メインメニューを開く

尾身 朝子(おみ あさこ、1961年4月26日 - )は、日本政治家ITコンサルタント自由民主党所属の衆議院議員(2期)、外務大臣政務官

尾身 朝子
おみ あさこ
Omi Asako (2019).png
外務大臣政務官就任時
生年月日 (1961-04-26) 1961年4月26日(58歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都千代田区
出身校 東京大学法学部
前職 ITコンサルタント
所属政党 自由民主党細田派
親族 尾身幸次(父)
公式サイト 尾身朝子 official website

選挙区比例北関東ブロック→)
群馬1区
当選回数 2回
在任期間 2014年12月14日 - 現職
テンプレートを表示

父は安倍内閣財務大臣を務めた尾身幸次

来歴編集

生い立ち編集

東京都千代田区出身。父がニューヨーク領事となったことに伴い、小学校3年から中学1年までニュージャージー州で過ごす。東京大学法学部卒業後、NTTに入社。在職中、クリスマスパーティーで知り合った男性と結婚。2度の出産、育児休業をした経験から、後に内閣府子ども・子育て会議委員となる[1]

1998年からJ-STAGE企画・開発・運用プロジェクトのプロジェクトリーダーを務めた[2]

2002年にNTTを退社し、ITコンサルタント業を起業。情報通信業の株式会社ブライトホープ代表取締役として、書籍資料の電子化(デジタル化)を図るなどITコンテンツ事業の推進に取り組んだ[3]

2004年10月には東海大学総合科学技術研究所教授(非常勤)に就任[4]

2006年に父が特定非営利活動法人STSフォーラムを設立してからは、同秘書室長や事務局長を務めた[5][6]

2013年4月、内閣府子ども・子育て会議委員[7]。同年6月、公益社団法人麹町法人会常任理事[8]

同年12月、日本商工会議所若者・女性活躍推進専門委員会委員[7]

政界編集

2014年12月14日第47回衆議院議員総選挙に、比例北関東ブロック自民党単独33位で出馬し初当選[9]清和政策研究会入会。自民党文部科学部会副部会長[10]

2017年10月22日第48回衆議院議員総選挙に、保守分裂を避けることを理由に不出馬表明をした佐田玄一郎の後継公認として群馬1区から出馬し、小選挙区初当選を果たした[11]

2019年9月13日第4次安倍第2次改造内閣外務大臣政務官に就任[12]

政策・主張編集

外交編集

  • セス・ボドナー(Mr. Seth Bodnar)米国モンタナ大学総長と面会し、「日米の友好関係と相互理解の増進に尽力し,特にロッキー山脈北部諸州における日本研究の拠点として,日米の学術交流に貢献してきたことを高く評価する」と述べた[13]
  • ペレイラ(Mr. Carlos Miguel Pereira Hernandez)駐日キューバ大使と面会し、「日・キューバ間の交流の裾野が広がっていることを歓迎する」と述べた[14]
  • ジョン・アンドリュー・キング・バルバドス創造的経済・文化・スポーツ大臣と面会し、「日本とバルバドスは重要なパートナーであり,特に2016年の在バルバドス日本大使館の開館以来,二国間関係は緊密化し,官民双方で多岐にわたる交流が実施されており喜ばしい」と述べた[15]
  • STSフォーラム(The Science and Technology in Society forum :STS forum)を立ち上げた尾身幸次に引き続き、娘の尾身朝子もSTSに参加し、アフリカ開発銀行を通して、日本とアフリカの社会経済の発展に注力することとしている[16]

その他編集

政歴編集

森喜朗との確執編集

  • 2007年の参議院選挙に立候補した際、かつて尾身幸次と確執があった清和政策研究会(細田派)相談役の森喜朗から「私の命ある限り、朝子の町村派入りは認めない」と言及された[21]
  • 二階派の中曽根康隆が群馬1区から出馬することを検討したが、二階俊博氏はこれに「待った」をかけて、尾身朝子の顔を立てた[22]。「第2次『上州戦争』回避で自民・尾身朝子氏が安泰」と報じられた[23]

所属議員連盟編集

脚注編集

  1. ^ 尾身朝子君_衆議院”. www.shugiin.go.jp. 2019年11月12日閲覧。
  2. ^ 「尾身朝子の紹介」尾身朝子オフィシャルサイト
  3. ^ Bright Hope Co. Ltd. 株式会社ブライトホープ
  4. ^ 「尾身朝子の紹介」尾身朝子オフィシャルサイト
  5. ^ 報道取材要項 NPO法人STSフォーラム
  6. ^ VII. 学術交流(230頁) (PDF) 東海大学教育研究年報2005年度
  7. ^ a b 尾身朝子外務大臣政務官略歴” (日本語). 外務省. 2019年11月12日閲覧。
  8. ^ 尾身 朝子 | 国会議員 | 議員情報 | 議員・役員情報 | 自由民主党
  9. ^ 北関東ブロック(比例区) - 開票速報 - 2014衆院選:朝日新聞デジタル
  10. ^ 「尾身 朝子」自由民主党
  11. ^ 群馬選挙区- 開票速報 - 2017衆院選:朝日新聞デジタル
  12. ^ “政務官決まる、第4次安倍第2次改造”. Qnewニュース. https://qnew-news.net/news/2019-9/2019091602.html 2019年10月24日閲覧。 
  13. ^ ボドナー米国モンタナ大学総長による尾身外務大臣政務官表敬” (日本語). 外務省. 2019年11月12日閲覧。
  14. ^ ペレイラ駐日キューバ大使による尾身外務大臣政務官表敬” (日本語). 外務省. 2019年11月12日閲覧。
  15. ^ 尾身外務大臣政務官とキング・バルバドス創造的経済・文化・スポーツ大臣との会談” (日本語). 外務省. 2019年11月12日閲覧。
  16. ^ Bank, African Development (2019年8月29日). “TICAD 7: Japan, South Africa and the African Development Bank unveil priorities to accelerate Africa’s technology transformation journey” (英語). African Development Bank - Building today, a better Africa tomorrow. 2019年11月12日閲覧。
  17. ^ a b c d e f 2014衆院選毎日新聞候補者アンケート
  18. ^ INC, SANKEI DIGITAL. “自民衆院1区公認選び熱気 尾身氏くら替え意向×中曽根氏側は決議文” (日本語). 産経ニュース. 2019年11月12日閲覧。
  19. ^ asahi.com:「非情」小泉前首相1人だけ応援 - 朝日新聞 2007参院選:日刊スポーツ参院選ニュース”. www.asahi.com. 2019年11月12日閲覧。
  20. ^ 衆院選2017:予想される顔ぶれ 北関東” (日本語). 毎日新聞. 2019年11月12日閲覧。
  21. ^ 「森元総理に『命ある限り認めない』と言われた『尾身朝子』候補」『週刊新潮』、新潮社、2007年6月21日、 p.55。
  22. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2017年11月16日). “【政界徒然草】衆院選惨敗の自民党二階派 救いは大勲位の孫入会 「進次郎氏と並ぶ総裁候補に」との期待もあるが…” (日本語). 産経ニュース. 2019年11月12日閲覧。
  23. ^ 【群馬】第2次「上州戦争」回避で自民・尾身朝子氏が安泰|アベ自爆総選挙「全289区」当落予想” (日本語). 日刊ゲンダイDIGITAL. 2019年11月12日閲覧。
  24. ^ 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

関連項目編集

外部リンク編集