メインメニューを開く

木村 弥生(きむら やよい、1965年8月11日 - )は、日本政治家看護師自由民主党所属の衆議院議員(2期)。父は元衆議院議員の木村勉。妹は江東区議会議員の高橋恵海[1]。総務大臣政務官。

木村 弥生
きむら やよい
Kimura Yayoi (2019).png
総務大臣政務官就任時
生年月日 (1965-08-11) 1965年8月11日(54歳)
出生地 東京都江東区
出身校 フェリス女学院大学文学部
慶應義塾大学看護医療学部
前職 日本看護協会政策秘書室長
現職 自民党待機児童問題対策チーム座長、自民党京都府連女性局長、総務大臣政務官
所属政党 自由民主党
称号 看護師
保健師
養護教諭二種
親族 父・木村勉(衆議院議員)
妹・高橋恵海(元江東区議会議員)
公式サイト 木村弥生 公式サイト

選挙区比例北関東ブロック→)
比例近畿ブロック京都3区
当選回数 2回
在任期間 2014年12月14日 - 現職
テンプレートを表示

来歴編集

東京都江東区出身。東邦大学付属東邦高等学校を経て、1988年にフェリス女学院大学文学部国文学科卒業後、学生時代の交際相手と結婚し、専業主婦になる。25歳で出産し、長男が高校入学後に離婚した[2]

1999年から父、木村勉衆議院議員の公設秘書を務めた。やがて、これから看護の時代が来ると考えて看護師を志すようになり、派遣社員を経て、2004年に38歳で慶應義塾大学看護医療学部2年次編入。2007年同卒業。看護師免許を取得し、慶應義塾大学病院婦人科に入職。その後、2008年に、大学時代の恩師が会長を務めていた日本看護協会に入り広報部で取材活動に従事。同年から会長付政策秘書、2013年から広報部課長、2014年から政策秘書室長を務めた[3][4][5][6]

2014年12月14日第47回衆議院議員総選挙において比例北関東ブロック・自民党名簿第34位で出馬し初当選。自由民主党待機児童問題等緊急対策特命チーム座長に就任[7]

2016年4月22日、自由民主党京都府支部連合会の公募により、次期衆議院議員選挙での京都3区候補者に内定[8]

2017年10月22日第48回衆議院議員総選挙において、京都3区及び比例近畿ブロックに重複立候補。希望の党泉健太に敗れるも比例復活で再選(惜敗率89.717%)[9]

2019年9月13日第4次安倍第2次改造内閣総務大臣政務官情報通信放送行政郵政行政郵政民営化などの担当[10])に就任。

政策編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集