岡本利之

岡本 利之(おかもと としゆき、1916年11月27日 - 1969年12月30日)は、鳥取県米子市出身のプロ野球選手高校野球社会人野球監督。右投右打で、ポジションは捕手内野手投手

岡本 利之
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鳥取県米子市
生年月日 1916年11月27日
没年月日 (1969-12-30) 1969年12月30日(満53歳没)
身長
体重
173 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手内野手投手
プロ入り 1939年
初出場 1939年
最終出場 1939年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴

目次

来歴・人物編集

現在のところ山陰高校球界最高成績となる甲子園準優勝に米子東高校を導いた名将。父は米子中学校野球部長を務めた岡本速水

米子中では4年次の1932年に、夏の甲子園に二塁手として出場した(初戦で石川師範に敗れる)。翌1933年は主将・主戦として活躍したが、山陰大会1回戦で敗れ、甲子園出場を逃した。 卒業後は関西大学に進学し、野球部で好打、堅守の内野手として名を馳せた。1939年には職業野球ライオン軍に入団。弱小チームでユーティリティープレイヤーとして捕手をはじめ、さまざまなポジションをこなした。1年プレー後応召した。

戦後、戦争で痛めた左足が完治しないまま、米子中で後輩の指導にあたっていたが、1947年、創部間もない境中学校野球部後援会幹部の強い要請を受け、同校の監督に就くと、3年間で2度、夏の甲子園地区予選決勝まで駒を進めるなど、同校の礎を築いた。 1950年には母校・米子東監督を務め、夏の甲子園でベスト8に導く。その後請われてノンプロの野球部があった米子鉄道管理局(現・JR西日本米子支社)に就職し、采配を振った。

1958年夏の大会後、大橋棣木下勇、浜田圭司(のち鳥取県高野連審判委員長)の後を受け、米子東監督に復帰。1960年選抜に出場すると、宮本洋二郎の力投などで山陰勢初となる決勝進出を果たし、高松商山口富士雄にサヨナラ本塁打を浴びて敗れたものの、見事準優勝に輝いた。同年にも出場を果たすと、活躍が認められ秋の熊本国体にも出場し、再び準優勝。1961年にも選抜に出場、再び高松商の前に屈したが、ベスト4に導いている。その後1965年選抜66年選抜にも出場、66年には高知に勝利し「打倒・四国勢」の念願を果たすベスト8進出。その後1968年夏の大会限りで監督を勇退した。

1969年、胃の不調を訴え入院。「もう一度米子東のプレーを見たい」という願いを叶えられないまま、53歳の若さで亡くなった。

米子東高野球部逍遥歌の作詞も手がけている。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1939 ライオン 10 6 3 0 0 2 6 -- -- .250 229 48.2 54 1 30 -- 0 23 0 0 35 27 4.96 1.73
通算:1年 10 6 3 0 0 2 6 -- -- .250 229 48.2 54 1 30 -- 0 23 0 0 35 27 4.96 1.73

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1939 ライオン 75 289 247 19 50 4 2 0 58 28 6 -- 2 4 35 -- 1 20 -- .202 .304 .235 .539
通算:1年 75 289 247 19 50 4 2 0 58 28 6 -- 2 4 35 -- 1 20 -- .202 .304 .235 .539

背番号編集

  • 3 (1939年)

高校野球監督としての全国大会成績編集

  • 通算成績8勝5敗
年度 出場回数 全国大会成績 対戦校 備考
1960年(第32回選抜 25年ぶり2回目 準優勝 2-1 大宮(埼玉)
4-2 松阪商(三重)
2-0 秋田商(秋田)
1-2 高松商(香川)
米子東投手は宮本洋二郎
現在のところ、山陰勢唯一の決勝進出である。
1960年(第42回選手権 4年ぶり9回目 2回戦敗退 8-0 盈進商(広島)
5-12 徳島商(徳島)
米子東(米子中時代含む)2度目の春夏連続出場
1961年 (第33回選抜 2年連続3回目 ベスト4 2-1 掛川西(静岡)
2-1 敦賀(福井) 延長16回
1-4 高松商(香川)
敦賀戦で矢滝伸高投手が23奪三振の大会記録(延長16回参考)
1965年(第37回選抜 4年ぶり4回目 2回戦敗退 0-4 高松商(香川県) 高松商に3度目の苦杯を喫する。
1966年(第38回選抜 2年連続5回目 ベスト8 6-1 富士宮北(静岡)
2-0 高知(高知)
2-11 中京商(愛知)

エピソード編集

  • グラウンドでは常に厳しく、木下勇監督とは対照的なスパルタ式で選手を鍛え上げた。個人ノックの嵐に、選手たちは「次に自分が指名されたらと思うと寒気がした」と振り返るほどであった。しかしグラウンド外では選手をすき焼きに誘うなど、意思疎通を大事にした。
  • 相手ベンチのサインを見てスクイズを外すなど、優れた勝負勘をもっていた。「実力と品位の野球」をめざして鍛えた米東野球は、"さわやか野球"と絶賛された。
  • 試合においては「審判のどんな判定にも潔く従う」を信条としていた。しかし、生涯最後の試合となる1968年夏の鳥取西戦で、同点で迎えた試合終盤の鳥取西走者の生還を認めたクロスプレーの判定に対し、米子東捕手のタッチが早いと見て取った岡本は、判定に対して猛抗議を行った。判定は覆ることなく、結局これが決勝点となって米子東は敗れた。岡本は死の床でも「たった一球の判定で選手の一生が変わることもある。審判の判定はそれだけ重いんだ」と、この時の判定を気にしていたという[1]

参考文献編集

  • 「鳥取県立米子東高等学校野球部史(一)」(鳥取県立米子東高等学校野球部史編纂委員会、1994年)

編集

  1. ^ 1983年7月の朝日新聞鳥取版「熱球の記憶・信条に背く時」より

関連項目編集