 2003年3月1日
廃止理由 編入合併
佐伯町吉和村廿日市市
現在の自治体 廿日市市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 広島県
佐伯郡
団体コード 34326-2
面積 145.50km2
総人口 837
推計人口、2003年2月1日)
隣接自治体 広島県
佐伯郡湯来町佐伯町
山県郡筒賀村戸河内町
島根県
美濃郡匹見町
山口県
玖珂郡錦町
村の木 ハチロウスギ
村の花 レンゲツツジ
吉和村役場
所在地 738-0301
広島県佐伯郡吉和村3425番地
旧吉和村役場庁舎位置
旧・吉和村役所
外部リンク 廿日市市HP
 表示 ウィキプロジェクト

概要編集

中国山地の西部にある山村で、明治維新以前より単一の村であった。明治時代町村制施行(1889年(明治22年)4月1日)以降も1世紀以上にわたって合併などを経験せず、単独村政を維持した。2003年(平成15年)3月1日に南隣の佐伯郡佐伯町とともに廿日市市へ編入されて消滅した。高度経済成長期以降は過疎化の進行が著しく、広島県では最も人口の少ない自治体であった。

地理編集

河川
  • 冠山(標高1,339.0m)
  • 十方山(標高1,318.9m)
  • 広高山(標高1,271m)
  • 立岩山(標高1,091.4m)
  • 女鹿平山(めがひらやま、標高1,082.5m)

気候編集

全域が日本海側気候に属する。地域としては山陽地方瀬戸内海側)に含まれるが、中国山地の山あいにあって寒冷で、また豪雪地帯対策特別措置法が指定する豪雪地帯の最南端に位置する。

沿革編集

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行により「佐伯郡吉和村」になる。以後114年間にわたり単独村政を堅持した。
  • 2003年(平成15年)3月1日 - 南隣の佐伯郡佐伯町とともに廿日市市へ編入され消滅する。

名所・旧跡編集

大字編集

  • 町村制以前から佐伯郡吉和村だったため、大字は設定されていない。

交通編集

(2003年2月28日当時のデータ)

鉄道編集

村内は通過していない。

道路編集

高速道路
国道
主要地方道

村内は通過していない(1993年4月1日広島県告示第414号で島根県道・広島県道4号益田廿日市線が廃止されたことをもって消滅)。

一般県道

教育編集

(2003年2月28日当時のデータ)

小学校
  • 吉和村立吉和小学校
中学校
  • 吉和村立吉和中学校

関連項目編集