メインメニューを開く

地理・歴史編集

地名の由来は山丘の先端に基づく(風土記稿)ほか、京都の山崎を擬えたものとされる。初見は義堂周信の『空華日用工夫略集』で、貞治6年(1367年)の「密かに山崎に匿る」である。鎌倉公方足利基氏万寿寺住持就任を謝絶し山崎に隠棲した。応安7年(1374年)11月23日に円覚寺大火のため、長老大法大闡が「山崎宝積寺」に移っている。この宝積寺は京都の宝積寺を模して創建されたという(現在は廃寺)。康正3年(1457年)2月の「今川範忠禁制」に「相州山崎村」の記述がある。明応3年(1494年)4月19日の「玉井院檀那本銭返売券」において「山崎泉蔵坊」は熊野詣の先達職を持つ坊であったことが記されている。永正17年(1520年)3月25日の資料でも「鎌倉山崎泉蔵坊 祐秀」と記録され、江戸時代に続く熊野信仰の拠点となっていた。

後北条氏の時代には東郡に属したが江戸時代には鎌倉郡に属し、正保元年(1644年)の正保国絵図にも「山嵜村」と記録されている。江戸時代は幕府領であった。

皇国地誌によると明治12年(1879年)の戸数52、人口284人であった。明治22年(1889年)4月の町村制施行により、梶原上町屋手広寺分常盤笛田と合併して深沢村が誕生し大字となった。

昭和23年(1948年)1月、深沢村が鎌倉市と合併した際に鎌倉市の大字となる。昭和42年(1967年)2月、住居表示により山崎の一部が一丁目、二丁目となった。

世帯数と人口編集

2018年(平成30年)1月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

大字 世帯数 人口
山崎 2,382世帯 5,498人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6][7]

番地 小学校 中学校
1~28、 315~423 鎌倉市立玉縄小学校 鎌倉市立玉縄中学校
29~314、425~442
445~449、451~454
456、458~563
568~576、661~710
720~735、878~903
972
鎌倉市立富士塚小学校
795~802、840~855
877、904〜971
1467~1469、1478
1491-3〜4、1493~1495
1574-6~22、1574-28
鎌倉市立深沢中学校
424、443〜444
450、455、457
564~567、577~660
711~719、736~794
803~839、856~876
973~1466、1470~1472
1480~1490、1491-1〜2
1492、1499~1573
1574-1~5・23~27
1576~2824
鎌倉市立山崎小学校 鎌倉市立大船中学校

施設編集

行政施設編集

寺社・旧跡編集

関連項目編集

参考文献編集

  • 三浦勝男編 『鎌倉の地名由来辞典』 東京堂出版 2005

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 平成28年(2016年)版鎌倉の統計”. 鎌倉市. 2018年2月22日閲覧。
  2. ^ a b 鎌倉の人口と世帯数(地域・町丁・字別)”. 鎌倉市 (2018年1月26日). 2018年2月22日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年2月22日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年2月22日閲覧。
  5. ^ 鎌倉市の町名称及び住居表示の実施状況”. 鎌倉市 (2017年2月7日). 2018年2月22日閲覧。
  6. ^ 鎌倉市の市立小学校通学区域”. 鎌倉市. 2017年7月6日閲覧。
  7. ^ 鎌倉市の市立中学校通学区域”. 鎌倉市. 2017年7月6日閲覧。