メインメニューを開く

尾澤 喜雄(おざわ よしお、1906年6月 - 1977年)は、日本教育者文学者俳文学)。岩手大学名誉教授俳号白路(はくろ)。旧姓片瀨(かたせ)。の「澤」は旧字体のため、新字体尾沢 喜雄(おざわ よしお)とも表記される。

尾澤 喜雄
(おざわ よしお)
ペンネーム 白路
(はくろ)
誕生 片瀨 喜雄
(かたせ よしお)
1906年6月
日本の旗 長野県北安曇郡七貴村
死没 1977年
職業 教育者
文学者
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
民族 大和民族
教育 文学士
東京帝国大学1933年
最終学歴 東京帝国大学文学部卒業
活動期間 1972年 - 1977年
主題 論説
評論
代表作 『一茶全集』
1976年 - 1980年
主な受賞歴 芭蕉祭文部大臣賞
(1980年)
デビュー作 単著として:
『小林一茶とその周辺』
1972年
所属東京府立第二高等女学校→)
埼玉県立久喜高等女学校→)
長野県篠ノ井高等女学校→)
長野市立中学校→)
岩手師範学校→)
岩手大学
テンプレートを表示

東京府立第二高等女学校教諭埼玉県立久喜高等女学校教諭、長野県篠ノ井高等女学校教諭、長野市立中学校教諭、岩手師範学校教授、岩手大学学芸学部教授、岩手大学教育学部教授などを歴任した。

来歴編集

生い立ち編集

1906年6月、片瀨政十郞の二男として生まれたが[1]、尾澤惠の養子となった[1]長野県北安曇郡七貴村出身[2][註釈 1]。旧制の松本高等学校の文科を経て[註釈 2]東京帝国大学に進学し[1][註釈 3]文学部国文学科にて国文学を学んだ[1]1933年3月、東京帝国大学を卒業した。

1933年4月より、東京府立第二高等女学校教諭に就任した[註釈 4]。同時に、東京府女子師範学校の教諭も兼任した[註釈 5]1934年6月埼玉県立久喜高等女学校に転じ[註釈 6]、教諭に就任した[1]。さらに、故郷である長野県にて長野県篠ノ井高等女学校に転じ[1][註釈 7]、そちらの教諭に就任した[1]。のちに旧制の長野市立中学校に移り[1][註釈 8]、同様に教諭に就任した[1]

文学者として編集

太平洋戦争のさなか、1943年岩手県師範学校岩手県女子師範学校が統合再編され[3]、新たに岩手師範学校が設置された[3][註釈 9]。それに伴い、同年8月に岩手師範学校に転じ[1]教授に就任した[1][4][5]。太平洋戦争終結後、国立学校設置法により、岩手師範学校は盛岡農林専門学校盛岡工業専門学校岩手青年師範学校と統合再編されることになり[6]1949年岩手大学が設置された[6]。それに伴い、岩手大学に奉職することになり[7]、長年に渡り教鞭を執った。1950年には教授に補職された[8]。なお、岩手大学設置以降も、岩手師範学校は1951年3月までは並行して存続したため[3]、岩手師範学校の教授にも兼補されている[9]1972年3月、岩手大学を退官した。

退官に伴い、岩手大学より名誉教授称号が授与された。その後、1977年に死去した[10]

研究編集

専門は文学であり、特に国文学、つまり日本文学に関する分野の研究に従事した。具体的には俳文学について研究しており[1]江戸時代俳人である小林一茶の研究で著名である。その研究の成果は学術雑誌などで発表されており、『国文学――解釈と鑑賞』や[11]、『國文學――解釈と教材の研究』をはじめ[12][13][14]、『國語と國文學』など[15][16]、多くの雑誌に論文が掲載された[17][18][19][20][21]。一茶の生涯を5つの時代区分に分けて研究することを提唱し、多くの研究者に受け入れられた。その結果、一茶の研究史においては、尾澤の提唱した時代区分が定着している。そのほか、一茶に関する学術書を上梓するとともに[22]、一茶の著作の校訂を手掛けている[23]小林計一郎丸山一彦宮脇昌三矢羽勝幸とともに『一茶全集』を編纂し、数年がかりで刊行したが[24][25][26][27][28][29][30][31][32][33]、その功績は高く評価されており、尾澤没後の1980年の芭蕉祭にて文部大臣賞が授与されている。

人物編集

岩手県小学校中学校にて、数多くの校歌作詞や校訂を手掛けている[34][35][36][37]。また、岩波書店においては[1]国語教科書の編纂に参画していたことでも知られている[1]

趣味は園芸[1]謡曲[1]、俳句[1]、などが挙げられ、「白路」[1]と号していた。

仏教を信仰しており[1]宗派としては真言宗に属した[1]

家族・親族編集

である尾澤さいとの間に[1]、喜美子、正昭、正俊の2男1女を儲けた[1]

略歴編集

賞歴編集

著作編集

単著編集

  • 尾沢喜雄著『小林一茶とその周辺』岩手大学尾沢喜雄教授退官記念事業協賛会1972年NCID BN01008932

編纂編集

註釈、校訂編集

寄稿、分担執筆、等編集

論文編集

楽曲編集

脚注編集

註釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ 長野県北安曇郡七貴村は、のちの長野県安曇野市、および、長野県北安曇郡池田町に該当する。
  2. ^ 松本高等学校は、のちに信州大学の源流の一つとなった。
  3. ^ 東京帝国大学は、のちに東京大学の源流の一つとなった。
  4. ^ 東京府立第二高等女学校は、のちに東京都立竹早高等学校の源流の一つとなった。
  5. ^ 東京府女子師範学校は、のちに東京学芸大学の源流の一つとなった。
  6. ^ 埼玉県立久喜高等女学校は、のちに埼玉県立久喜高等学校の源流の一つとなった。
  7. ^ 長野県篠ノ井高等女学校は、のちに長野県篠ノ井高等学校の源流の一つとなった。
  8. ^ 長野市立中学校は、のちに長野市立高等学校の源流の一つとなった。
  9. ^ 岩手師範学校は、のちに岩手大学教育学部の源流の一つとなった。
  10. ^ a b c d e f 曲名は一般社団法人日本音楽著作権協会の「作品データベース」の表記に準拠した。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 武内甲子雄編集『人事興信錄』上巻、15版、人事興信所、1948年、オ18頁。
  2. ^ 『長野県人名鑑』信濃毎日新聞社、1974年
  3. ^ a b c 「沿革」『沿革 | 岩手大学 教育学部岩手大学教育学部
  4. ^ a b 文部省国民教育局師範教育課「教授採用尾沢喜雄(岩手師範学校)」1943年5月14日
  5. ^ a b 文部省大臣官房秘書課「高等官進退(岩手師範尾沢喜雄)教授に任ず」1943年7月24日
  6. ^ a b c 「沿革」『岩手大学大学案内』2019年版、岩手大学
  7. ^ 文部省大臣官房人事課「二級官進退(岩手大学尾沢喜雄)昇給」1950年1月30日
  8. ^ a b 文部省大臣官房人事課「二級官進退(岩手大学尾沢喜雄)教授に補する」1950年5月19日
  9. ^ 文部省大臣官房人事課「二級官進退(岩手大学尾沢喜雄)岩手師範学校教授に兼補する」1950年5月20日
  10. ^ 「尾沢, 喜雄, 1906-1977」『尾沢, 喜雄, 1906-1977 - Web NDL Authorities (国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス)国立国会図書館2014年2月14日
  11. ^ 尾沢喜雄「一茶研究史」『国文学――解釈と鑑賞』21巻9号、至文堂、1956年7月
  12. ^ 尾沢喜雄「一茶の時代と環境」『國文學――解釈と教材の研究』3巻3号、学灯社、1958年4月
  13. ^ 尾沢喜雄「小林一茶――初期の江戸生活について」『國文學――解釈と教材の研究』9巻1号、學燈社、1964年1月
  14. ^ 尾沢喜雄「一茶」『國文學――解釈と教材の研究』13巻10号、學燈社、1968年8月、116-119頁。
  15. ^ 尾沢喜雄「一茶研究史に就いての一考察」『國語と國文學』27巻2号、至文堂1950年2月、57-58頁。
  16. ^ 尾沢喜雄「一茶研究史における正岡子規の地位――彼の『一茶の俳句を評す』について」『國語と國文學』37巻2号、ぎょうせい1960年2月
  17. ^ 尾澤喜雄「一茶家系考」『岩手大學學藝學部研究年報』2巻1号、岩手大學學藝學部學會1951年7月1日、84-114頁。
  18. ^ 尾沢喜雄「一茶研究史覚書」『信濃教育』782号、信濃教育会、1952年2月、36-44頁。
  19. ^ 尾澤喜雄「一茶研究史序説」『岩手大學學藝學部研究年報』3巻1号、岩手大學學藝學部學會1952年6月1日、53-64頁。
  20. ^ 尾沢喜雄「古典教育について」『岩手大学学芸学部研究年報』4巻1号、岩手大学学芸学部学会1952年12月1日、60-68頁。
  21. ^ 尾沢喜雄「文政版一茶発句集の成立を廻つて」『連歌俳諧研究』1957年13号、俳文学会、1957年、15-25頁。
  22. ^ 尾沢喜雄『小林一茶とその周辺』岩手大学尾沢喜雄教授退官記念事業協賛会1972年
  23. ^ 一茶著、尾沢喜雄校訂『文化年中句日記・八番日記』信濃教育会、1976年
  24. ^ 小林一茶著、信濃教育会編『一茶全集』1巻、信濃毎日新聞社1979年
  25. ^ 小林一茶著、信濃教育会・信濃毎日新聞社編『一茶全集』1巻別冊、信濃毎日新聞社、1980年
  26. ^ 小林一茶著、信濃教育会編『一茶全集』2巻、信濃毎日新聞社1977年
  27. ^ 小林一茶著、信濃教育会編『一茶全集』3巻、信濃毎日新聞社1976年
  28. ^ 小林一茶著、信濃教育会編『一茶全集』4巻、信濃毎日新聞社1977年
  29. ^ 小林一茶著、信濃教育会編『一茶全集』5巻、信濃毎日新聞社1978年
  30. ^ 小林一茶著、信濃教育会編『一茶全集』6巻、信濃毎日新聞社1976年
  31. ^ 小林一茶著、信濃教育会編『一茶全集』7巻、信濃毎日新聞社1977年
  32. ^ 小林一茶著、信濃教育会編『一茶全集』8巻、信濃毎日新聞社1978年
  33. ^ 小林一茶著、信濃教育会編『一茶全集』別巻、信濃毎日新聞社1978年
  34. ^ 尾沢喜雄作詞、千葉了道作曲『長坂中学校校歌』1957年
  35. ^ 菅原憲作詞、小山誠之作曲、尾沢喜雄校訂『岩手県東磐井郡千厩町立小梨小学校校歌』1959年
  36. ^ 尾沢喜雄作詞、千葉了道作曲『黄海小学校校歌』1969年
  37. ^ 小山嘉明作詞、小山誠之作曲、尾沢喜雄校訂『南小梨小学校校歌』1970年
  38. ^ 「岩手・一関《ひがしいわいの校歌集》61曲目――東山町立長坂中学校校歌」『トーバン印刷 | 岩手・一関『ひがしいわいの校歌集』61曲目 東山町立長坂中学校校歌』トーバン印刷。
  39. ^ 「岩手・一関《ひがしいわいの校歌集》4曲目――千厩町立小梨小学校校歌」『トーバン印刷 | 岩手・一関『ひがしいわいの校歌集』4曲目 千厩町立小梨小学校校歌』トーバン印刷。
  40. ^ 「岩手・一関《ひがしいわいの校歌集》24曲目――一関市立黄海小学校校歌」『トーバン印刷 | 岩手・一関『ひがしいわいの校歌集』24曲目 一関市立黄海小学校校歌』トーバン印刷。
  41. ^ 「岩手・一関《ひがしいわいの校歌集》7曲目――千厩町立南小梨小学校校歌」『トーバン印刷 | 岩手・一関『ひがしいわいの校歌集』7曲目 千厩町立南小梨小学校校歌』トーバン印刷。

関連人物編集

関連項目編集

外部リンク編集