姫乃樹 リカ(ひめのぎ りか、本名:Rika Crigger 、旧姓:西村 理香<にしむら りか>、 1971年10月6日- )は、大分県大野郡犬飼町(現・豊後大野市)出身の日本歌手タレントである、日出女子学園高校卒。

ひめのぎ りか
姫乃樹 リカ
プロフィール
別名義 西邑 理香(にしむら りか)
生年月日 1971年10月6日
現年齢 50歳
出身地 日本の旗 日本大分県大野郡犬飼町(現・豊後大野市
血液型 O型
公称サイズ(1988年時点)
身長/体重 156 cm / 42 kg
BMI 17.3
スリーサイズ 78 - 52 - 80 cm
活動
デビュー 1988年2月3日 -
他の活動 タレント歌手
事務所 ピュアコーポレーション⇒キティアーティスト
アイドル: テンプレート - カテゴリ

人物・来歴編集

  • 父親の仕事の関係で、大分県から1972年熊本県1974年には大分県へ戻るも、同年台湾へ、さらに1976年には山形県1979年には東京都へと移り住んだ。
  • 1982年、小学校6年生12歳の時にテレビ東京の『東西対抗ちびっこ歌まね大賞』に出場、これがきっかけで芸能プロにスカウトされる。
  • 1986年、雑誌『Momoco』(学習研究社)の6月号に登場、同年10月からはTBSテレビの『モモコクラブ』に桃組出席番号1773番としてレギュラー出演開始。本名が西村という名前の姫乃樹だが 芸名の姓が「姫乃樹」となったのは、同じモモコクラブにいた西村知美と名前が被るのを防ぐためで、当初は本名も非公開で出身地も東京としていた。
  • 1988年2月、アニメ映画『めぞん一刻 完結篇』の主題歌「硝子のキッス」でキティレコードより歌手デビュー。同年4月にはラジオのレギュラー番組『姫乃樹リカのおしゃべりサラダ』もスタートし、出生地・大分県の大分放送など最大10局ネットで放送された。ラジオパーソナリティとしては、月刊雑誌『ラジオパラダイス』(三才ブックス)のパーソナリティ人気投票でベストテン入りを6回記録、最高位も4位を記録した。
  • 芸能界デビュー時の所属事務所は「ピュアコーポレーション」、1988年10月にはキティレコードが姫乃樹のために立ち上げた芸能事務所「キティアーティスト」へ移籍し、所属タレント第1号となる、ファンクラブの名前は「Rika's騎士(リカズナイト)」、会報は「姫鈴(ひめりん)」と名付けられた。
  • 姫乃樹リカという芸名については1988年8月11日、ザ・ベストテン 出演時に名前の由来を聞かれ…姫はお姫様の姫で女の子らしくという意味がこもっていて 乃は置いといて…樹っていうのは樹木のじゅですよね…太く折れないようにと社長さんがつけて下さったんです…今、とっても気にいってます!…と笑顔で語っている。
  • 笑顔が秋篠宮妃紀子に似ていると言われ、1990年紀子さま結婚以降は「芸能界の紀子さま」として一時期、話題となった。
  • 1992年3月に芸名を西邑理香(にしむら りか)に改名、同年8月には舞台初出演も果たす、さらに10月には宝塚歌劇団出身の馮裕華と共演[1]。そのあくる年、1993年にはユニット「西邑理香 with COMING SOON!」とグループでの活動を開始…翌年には「THE COMING SOON!」と改めた。
  • ロリータアイドルの西村理香とは、同姓同名の別人である。
  • 姫乃樹リカ時代から 釣り好きということを公言、1989年9月にはテレビ大阪THE フィッシングにも登場、さらに西邑理香に改名後の1994年4月からは中部日本放送のラジオ番組メディアキング電波ファイターにもレギュラー出演し、釣りに関するコーナーを担当、おすすめのルアーなどをリスナーにプレゼントすることもあった
  • 24歳の時アメリカに語学留学した際に、現在の夫 ベーシストデーブ・クリッガーと出会い、1995年12月に結婚、現在3児の母となり米国に在住、結婚後は芸能界から退いているが、歌はまたやりたいと語る。
  • 2016年6月27日、人生が変わる1分間の深イイ話~元アイドルは今幸せなのか?密着SP~(日本テレビ)に出演、結婚後の生活など近況を報告した。
  • 2019年11月29日姫乃樹リカ with THE COMING SOON!として新横浜のライブハウスLiTで25年ぶりの復活ライブを開催。
  • 2021年8月11日には あいつ今何してる?日本テレビ)に出演 、1988年、姫乃樹と同期デビューした田中律子の気になる人として、前回のテレビ出演から5年後の近況を報告、3児の母となったその後は孫も2人誕生し、新たなるステージへの夢なども語った。

ディスコグラフィ編集

シングル編集

# 発売日 タイトル B面 規格 規格品番
Kitty Records
姫乃樹リカ 名義
1st 1988年2月3日 硝子のキッス 涙の針と風の糸 EP 7DS-0154
CT 10CS-0147
1988年3月1日 8cmCD H10K-30002
2nd 1988年5月11日 ときめいて ニュートンの林檎 EP 7DS-0158
CT 10CS-0173
8cmCD H10K-30006
3rd 1988年7月20日 もっとHurry Up! ハートの翼 EP 7DS-0161
CT 10CS-0177
8cmCD H10K-30009
4th 1988年11月2日 アンバランスに抱きしめて そよ風のささやき EP 7DS-0163
CT 10CS-0186
8cmCD H10K-30012
5th 1989年4月12日 ロマンの騎士 涙みたいな気持ち EP 0DS-0166
CT 00CS-0197
8cmCD H00K-30014
6th 1989年10月25日 スタンド・バイ・ミー TRY MY HEART EP 0DS-0173
CT 00CS-5006
8cmCD H00K-30052
7th 1990年3月25日 地上の楽園 ないないづくしの18 CT KTSR-1001
8cmCD KTDR-1001
NECアベニュー
西邑理香 名義
8th 1992年6月21日 ナチュラル 愛するために 8cmCD NADL-1040
9th 1992年9月21日 恋にさらわれて Cleaning My Room 8cmCD NADL-1043
10th 1992年11月1日 X'mas Love For Me さよならの予感〜戸惑いのEve〜 8cmCD NADL-1048
11th 1993年3月21日 異国のフォトグラフ 夢の底で 8cmCD NADL-1056

コラボレーションシングル編集

名義 発売日 タイトル B面 規格 規格品番
NECアベニュー
西邑理香 with COMING SOON! 1993年12月1日 100年先もアイラヴユー 好きだから 愛してるから 8cmCD NADL-1066
THE COMING SOON! 1994年11月21日 時計を捨てて〜THROW AWAY〜 優しい人〜WAITING FOR YOUR LOVE〜 8cmCD NADL-1089

シングルビデオ編集

  • 「ロマンの騎士」(1989年4月12日発売 VHS)
  1. STORY1 またごめんねと書いた 「ロマンの騎士」
  2. STORY2 五線紙の手紙「涙みたいな気持ち」
  3. グリコCMスペシャル※いちごチョコ※アイスクリームキャンペーン 
  • 「スタンド・バイ・ミー」(1989年10月25日発売 VHS)
  1. 「スタンド・バイ・ミー」
  2. 「TRY MY HEART」

アルバム編集

オリジナルアルバム編集

発売日 タイトル 規格 規格品番
Kitty Records
姫乃樹リカ 名義
1st 1988年8月21日 Fairy Tale LP 28MS-0174
CD H32K-20121
2nd 1989年5月20日 Amazing Story LP 00MS-0198
CD HOOK20137
NECアベニュー
西邑理香 名義
3rd 1992年9月21日 NO BRAND CD NACL-1073

コラボレーションアルバム編集

名義 発売日 タイトル 規格 規格品番
NECアベニュー
西邑理香 with COMING SOON! 1994年2月21日 Populisme CD NACL-1139
THE COMING SOON! 1994年11月21日 MELTING POT CD NACL-1168

ベストアルバム編集

発売日 タイトル 規格 規格品番
Kitty Records
姫乃樹リカ 名義
1st 1988年12月7日 Reminiscence 〜Singles vol.1〜 LP 28MS-0191
CT 10CS-0191
CD H32K20132
ユニバーサルミュージック
姫乃樹リカ 名義
2nd 2006年3月21日 姫乃樹リカ GOLDEN☆BEST CD UPCY-6121
3rd 2007年1月17日 姫乃樹リカ ベスト10 CD UPCY-9086

タイアップ編集

曲名 タイアップ 収録作品
硝子のキッス 全国東宝洋画系公開劇場用アニメーションめぞん一刻 完結篇』主題歌 シングル「硝子のキッス
もっとHurry Up! 日通海外ペリカン便 TV-CMイメージ・ソング シングル「もっとHurry Up!」
そよ風のささやき テレビ東京系『ハロー動物ファミリー』テーマ曲 シングル「アンバランスに抱きしめて」
スタンド・バイ・ミー よみうりテレビ系全国ネット『YAWARA!』エンディングテーマ シングル「スタンド・バイ・ミー」
100年先もアイラヴユー TX系『地球・知りたい気分!』'94エンディングテーマ シングル「100年先もアイラヴユー」
好きだから 愛してるから TX系『おんなのこ探偵団〜Music in Club〜』エンディングテーマ
時計を捨てて〜THROW AWAY〜 αStation『Ladies Pop Museum』エンディングテーマ シングル「時計を捨てて〜THROW AWAY〜」
優しい人〜WAITING FOR YOUR LOVE〜 ダイワ精工『スーパータナセンサー』CFテーマ

出演編集

テレビ(歌唱曲名)編集

レギュラー出演 1986年10月〜 モモコクラブ桃組出席番号1773番
「恋はいつでもゲンキなよい子」モモコクラブ
「硝子のキッス」(1988年1月15日)
「硝子のキッス」(1988年1月31日)
「硝子のキッス」(1988年2月27日)
「もっとHurry Up!」(1988年8月6日)
「硝子のキッス」(1988年2月28日)
「硝子のキッス」(1988年)
「ときめいて」(1988年5月1日)
「アンバランスに抱きしめて」(1988年11月6日)
「ときめいて」(1988年5月14日)
「そよ風のささやき」(1988年10月8日)
「もっとHurry Up!」(1988年8月11日)
「アンバランスに抱きしめて」(1988年11月27日)
「アンバランスに抱きしめて」(1988年12月10日)
「ロマンの騎士」(1989年)
初代Page7としてレギュラー出演(1989年10月3日 - 1990年3月27日)
「スタンド・バイ・ミー」(1989年10月31日、1989年12月12日)
「地上の楽園」(1990年3月27日、1990年9月5日)
「もっとHurry Up!」(1988年7月30日)
「EMPTY HEART」(1989年7月29日)
「地上の楽園」(1990年4月7日)
「そよ風のささやき」(1988年11月1日、1989年1月24日)
「スタンド・バイ・ミー」(1990年1月16日)
「ナチュラル」(1992年7月4日)
「スタンド・バイ・ミー」(1990年)
「地上の楽園」(1990年3月17日)
「地上の楽園」(1990年3月18日)
「地上の楽園」(1990年5月5日)
「スタンド・バイ・ミー」(1989年9月29日、1989年12月15日)
「恋にさらわれて」(1992年)
西邑理香として出演(1994年)
~元アイドルは今幸せなのか?密着SP~(2016年6月27日)
現在の生活について近況報告
田中律子が会いたい人として登場(2021年8月11日)

ラジオ編集

不定期でゲスト出演

CM編集

舞台編集

コンサート編集

  • 88姫乃樹リカ コンサート
(東京日本青年館、1988年 8月23日)
(大阪厚生年金会館 中ホール、1988年 8月29日) 

歌唱曲

「Fairy Tale」
「もっとHurry Up!」
「硝子のキッス」
「Marbles」
「夕映えのシルエット」
「シンデレラは踊れない」
「青い珊瑚礁」      (思い出の曲メドレー)
「渚のはいから人魚」   (思い出の曲メドレー)
「翼の折れたエンジェル」 (思い出の曲メドレー)
「Dance Beatは夜明けまで」(思い出の曲メドレー)
「涙の針と風の糸」
「ハートの翼」
「シルエット・ロマンス」
「オリビアを聴きながら」
「I saw him standing there」
「星空のデイト」
「ときめいて」
「DAY BY DAY」
「STAND BY ME」
「もっとHurry Up!」
  • 89姫乃樹リカ コンサート
(名古屋市民会館 中ホール、1989年5月26日 )
(大阪厚生年金会館 中ホール、1989年5月28日 )
(東京中野サンプラザホール、1989年6月11日 )

歌唱曲

「ROCK'N ROLL TIME MACHINE」
「Hippy Hippy Shake」
「Fairy Tale」
「気ままにダンシング」
「Happy Birthday Sweet 16」
「時間を止めて」
「不思議な彼」
「硝子のキッス」
「涙の針と風の糸」
「More than I can say」
「Missing」
「ときめいて」
「涙みたいな気持ち」
「HERE WE GO ~片想いからはじめよう~」
「はじめてテレパシー」
「EMPTY HEART」
「STAND BY ME」
「STAY FOR ME」
「アンバランスに抱きしめて」
「もっとHurry Up!」
「クレッセントシティに連れてって」
「ロマンの騎士」
「碧いプラネット」

関連書籍編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「東京・赤坂 元宝塚の馮とアイドル西邑が二人芝居 西邑はミュージカル初挑戦」『日刊スポーツ』 1992年10月20日付22面。

関連項目編集

外部リンク編集