学校法人自由学園

日本の学校法人

座標: 北緯35度43分35秒 東経139度42分25秒 / 北緯35.72639度 東経139.70694度 / 35.72639; 139.70694

学校法人自由学園(がっこうほうじんじゆうがくえん)は、東京都東久留米市学園町に本部を置く学校法人である。

本部正門
自由学園明日館(2007年8月)

教育事業を基盤とし、飲食、出版ブライダル、イベント、インテリア販売等の事業もしている。

概要 編集

クリスチャン思想家羽仁もと子羽仁吉一夫妻によって、1921年4月15日に、キリスト教精神(プロテスタント)に基づいた理想教育の実践を目的として、東京府北豊島郡高田町(現在の東京都豊島区西池袋2丁目)に設立された。1934年に校舎を東京府北多摩郡久留米町(現在の東久留米市)に移転した。

学校名は、新約聖書ヨハネによる福音書』8章32節「真理はあなたたちを自由にする」からとられている。

学生の多くが学園内ので生活し、キャンパスの維持管理は、すべて生徒の手によって行われている。これは毎日の生活を生徒自身が責任を持って行う「自労自治」の精神に基づいている。文部科学省学習指導要領にとらわれない独自の教育方法で知られ、学生による稲作(田植え・収穫)、女子部生徒が学園内農場で野菜を育てる農芸、男子部生徒による酪農などを実施している。

長年にわたり中等科、高等科は男女別学であったが、2024年度に男女共学化の予定である[1]。それに伴い、建物などの改修が開始されている。

所在地・交通 編集

保有地 編集

分収林 編集

設置学校 編集

自由学園幼児生活団幼稚園(幼稚園) 編集

自由学園幼児生活団幼稚園(じゆうがくえんようじせいかつだんようちえん)は、4歳から22歳までの一貫教育を行なう自由学園の最初の段階。1939年(昭和14年)の創設から2006年度(平成18年度)まで68年間[関係者 1][注 1]、週に1度通う集合日を中心とした教育を行なってきたが、現在は週に5日、毎日子供たちが集まる。幼児期の3年間を4才組、5才組、6才組(それぞれ年少組、年中組、年長組に相当)に分け、教育する。

自由学園幼児生活団幼稚園の4、5才組の教育を基とした「幼児生活団通信グループ」(通信教育)[関係者 2]は、2週間に1度(年24回)教材が届き家庭教育を行うもので、海外にも教材発送を行っている。通信グループの子ども(希望者)が自由学園幼児生活団に集まる日もある[関係者 3]

全国友の会でも幼児生活団の教育を実践しており、「友の会幼児生活団」を全国12ヶ所で、「4才児グループ」(3 - 4歳児(年少組)1年間のみ)を全国8ヶ所で開設し、週に1回(+月に1回)の集合日に集まって教育を行っている[関係者 4]

自由学園初等部(小学校) 編集

自由学園初等部(じゆうがくえんしょとうぶ)は、共学校で初等教育をしており、一貫教育の初段階を担っている。教育目標は「よくみる、よくきく、よくする」。校外学習や特別授業などでは、本物や体験を通して学ぶことが重視されている。通常の授業では学習指導要領に準拠して行われており、基礎基本の学習もまた大切にされている。各学年1クラス、30名程度(定員40名)。全学年一同に食堂で昼食をとる縦割りの教育活動が特徴。放課後学童保育(アフタースクール)も実施している。

自由学園男子部・女子部(中学校・高等学校) 編集

自由学園男子部中等科・高等科
自由学園女子部中等科・高等科
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人自由学園
共学・別学 男女別学
中高一貫教育 併設型(外部混合有)[注 2][注 3]
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 13706F
所在地 203-8521
東京都東久留米市学園町1-8-15
外部リンク 公式サイト
  ウィキポータル 教育
  ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

自由学園中等科・高等科(じゆうがくえんちゅうとうか・こうとうか)は、男子部と女子部に分かれている。法制度上は、自由学園男子部中等科(- だんしぶちゅうとうか)、自由学園女子部中等科(- じょしぶちゅうとうか)、および自由学園高等科(- こうとうか)である[一次資料 1][一次資料 2]一方、学校法人自由学園の公式サイトでは、自由学園男子部中等科・高等科及び自由学園女子部中等科・高等科になっている。男子部・女子部には各付属のが存在し、男子部のみ入学1年目は全員入寮が義務付けられている。

2024年度に共学化することを公表した[2]

自由学園最高学部(大学部) 編集

自由学園最高学部(じゆうがくえんさいこうがくぶ)は、大学学部に相当する4年制課程及び短期大学に相当する2年制課程(女性のみ)から構成されている。リベラル・アーツを専門としている。

文部科学省一条校認可を受けていないため、法令上は学校教育法第1条における大学ではなく、第135条における各種学校に分類されている。一方で概ね大学学部・短期大学相当の扱いを受けており、2年生課程を修了した者の中には大学学部に編入、4年制課程を修了した者の中には大学院に進学する生徒もいる。高等科からの内部進学のみで、外部生は募集していない。

男性は4年制課程のみ、女性は4年制課程と2年制課程のどちらかを選択できる。

自由学園リビングアカデミー(大学講座) 編集

自由学園リビングアカデミーは、45歳以上を対象にした大学講座である。

沿革 編集

  • 1921年(大正10年) - 東京府北豊島郡高田町雑司が谷(現在の東京都豊島区西池袋2丁目)に高等女学校令によらない学校として開校(女子部)。
  • 1927年(昭和2年) - 初等部を開設。
  • 1934年(昭和9年) - 校舎を東京府北多摩郡久留米町(現在の東久留米市)に完全移転。旧校舎は「自由学園明日館」として現存している。
  • 1935年(昭和10年) - 男子部を開設。
  • 1938年(昭和13年) - 北京生活学校を開校。
  • 1938年(昭和13年) - 財団法人化(財団法人自由学園)。
  • 1939年(昭和14年) - 幼児生活団を開設。
  • 1945年(昭和20年) - 北京生活学校を閉校。
  • 1949年(昭和24年) - 最高学部を開設。
  • 1951年(昭和26年) - 学校法人化(学校法人自由学園)。
  • 2007年(平成19年) - 幼児生活団が認可幼稚園「自由学園幼児生活団幼稚園」として開園。
  • 2024年(令和6年) - 中等科・高等科を共学化(予定)。

歴代学園長・理事長・最高学部長 編集

理事長 編集

  • 初代 羽仁吉一(当時は理事長ではなく、学園主という役職である。)
  • 2代目 羽仁もと子 1955年 -
  • 3代目 天野貞祐 1957年 -
  • 4代目 田中和夫 1980年 -
  • 5代目 斎藤光 1990年 -
  • 6代目 猪狩朝彦 1997年 -
  • 7代目 永田晨 2001年 -
  • 8代目 市岡揚一郎 2009年 -
  • 9代目 村山順吉 2017年 -

学園長 編集

  • 初代 羽仁もと子
  • 2代目 羽仁恵子 1957年 -
  • 3代目 羽仁翹 1990年 -
  • 4代目 十文字輝雄 2004年 -
  • 5代目 矢野恭弘 2008年 -
  • 6代目 高橋和也 2016年 -

最高学部長(学長に相当) 編集

 1999年に新最高学部として共学化されるまでは、学園長が最高学部長相当職を兼任する形であった。

  • 初代 田村光三(明治大学名誉教授) 1999年 -
  • 2代目 鈴木春男(千葉大学名誉教授) 2003年 -
  • 3代目 大貫隆(東京大学名誉教授) 2010年 -
  • 4代目 渡辺憲司(立教大学名誉教授) 2015年 -
  • 5代目 高橋和也(学園長兼任)2021年 -

(出典[3]

自由学園関連施設・事業・団体 編集

自由学園那須農場 編集

1941年に開場し、農業生産や人間教育の場とし、様々な社会活動や研究活動がなされている。

自由学園出版局 編集

自由学園付設の出版社として、創立者や教職員の著書を中心とした出版事業を行う。

自由学園協力会 編集

1920年代に自由学園拡張に伴う財政状況悪化を受け、在校父母から支援組織設立の提案がなされ、1930年6月に発足した。

株式会社自由学園サービス 編集

学校法人自由学園の子会社として、収益事業(会館、工芸、製菓、賃貸等)を行う。

東京都豊島区西池袋

東京都東久留米市学園町

  • 自由学園食事研究グループ
  • 自由学園しののめ茶寮
  • しののめショップ

校歌・校訓・寮歌 編集

校歌 編集

  • 『自由を目指して』 - 作詞:女子部10回生、作曲:近衛秀麿
  • 『かかげよ旗を』 - 作詞:羽仁吉一、讃美歌380番より編曲
  • 『野の花の姿』 - 詩:羽仁もと子、作曲:矢代秋雄
  • 『男子部賛歌』 - 作詞・作曲:男子部1回生

(出典[4]

校訓 編集

自由学園全体としては「生活即教育」を基本理念とし、それに基づいた標語を各部定めている。

  • 最高学部 - 「真の自由人(いのちのよき経営者となる)」
  • 女子部 - 「思想しつつ 生活しつつ 祈りつつ」 (Thinking, Living and Praying)
  • 男子部 - 「思想 技術 信仰」 (Thought Technique Faith)
  • 初等部 - 「よくみる よくきく よくする」
  • 生活団 - 「よく教育することは、よく生活させること」

寮歌 編集

行事 編集

自由学園での行事活動は全員参加を基本としている。

入学式・入寮式
中等科入学、編入。高等科入学生への入学式が開催される。また入学式終了後女子部、男子部付属寮での入寮式が行われる。
遠足(登山)
女子部、男子部で5月頃に中等科、高等科に分かれ遠足(登山)が行われる。登る山は女子部中等科2000m程度、男子部中等科、女子部高等科2500m程度、男子部高等科3000m程度。
体操会
デンマーク体操を中心とした全校生徒による発表会が、毎年体育の日前々日の土曜日に開かれる。
学業報告会
音楽会、美術工芸発表会が無い年に開催され、1年間勉強してきたことを発表する。
美術工芸展
全校生徒の創作物(絵画、工芸品等)を展示する会である。4年に1度開催される。
音楽会
東京芸術劇場練馬文化センター等の大規模な会場を使い、生徒による合唱オーケストラ演奏を行う。4年に1度開催される。
午餐会
中等科生以上の全校生徒、教職員、学校関係者を招き、一堂で食事を会する。
卒業式
最高学部卒業式。高等科、中等科卒業式は開催されない。
平和週間
2020年度から女子部、男子部共同で一週間かけて平和について学ぶ週間である。

男子部、女子部の中から有志が立候補し、平和週間係となり平和週間に向け準備を行う。

制服 編集

  • 男子部中等科は1980年代半ば頃まで、中等教育課程では珍しく半ズボンを制服に採用していた。
  • 女子部は、制服ではなく式服という形のものがある。しかし、規定服としてスカートとブラウスというものがある。
  • 式服は白の角襟ブラウス、紺色のスカート(ボックスタイプ、プリーツタイプがある)白靴下、冬はその上にブレザーを着用。白靴下以外は指定。
  • 初等部は、女子部と同様である。
  • 男子部には、制服がある。

部活動 編集

運動部 編集

文化部 編集

文化財 編集

重要文化財 編集

DOCOMOMO Japan 編集

  • 自由学園明日館:全体[5] 
  • 自由学園南沢キャンパス(東久留米市):正門、初等部食堂・教室、女子部食堂・教室・回廊・体操館・講堂、男子部教室・体操館[6]

東京都指定有形文化財 編集

  • 自由学園南沢キャンパス:女子部講堂・食堂・教室(4棟)・体操館 及び土地(15991.94 平方メートル)[7]

東京都選定歴史的建造物 編集

  • 自由学園南沢キャンパス: 初等部食堂、男子部体操館[8]

主な出身者 編集

あ行 編集

か行 編集

さ - な行 編集

は行 編集

ま行 編集

や行 編集

関係団体 編集

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ [原文に「昭和14年から平成18年度まで68年間」とあるので年数はそのまま記述]
  2. ^ 自由学園女子部中等科(中学受験スタディ)の「基本情報」には、「※高1の2学期より混合クラス」と記載されている。
  3. ^ 自由学園男子部中等科(中学受験スタディ)の「基本情報」には、「※1年次より混合クラス」と記載されている。

出典 編集

  1. ^ 2021年4月15日 自由学園は 本日創立100周年を迎えました”. 2022年10月14日閲覧。
  2. ^ 2021年4月15日 自由学園は 本日創立100周年を迎えました。 – 自由学園|一貫教育の【自由学園】- 幼稚園・小学校・中学校・高校・大学部・45歳以上”. www.jiyu.ac.jp. 2022年5月17日閲覧。
  3. ^ 自由学園一〇〇年史編纂委員会 編『自由学園一〇〇年史』自由学園出版局/婦人之友社、2021年12月1日。 
  4. ^ 由佳, 髙橋; 弘太郎, 河原; 敏喜, 遠藤 (2016). “自由学園生活工芸研究所「プラネテ」デザインによる楽譜の表現”. 生活大学研究 2 (1): 50–63. doi:10.19019/jiyu.2.1_50. https://www.jstage.jst.go.jp/article/jiyu/2/1/2_50/_article/-char/ja/. 
  5. ^ DOCOMOMO. “自由学園明日館”. docomomo. 2022年5月17日閲覧。
  6. ^ DOCOMOMO. “自由学園南沢キャンパス(門、初等部/食堂・教室、女子部/食堂・教室・回廊・体操館・講堂、男子部/教室・体操館)”. docomomo. 2022年5月17日閲覧。
  7. ^ 東京の文化財バックナンバー一覧 | 文化財情報 | 生涯学習関連情報 | 東京都生涯学習情報”. www.syougai.metro.tokyo.lg.jp. 2022年5月17日閲覧。
  8. ^ 東京都選定歴史的建造物”. 東久留米市ホームページ. 2022年5月17日閲覧。
  9. ^ 協力団体 | 婦人之友社 生活を愛するあなたに”. www.fujinnotomo.co.jp. 2022年5月17日閲覧。

一次情報源

主題と関係の深い情報源

関連項目 編集

外部リンク 編集