メインメニューを開く

吉田輝星

日本のプロ野球選手

吉田 輝星(よしだ こうせい、2001年1月12日 - )は、秋田県潟上市[3](文献によっては秋田市[4])出身のプロ野球選手投手)。右投右打。北海道日本ハムファイターズ所属。

吉田 輝星
北海道日本ハムファイターズ #18
Kosei Yshida.jpg
2018年11月24日 札幌ドームにて。
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 秋田県
生年月日 (2001-01-12) 2001年1月12日(18歳)
身長
体重
175[1] cm
84[1] kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2018年 ドラフト1位
初出場 2019年6月12日
年俸 1,000万円(2019年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

潟上市立天王小学校3年から天王ヴィクトリーズで野球を始める。潟上市立天王中学校では軟式野球部に所属[5]秋田県立金足農業高等学校に進学し、1年夏からベンチ入りする。3年夏は秋田大会から夏の甲子園準決勝まで10試合連続完投勝利を挙げる[6]大阪桐蔭高等学校との決勝戦では5回12失点で敗退[7]斎藤佑樹松井裕樹と並ぶ夏の甲子園・4試合連続二桁奪三振を記録[8]

2018年10月25日に行われたドラフト会議では、1巡目で根尾昂を抽選で外した北海道日本ハムファイターズが再指名で交渉権を獲得[9][10]。11月23日の入団会見で、背番号は18に決まった[11]

日本ハム時代編集

2019年には、野村佑希万波中正柿木蓮田宮裕涼と揃って、春季キャンプを二軍で迎えた[12]。6月12日の対広島東洋カープ2回戦(札幌ドーム)で先発投手として初登板し、5回を4安打1失点で初勝利[13]。高卒1年目の投手が先発で初登板勝利を挙げたのは2015年の安樂智大東北楽天ゴールデンイーグルス)以来で、球団では2010年の中村勝以来9年振りとなった[14]

選手としての特徴編集

投球フォームはオーバースロー[15]。ノビのあるストレートが武器[16]。高校時代にストレートの最速は152km/hを計測[17]スライダーカーブスプリットなどの変化球を持つ[18][19]。プロ入り後の最速は149km/h[20]

人物編集

三代目J Soul Brothersの大ファンであり、高校時代試合前にMUGEN ROADを聴くことをルーティンとしていた[21]。好きなメンバーはボーカルの今市隆二であり[22]、2019年2月24日の休養日に美容室に行き今市の髪型にイメチェンしたこともある[23]。今市本人はこれに反応し自身のInstagramに「今市カット 吉田選手頑張って下さい」と激励のメッセージを送っている[24]

吉田が秋田で通っていたスポーツ用品店「クドウスポーツ」は同郷で同じくファイターズに所属し、球団で最後の20勝投手である故工藤幹夫氏が立ち上げたものであった。両者が顔を合わせることはなかったが、吉田はプロ入り直前の際に同店を訪れて挨拶をしている[25]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2019 日本ハム 4 4 0 0 0 1 3 0 0 .250 59 11.0 18 3 7 0 1 13 0 0 15 15 12.27 2.27
通算:1年 4 4 0 0 0 1 3 0 0 .250 59 11.0 18 3 7 0 1 13 0 0 15 15 12.27 2.27
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



投手












2019 日本ハム 4 0 0 0 0 ----
通算 4 0 0 0 0 ----
  • 2019年度シーズン終了時

記録編集

投手記録
打撃記録

背番号編集

  • 18(2019年 - )

代表歴編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「2018年プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」交渉権獲得選手のお知らせ 北海道日本ハムファイターズ
  2. ^ 吉田輝星 契約金1億円でハムと仮契約「もう部活ではない 仕事で野球をやる意識を」 スポニチアネックス
  3. ^ 【秋田】上背なくても…“みちのくの桑田”金足農・吉田150キロ16K完封”. スポニチアネックス (2018年7月16日). 2019年1月20日閲覧。
  4. ^ 金足農・吉田輝星、日本ハム1位指名に「うれしい。安心しました」”. スポニチアネックス (2018年10月25日). 2018年10月27日閲覧。
  5. ^ 金足農高・吉田は外れ1位で日本ハムが交渉権/ドラフトサンスポ
  6. ^ “金足農・吉田輝星プロ決断!運命の1日追う/まとめ”. 日刊スポーツ. (2018年10月10日). https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201810100000649.html 2018年10月26日閲覧。 
  7. ^ “金足農・吉田が今夏初の途中降板、11戦目力尽きた”. 日刊スポーツ. (2018年8月21日). https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201808210000464.html 2018年10月26日閲覧。 
  8. ^ https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201808180000564.html
  9. ^ “栗山監督、吉田1位に満面「精いっぱい誠意尽くす」”. 日刊スポーツ. (2018年10月25日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201810250000716.html 2018年10月26日閲覧。 
  10. ^ 誕生年が2001年の為、太田椋オリックス1位指名)と共に21世紀生まれ初のドラフト指名選手となった。
  11. ^ https://www.sankei.com/sports/news/181123/spo1811230013-n1.html
  12. ^ 2019年春季キャンプメンバーのお知らせ(北海道日本ハムファイターズ2019年1月17日付ニュースリリース)
  13. ^ 吉田輝星、初勝利 大瀬良との投げ合い制す 日刊スポーツ 2019年6月12日
  14. ^ 日本ハムの吉田輝、デビュー戦で初勝利=プロ野球(時事通信)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2019年6月12日閲覧。
  15. ^ 吉田輝星は球筋に“角度”を加えられるフォームを覚えたい日刊ゲンダイ
  16. ^ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190612-00010000-geeksv-base
  17. ^ “自己新152キロ出した金足農・吉田5回無失点降板”. 日刊スポーツ. (2018年10月2日). https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201810020000746.html 2018年10月26日閲覧。 
  18. ^ 吉田輝星は高校トップ評価、大学生候補は豊作年! ドラフト会議、注目選手をタイプ別解剖<投手編>ベースボールチャンネル
  19. ^ 日本ハム吉田輝星、デビュー戦5回1失点!「直球はある程度通用したのかな」スポニチ Sponichi Annex
  20. ^ https://www.nikkansports.com/baseball/news/201905080000817.html
  21. ^ “輝星 三代目JSBで登板したい 中学時代からファン”. スポニチ Sponichi Annex. (2018年11月25日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/11/25/kiji/20181124s00001173622000c.html 2019年4月11日閲覧。 
  22. ^ “進歩示した日本ハム吉田輝星、発奮材料は今市JSB”. 日刊スポーツ. (2019年4月4日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201904030000812.html 2019年4月11日閲覧。 
  23. ^ “ワイルドだぜぇ!吉田輝星がJSB今市風ヘアに”. 日刊スポーツ. (2019年2月25日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201902250000960.html 2019年4月11日閲覧。 
  24. ^ “日本ハム・輝星、三代目・今市からのメッセージに感激「共演できたら嬉しい」”. スポニチ Sponichi Annex. (2019年2月26日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/02/26/kiji/20190226s00001173249000c.html 2019年4月11日閲覧。 
  25. ^ 吉田輝星、同郷で日本ハムの先輩・工藤幹夫氏との縁
  26. ^ こだわりのストレートが威力を発揮!日本ハム・吉田輝星がプロ初登板初先発初勝利

関連項目編集

外部リンク編集