メインメニューを開く

小林 成光(こばやし まさみつ、1978年4月13日 - )は、栃木県佐野市出身の[5]プロサッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションは主にミッドフィールダーで、左右のサイドアタックを担った[6]

小林 成光 Football pictogram.svg
名前
愛称 コバ[1][2]
カタカナ コバヤシ マサミツ
ラテン文字 KOBAYASHI Masamitsu
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1978-04-13) 1978年4月13日(41歳)
出身地 栃木県佐野市
身長 174cm[3]
体重 67kg[3]
選手情報
在籍チーム FCフエンテ東久留米
ポジション MF[3]
背番号 24
利き足 右足[4]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1997-2005 東京ガス / FC東京 135 (22)
2000 イパチンガ
2006 サガン鳥栖 11 (00)
2007-2008 栃木SC 50 (09)
2010- FCフエンテ東久留米
監督歴
2017- 作新学院大学サッカー部監督2018年union sc 総監督
1. 国内リーグ戦に限る。..現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

来歴編集

小学校2年生の時にサッカーを始める[1][7]1994年佐野日大高校に進学し、在学中3年連続で国体栃木県選抜に選出された。

1997年、高校を卒業し、東京ガスに入社。社員選手として[7]ジャパンフットボールリーグ東京ガスFC(現 FC東京)に入団し、同年リーグ開幕戦にスタメン出場。ガス検診をこなしながらも「凄く我慢して起用してくれた(小林談)」大熊清監督の期待に応えるために必死に戦い[8]、全試合に出場。新人王に輝いた。その後チームと共にJ2J1と舞台を移しながらプレー、2002年からプロ契約を結んだ[7]。同年より監督に就任した原博実は自身の掲げる攻撃的サッカーの担い手として小林を左ウイングに抜擢。開幕戦、小林は前年度優勝の鹿島を相手に2得点2アシストの大活躍で脚光を浴び(翌日の日刊スポーツ紙では、「日韓W杯の秘密兵器」という見出しで一面を飾った[7])、次節の浦和戦でも決勝点を挙げてFC東京の開幕ダッシュの立役者となった。

しかしその直後の2002年4月15日、練習場に向かう為にオートバイを運転中に突風でバランスを崩し転倒。右大腿部骨幹部を骨折[7][9]、長期のリハビリを強いられる。右大腿骨には重い随内釘(ボルト)が埋め込まれ、骨盤からの骨移植も行われた[8]2004年にはシーズン開幕前のキャンプから軽快なプレーを見せ[1]同年3月のナビスコカップ鹿島戦で途中出場、9月の同杯準々決勝G大阪戦では約2年4ヶ月ぶりに公式戦のスターティングメンバーに名を連ねた[6]。シーズン終了後、プレーの質を取り戻すべく、再骨折のリスクを覚悟で髄内釘を除去[10]。これが事故以来4度目の手術だった[7]

2006年、J2サガン鳥栖へ移籍[11][12]。同年9月の神戸戦で4年半ぶりにリーグ戦での90分フル出場を果たした[5][7]

2007年、J2クラブからもオファーを受ける中[5]、地元栃木でJリーグ昇格を目指すJFL・栃木SCへ移籍[13]。サイドでの突破力を発揮して[5] チーム2位の6得点を挙げ[14]、復調を印象付けた。2008年、クラブはリーグ2位に入り翌年からのJリーグ加盟を果たしたが、小林はこの年限りで栃木との契約を満了[15]。予てより栃木でサッカーを終える意思を持っていたため[8]、故郷のクラブのJ2昇格を花道に現役引退を表明した[16]

2009年、古巣のFC東京にて育成部コーチに就任[17][18]。感性と冷静に見る目を併せ持ち、選手個々に考えさせる指導ができる、とクラブ上層部からの評価は高く[8]2010年日本サッカー協会公認B級コーチライセンス取得[19]。また、東京都社会人リーグFCフエンテ東久留米でもプレーし、1部昇格に貢献した。

2017年、栃木の作新学院大学コーチに就任[20]

所属クラブ編集

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1997 東京ガス 24 旧JFL 30 7 - 4 1 34 8
1998 28 7 - 0 0 28 7
1999 FC東京 J2 20 2 7 2 0 0 27 4
2000 J1 27 2 2 0 1 0 30 2
2001 20 1 3 2 1 0 24 3
2002 6 3 0 0 0 0 6 3
2003 0 0 0 0 0 0 0 0
2004 1 0 2 0 0 0 3 0
2005 3 0 2 0 0 0 5 0
2006 鳥栖 J2 11 0 - 0 0 11 0
2007 栃木 6 JFL 30 6 - 2 0 32 6
2008 8 20 3 - 1 0 21 3
2010 東久留米 東京都2部 - -
2011 8 東京都1部 8 - - 8
2012 3 - - 3
通算 日本 J1 57 6 9 2 2 0 68 8
日本 J2 31 2 7 2 0 0 38 4
日本 旧JFL 58 14 - 4 1 62 15
日本 JFL 50 9 - 3 0 53 9
日本 東京都1部 11 - 11
日本 東京都2部 -
総通算 196 42 16 4 9 1 221 47

指導歴編集

  • 2009年 - 2016年 FC東京
    • 2009年 - 2011年 普及部コーチ
    • 2012年 - 2013年 U-15深川コーチ
    • 2014年 - 2015年 U-18コーチ
    • 2016年 アドバンスクラススタッフ / U-12育成担当
  • 2017年 - 作新学院大学サッカー部コーチ
  • 2017年 - union sc 監督
  • 2018年 - 作新学院大学サッカー部監督
  • 2018年 - union sc 総監督

タイトル編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『FC東京ファンブック2004』毎日新聞社、2004年、45頁。
  2. ^ サガントス絆プロジェクト シリアルNo.00470”. 2007年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年8月16日閲覧。
  3. ^ a b c 栃木SC -【JFL】 日本フットボールリーグ
  4. ^ Jリーグ名鑑 (2005年版)”. 2005年4月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月17日閲覧。 スポーツニッポン
  5. ^ a b c d 栃木SC 注目のイレブン”. 2013年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月4日閲覧。 YOMIURI ONLINE
  6. ^ a b 【ヤマザキナビスコカップ:準々決勝】F東京 vs G大阪:原博実監督(F東京)記者会見コメント (cache) J's GOAL (2004年9月4日)
  7. ^ a b c d e f g 鳥栖MF小林1663日ぶりフル出場/蹴人”. 2007年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年11月1日閲覧。 日刊スポーツ (2007年3月6日)
  8. ^ a b c d F.C.TOKYO MAGAZINE BR TOKYO 2014年5月号』ユーメイド、2014年、47-51頁。
  9. ^ 小林成光選手の負傷について”. 2005年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月17日閲覧。 FC東京 (2002年4月16日)
  10. ^ 小林完全復活へ前進”. 2005年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月17日閲覧。 東京中日スポーツ (2005年2月7日)
  11. ^ 小林成光選手 サガン鳥栖へ完全移籍決定のお知らせ”. 2012年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月17日閲覧。 FC東京 (2005年12月9日)
  12. ^ 小林 成光 選手 FC東京より完全移籍加入のお知らせ”. 2005年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月17日閲覧。 サガン鳥栖 (2005年12月9日)
  13. ^ 小林成光選手 栃木SCに加入”. 2007年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月17日閲覧。 サガン鳥栖 (2007年1月29日)
  14. ^ 順位表・成績表 (2007年版) 日本フットボールリーグ
  15. ^ 契約満了選手のお知らせ 栃木SC (2008年11月28日)
  16. ^ 【JFL後期第17節:FC刈谷戦】試合終了後の各選手コメント (2008年11月30日)
  17. ^ 小林成光氏 FC東京 普及部コーチ就任のお知らせ 栃木SC (2009年3月11日)
  18. ^ FC東京普及部 小林 成光コーチ、久保田 健太コーチ就任のお知らせ”. 2009年3月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年3月22日閲覧。 FC東京 (2009年3月11日)
  19. ^ 2009(平成21)年度 公認B級コーチ養成講習会 判定結果 (PDF) 日本サッカー協会公式サイト 2010年4月7日
  20. ^ sakusingakuindaegakusoccerの投稿(1885356628367593) - Facebook (2017年2月3日)
  21. ^ a b 登録選手一覧表”. 2013年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月17日閲覧。 Jリーグ (2006年12月8日)

関連項目編集

外部リンク編集