メインメニューを開く

安田伊佐夫

日本の競馬調教師

安田 伊佐夫(やすだ いさお、1944年11月22日 - 2009年3月20日)は、宮崎県出身の元騎手・元調教師

息子である安田康彦も元騎手で現在は競馬評論家

来歴編集

馬事公苑時代の同期には清水出美久保敏文鹿戸明久保田秀次郎大崎昭一笹倉武久などがおり、大崎とは同郷で上京する際の列車も同じであった。1961年京都武田文吾厩舎の見習騎手となり、1963年3月にデビュー。9月28日オンワードスピードに騎乗して初勝利を挙げるが、1年目の同年はこの1勝に終わる。1969年タニノムーティエ阪神3歳Sを勝ち、重賞初制覇。1970年皐月賞東京優駿(日本ダービー)を制した。

1979年に騎手を引退し、調教師免許を取得。翌1980年に厩舎開業。初出走は同年10月11日・阪神競馬第9競走ゴルジー(9着)。初勝利は同年10月26日・福島競馬第2競走チャレンジアゲンである。1985年ライフタテヤマシンザン記念を制覇し、調教師として重賞初制覇。GIには長く縁がなかったが、メイショウドトウ2001年宝塚記念を制覇した。

リーディング争いの面では1994年の30勝(全国リーディング14位)が最高であったが、ほぼ毎年コンスタントにオープン馬・重賞馬を送り出している調教師であった。

2008年2000年以来8年ぶりに20勝を越え、重賞もヴァンクルタテヤマプロキオンステークス制覇をはじめダートグレード競走を4勝。メイショウトウコンジャパンカップダートカネヒキリから僅差の2着に入るなど、存在感を見せた。

子息の康彦が厩舎の主戦騎手であったが、康彦の引退後は武幸四郎への依頼が比較的多かった。その後はベテランから新人まで幅広く依頼していた。なお、武の騎手デビュー初戦のメイショウユリヒメは伊佐夫の管理馬であった。

馬主では「メイショウ」の松本好雄や「タテヤマ」の辻幸雄らの管理馬が多かった。また「サンライズ」の(株)松岡の馬も数多く管理し活躍馬も多かったが、方針の違いから2001年にすべての馬が他厩舎へ転厩するという事態が起こり、それ以降は一頭も管理することはなかった(サンライズペガサスがこのうちの1頭である)。

2009年3月20日に死去。厩舎の管理馬は兄弟子の武田博厩舎へ移籍となった。

おもな管理馬編集

関連項目編集