東淀川区

大阪市24行政区のひとつ

東淀川区(ひがしよどがわく)は、大阪市を構成する24行政区のうちの一つ。

ひがしよどがわく ウィキデータを編集
東淀川区
崇禅寺
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 大阪府
大阪市
市町村コード 27114-4
面積 13.27km2
総人口 175,834[編集]
推計人口、2022年9月1日)
人口密度 13,250人/km2
隣接自治体
隣接行政区
大阪市淀川区北区都島区旭区
吹田市摂津市守口市
区の花 コブシ
東淀川区役所
所在地

533-8501
大阪府大阪市東淀川区豊新二丁目1番4号
北緯34度44分28.2秒 東経135度31分46.1秒 / 北緯34.741167度 東経135.529472度 / 34.741167; 135.529472座標: 北緯34度44分28.2秒 東経135度31分46.1秒 / 北緯34.741167度 東経135.529472度 / 34.741167; 135.529472
Higashiyodogawa ward-office.jpg

外部リンク 大阪市東淀川区
東淀川区位置図
 表示 ウィキプロジェクト

概要編集

市域の北東部最北端に位置し、その北東端の北江口井高野には大阪市営の団地が立ち並んでおり、大阪都市圏ベッドタウンとなっている。人口は大阪市24区のうち、平野区淀川区に次いで多く、区域には主に住宅街が広がっている。

1925年に各町村が大阪市に編入され、東淀川区が成立した。その後、1943年現在の北区に当たる大淀区を分離、1974年に淀川区を分離し、現在の区域となった。

地理編集

区南部を淀川が、区北部を神崎川安威川が流れ、特に北江口井高野相川は安威川と神崎川に挟まれた場所に位置する。淀川の対岸に位置する旭区都島区北区とは道路橋や鉄道橋で結ばれており、淀川の河川敷には第二次世界大戦中の空襲によってできた「ばくだん池」が点在している[1]

区西端では東海道本線の線路によって淀川区と分断されており、東海道新幹線との交点に位置する新大阪駅付近にはオフィスビルやホテルが集中している(新大阪駅自体は淀川区に在する)。また、上新庄駅淡路駅を中心として商業地域が広がっている。

隣接している自治体・行政区編集

大阪市の行政区編集

  • 淀川区
  • 北区
  • 都島区
  • 旭区

自治体編集

地名編集

新旧の町名対応
住居表示実施時
1980年4月〜
旧町名 東淀川区成立当時
1925年4月
大阪市編入前(西成郡)
1925年3月まで
大道南 東大道町、南大道町 北大道町
西大道町
東大道町
南大道町
国次町
南方町
山口町
柴島町
浜町
薬師堂町
飛鳥町
日之出町
豊里三番町
豊里町
橋寺町
豊里菅原町
上新庄町
下新庄町
江口町
小松町
大道村
中島村
豊里村
新庄村
西中島町
上新庄 上新庄町
下新庄 下新庄町
柴島 飛鳥町、柴島町、浜町、南方町、薬師堂町
瑞光 瑞光通
東淡路 東淡路町
西淡路 西淡路町、下新庄町
淡路 淡路本町、淡路新町
東中島 山口町、南方町、飛鳥町
菅原 豊里菅原町、下新庄町、菅西町
豊里 豊里町、豊里三番町、西大道町
大桐 北大道町、西大道町、東大道町、大隅通
大隅 大隅通
豊新 上新庄町、下新庄町、豊里三番町、西大道町
小松 小松北通、小松中通、小松南通、島頭町
井高野 井高野町
南江口 南江口町
北江口 北江口町
相川 相川町、相川北通、相川中通、相川南通

橋寺町は、1951年に豊里町へ編入となり、町名が消滅した。国次町は現在の淡路から西淡路にかけての地域、菅西町は豊里菅原町より分町された地域となる。

人口編集

国勢調査の結果では2015年まで人口の減少傾向が続いていたが、2020年の調査の結果では微増している。大阪市内では2010年の調査の結果、平野区に続いて2位であったが、2015年の調査において淀川区に追い抜かれ3位である。

世帯数では2020年現在99,406世帯で淀川区に次いで2位であり、1世帯数当たりの人員数は1.75と大阪市平均の1.84と比べて少ない[2]

また、大阪市の昼夜間人口比率が131.7であるのに対して東淀川区の比率は97.1であり、1日のうち区内に通勤通学で流入する人口より区外に流出する人口が多く、ベットタウンの様相を呈している[3]

東淀川区(に相当する地域)の人口の推移
1970年(昭和45年) 154,757人
1975年(昭和50年) 162,242人
1980年(昭和55年) 165,370人
1985年(昭和60年) 170,831人
1990年(平成2年) 180,815人
1995年(平成7年) 185,931人
2000年(平成12年) 183,888人
2005年(平成17年) 178,343人
2010年(平成22年) 176,585人
2015年(平成27年) 175,530人
総務省統計局 国勢調査より

歴史編集

 
淡路本町商店街

中世から江口は、神崎川から淀川を経て京都へ向かう川港として栄えていた。

沿革編集

交通編集

鉄道編集

 
阪急淡路駅
 
相川駅

バス編集

道路編集

一般国道
主要地方道
一般府道

教育編集

 
大阪経済大学
 
大阪成蹊大学・大阪成蹊短期大学

小学校編集

中学校編集

高等学校編集

大学・短期大学編集

特別支援学校編集

各種学校編集

学校教育以外の施設編集

施設編集

出身人物編集

ゆかりの人物編集

名所・旧跡・文化・観光施設編集

 
柴島城の石碑
 
稲生神社(紅梅稲荷)
 
須賀森公園にある石碑
 
天然記念物の樟
 
参天製薬本店・本社工場(下新庄)本社は北区大深町に移転。

区内に本社を置く企業編集

かつて区内に本社を置いていた企業編集

  • 参天製薬(医薬品) - 現在の本社は大阪市北区

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 平和啓発冊子 「戦後70年 わたしの東淀川遺産」(平成27(2015)年10月発行)”. 大阪市. 2022年1月22日閲覧。
  2. ^ 令和2年国勢調査速報集計結果”. 大阪市. 2022年1月22日閲覧。
  3. ^ 令和2年度版「区政概要」”. 大阪市. 2022年1月22日閲覧。
  4. ^ 大阪市東淀川区役所・出張所のご案内”. 大阪市. 2021年6月14日閲覧。
  5. ^ 【東淀川】「いしいひさいち」展 9月1日から10月31日まで - 大阪市立図書館
  6. ^ a b 三善貞司 『わが町昔さが誌』コミュニティ企画、1989年、56−59頁。 
  7. ^ 稲垣泰平 『シリーズわがまち 淀川右岸を散歩して「歴史散歩」の記録』文芸社、2008年、142頁。 

外部リンク編集