小川輝晃

日本の俳優

小川 輝晃(おがわ てるあき、1968年8月29日[7][5][3][4][8] - )は、日本俳優声優[8]モーションキャプチャアクター[8]演出家

おがわ てるあき
小川 輝晃
本名 小川 輝晃[1]
生年月日 (1968-08-29) 1968年8月29日(52歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府
民族 日本人
身長 177 cm[2][3][4]
血液型 A型[2][5][3][4]
職業 俳優
声優
ジャンル 俳優
(テレビドラマ映画舞台)
声優
(アニメ吹き替えなど)
活動期間 1986年 -
活動内容 1986年デビュー
1994年:『忍者戦隊カクレンジャー』(主演)
1998年:『星獣戦隊ギンガマン
事務所 81プロデュース[6]
主な作品
忍者戦隊カクレンジャー
星獣戦隊ギンガマン
テンプレートを表示

大阪府出身[5][4][8]奈良県橿原市育ち。81プロデュース所属[6]一般社団法人狼煙工房代表理事。

略歴編集

1987年奈良県立橿原高校[1]在学中にNHKの連続テレビ小説『はっさい先生』に出演し、高校3年生でテレビデビューした[9]

その後倉本聰主宰の富良野塾に加入、北海道へ転居するが、塾の方向性に馴染めず1年で退塾[9]東京アルバイトをしながら俳優業を続ける。

1994年スーパー戦隊シリーズ第18作『忍者戦隊カクレンジャー』にサスケ / ニンジャレッド役で出演[9]。同時にテレビドラマ初主演を果たす。

1998年には同シリーズ第22作『星獣戦隊ギンガマン』にヒュウガ / 黒騎士役で出演[9]

2011年には第35作『海賊戦隊ゴーカイジャー』で約11年ぶりにヒュウガを演じた。2015年には第39作『手裏剣戦隊ニンニンジャー』で約19年ぶりにサスケ / ニンジャレッドを演じる。

また、かつては東京を中心に流山児★事務所などの舞台で俳優として活動。

声優としては、2006年7月に放映されたテレビアニメ内閣権力犯罪強制取締官 財前丈太郎』において財前丈太郎役で主演を務め、2007年3月放映のディズニーアニメ『マイティダックス』でも主役のワイルドウィングを演じた。

2015年4月1日付で、プロダクション・エースから81プロデュースへ移籍[10]。それ以前にはフラッシュ・カンパニー[11]先駆舎[2]に所属していた。

現在は、洗足学園音楽大学声優アニメソングコースの講師も務めている[12][9]

人物編集

  • 大阪府出身であり、関西弁で話すことで知られている[6]
  • 四人兄弟の次男である[4]
  • 特技はアクション乗馬・走ること[6]。柔道初段、中国拳法一級[5]。高校時代は陸上部に所属[9]。特にアクションはゲームでのキャラクターモーションを演じることもあり、また『カクレンジャー』や『ギンガマン』では怪人や戦闘員のスーツアクターを自ら志願して演じたこともあったという。
  • 2011年3月に発生した東北地方太平洋沖地震を受け、Twitter上で応援専用アカウント「ヒーロー (tokusatsuhero)」を取得。さらには歴代の特撮ヒーロー番組の出演者に協力を呼びかけ、数多くの「ヒーロー」から被災地の子供たちへの応援メッセージを掲載し続けている[13]。同年7月11日には一般社団法人・狼煙工房を設立。募金や支援金だけでなく、不要になった玩具を集めて被災地の子供たちに寄付するおもちゃリティというチャリティ企画も行っていた。

エピソード編集

  • 俳優を目指したきっかけは、内向的な自身を変えようと思ったことと、高校時代に夢を果たせず死去した友人を想ってのことであった[9]。大学講師となってからは、内向的な学生に対して自身の経験を基にアドバイスしているという[9]
  • 初めて出演したミュージカルでは、風邪で声が出なくなりセリフを削られてしまったが、公演後に女性客から応援されたことで役者をやめられなくなったと述べている[14]
  • 富良野塾を退塾して上京した後、将来に悩んだ末、自身の実行力を証明するため東京から奈良までの500キロメートルを10日間かけて走破した[9]。これをやり遂げたことで、自身がやろうと思ったことをできる人間だと実証することができたといい、『カクレンジャー』のオーディションでも自信につながったという[9]
  • 『カクレンジャー』のオーディション時点では自動二輪免許を取得していなかったが、合格のため現在取りに行っていると述べ、その後に教習所には通わず直接受験し2回目で合格した[9]
  • 『カクレンジャー』のメンバーの中では最年長であり、キャスト陣からは「兄さん」という愛称で呼び慕われていた。共演した土田大(サイゾウ / ニンジャブルー役)や河合秀(セイカイ / ニンジャイエロー役)などとは現在でも親交があるという。
  • 『カクレンジャー』の撮影当初は、年長者としてキャストをどうまとめようか考えつつ、リーダーではないという設定から自身が仕切るわけにもいかず思い悩んでいた[9]。しかし、劇場版の撮影で長台詞を言えず鶴姫にセリフが移行されたことにショックを受け、自身の演技を第一に考えていないとならないと理解し、それぞれの仕事を全うすることで自然に結束力が高まっていったという[9]
  • 『ギンガマン』への起用の理由は、メインライターの小林靖子が『カクレンジャー』のファンであったことが理由の一つに挙げられている[14]
  • 2010年には第34作『天装戦隊ゴセイジャー』に広瀬仁美(鶴姫 / ニンジャホワイト役)と共に夫婦役で約10年ぶりにゲスト出演。
  • 『海賊戦隊ゴーカイジャー』の第20話に『ギンガマン』のヒュウガ役で出演。同作品への出演は、東日本大震災の被災者を励ましたいとの理由からであった[8]。また、同話で共演した前原一輝はすでに引退していたが、小川が前原と食事をしている時に出演依頼があったことから、出演を実現させた[15][8]

出演編集

太字はメインキャラクター。

テレビドラマ編集

映画編集

オリジナルビデオ編集

舞台編集

モーションキャプチャ編集

テレビアニメ編集

1999年
2002年
2004年
2005年
2006年
2007年
  • Disney マイティダックス MightyDucks(ワイルドウィング[16]
2008年
2009年
2010年
2014年

劇場アニメ編集

2016年

ゲーム編集

吹き替え編集

担当俳優編集

ボイド・ホルブルック

映画(吹き替え)編集

ドラマ編集

アニメ編集

オーディオブック編集

  • 破門(朗読)
  • 坂田勇吉シリーズ(朗読)
    • 走らなあかん、夜明けまで
    • 涙はふくな、凍るまで
    • 語りつづけろ、届くまで
  • 平浦ファミリズム(平浦竜吉[23]
  • 史上最強オークさんの楽しい種付けハーレムづくり(ローランドほか[24]

その他編集

  • BAT.corp(関西テレビ、2000年4月 - 2001年3月) - 司会
  • バトラク(関西テレビ、2001年4月 - 2002年3月)

監督編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『日本タレント名鑑(2005年版)』VIPタイムズ社、2005年4月1日、80頁。ISBN 978-4-9901242-3-6
  2. ^ a b c 小川輝晃”. 先駆舎. 2005年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月15日閲覧。
  3. ^ a b c 「ギンガマンメモリアル座談会」『星獣戦隊ギンガマン超全集』小学館〈てれびくんデラックス愛蔵版〉、1999年3月10日、59-63頁。ISBN 4-09-101467-4
  4. ^ a b c d e SPECIALPHOTOBOOK 1999, p. 75, 「PROFILE」
  5. ^ a b c d 「カクレンジャー思い出アルバム メモリアル座談会」『忍者戦隊カクレンジャー超全集小学館てれびくんデラックス愛蔵版〉、1995年3月1日、76-79頁。ISBN 978-4-09-105112-7
  6. ^ a b c d 小川輝晃 - 81プロデュースの公式サイト
  7. ^ 『日本音声製作者名鑑2007』、30頁、小学館、2007年、ISBN 978-4095263021
  8. ^ a b c d e f 「LEGEND COMMENT_01 小川輝晃」『海賊戦隊ゴーカイジャー公式読本 豪快演義』グライドメディア〈グライドメディアムック73〉、2012年6月1日、92頁。ISBN 978-4-8130-8173-9
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m 「SPECIAL INTERVIEW'94 小川輝晃」『スーパー戦隊 Official Mook 20世紀 1994 忍者戦隊カクレンジャー』講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2018年4月25日、20-21頁。ISBN 978-4-06-509614-7
  10. ^ 81プロデュース”. 2015年4月1日閲覧。
  11. ^ 宇宙船』Vol.70(1994年秋季号)、朝日ソノラマ、1994年10月30日、 5頁。
  12. ^ 教員・指導陣紹介”. 大学案内. 洗足学園音楽大学. 2017年8月25日閲覧。
  13. ^ “水嶋ヒロ「仮面ライダーカブトが守ってみせる」被災地応援”. J-CAST テレビウォッチ. (2011年3月17日). http://www.j-cast.com/tv/2011/03/17090706.html 2011年3月17日閲覧。 (日本語)
  14. ^ a b SPECIALPHOTOBOOK 1999, pp. 36-41, 「ヒュウガ」
  15. ^ “海賊戦隊ゴーカイジャー 第20話「迷いの森」|東映[テレビ]”. 東映. http://www.toei.co.jp/tv/go-kai/story/1196008_1843.html 2011年7月3日閲覧。 
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay 81プロデュースの公式サイト”. 2019年5月2日閲覧。
  17. ^ 忍びの7 春のニンジャ祭り!”. 手裏剣戦隊ニンニンジャー. 東映. 2015年4月5日閲覧。
  18. ^ STAFF&CAST”. ULTRAMANアニメ公式サイト. 2019年2月1日閲覧。
  19. ^ 内閣権力犯罪強制取締官 財前丈太郎”. 週刊コミックバンチ★コアミックス:シリーズ連載特設ページ 2006年7月5日アーカイブ分. 2006年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月3日閲覧。
  20. ^ キャスト陣紹介”. FabStyle. コーエーテクモゲームス. 2017年9月4日閲覧。
  21. ^ “ザ・プレデター”. ふきカエル大作戦!!. (2018年12月26日). https://www.fukikaeru.com/?p=10830 2019年1月2日閲覧。 
  22. ^ “LOGAN/ローガン”. ふきカエル大作戦!!. (2017年6月1日). http://www.fukikaeru.com/?p=6858 2017年11月15日閲覧。 
  23. ^ オーディオブック第7弾、好評配信中!!!” (日本語). 小学館ガガガ文庫. 2020年3月20日閲覧。
  24. ^ オーディオブック第13弾、好評配信中!!!”. 小学館ガガガ文庫. 2020年5月25日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集