メインメニューを開く

向山 宏(むこうやま ひろし、1915年2月16日 - 没年不明)は日本映画の合成技師長野県出身。

経歴編集

1940年東宝映画に入社。合成撮影、合成作画を経験し1942年に合成技師となる。同期には同じく作画合成を担当する渡辺善夫がいた[1]

東宝争議の際は退社し日映演に身を置く。1950年東宝スタジオに復社。以来、円谷英二の良きパートナーとして東宝特撮映画を支え、その名は向山合成と世にしらしめた。特殊技術課設置以降は合成係の係長となる。1970年に退社。

代表作編集

受賞歴編集

出典編集

  1. ^ 但馬オサム「ピー・プロワークス 人物名鑑」『別冊映画秘宝電人ザボーガー』&ピー・プロ特撮大図鑑』洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2011年11月14日、pp.96-97。ISBN 978-4-86248-805-3

参考文献編集