メインメニューを開く

関西大学野球部

関西大学体育会野球部から転送)

関西大学野球部(かんさいだいがくやきゅうぶ)は、関西学生野球連盟に所属する大学野球チーム。関西大学の学生によって構成されている。

ユニフォームの表記は、2010年度まで「KWANSAI」(大学の正式な英語表記はKansai University)であったが、2011年度からは「KANSAI」と記されることになった(同年1月17日に、同学とミズノとの間で連携協定が締結されたことで、新しいユニフォームが供給されるようになったため)。また野球帽には「K」の1文字が取り付けられている。

目次

創部編集

1915年(大正4年)。

歴史編集

1923年(大正12年)に同志社関学高等部と3校リーグ戦を結成。1929年(昭和4年)には同志社、京大と関西3大学野球連盟を開始する。1931年(昭和6年)、旧関西六大学リーグに発足より参加。西村幸生の入部をきっかけにチームは黄金期を迎え、1932年(昭和7年)には東京六大学の強豪たちを破り大学日本一の座につくなど早くも全国に名を轟かせた。連盟を一時的に脱退していた1934年を挟んで野球部は8連覇を達成。旧関西六大学リーグ時代には8度の春秋連続優勝をはじめ22回の優勝を果たすなど、まさに関西六大学の盟主といえるような存在だった。

1956年(昭和31年)、エース村山実上田利治とのバッテリーで全試合完投、難波昭二郎の活躍もあり、第5回全日本大学野球選手権大会にて東京六大学以外の大学としては初の優勝を果たす。1963年(昭和38年)、秋リーグで優勝するもののエース西川克弘広島カープと秘密裏に契約していた「西川事件」が発覚し、西川はアマチュア資格剥奪、関大はリーグ優勝取り消し処分を下され、翌年の春季リーグ出場辞退に追い込まれる。これがきっかけとなり当時の野球部監督及び部長が辞任することとなった。

その後、高野連技術振興委員長や高校野球解説者としても活躍した達摩省一監督の時代に、再び関大野球部は黄金期を迎える。1969年(昭和44年)に達摩監督の誘いにより山口高志が入部してから、山口在学中の4年8季のうち7季で優勝を果たす。1972年(昭和47年)には第21回全日本大学野球選手権大会にて2度目の優勝、第3回明治神宮野球大会にて初優勝。この年は関西六大学リーグでの春秋連続優勝を含め、大学球界史上初となるグランドスラム(4冠)を達成した。第1回日米大学野球選手権大会日本代表には、達摩監督以下、山口高志、田中昭雄、山口円が参加した。

1982年(昭和57年)、関西学生野球連盟発足に参加。同年秋リーグでは京大の後塵を拝しての最下位に陥る。以後80年代は低迷期に入るが、1991年(平成3年)春リーグで19年ぶりの優勝、第40回全日本大学野球選手権準優勝。

2014年(平成26年)、第45回明治神宮野球大会に42年ぶりに出場。

関西学生野球連盟で2018年秋まで、旧リーグ時代から通算してリーグ優勝36回(近畿大学に次いでリーグ2位。旧リーグのみでは1位)を誇る。

本拠地編集

KAISERS BASEBALL FIELD(大阪府吹田市千里山東)

記録編集

主な出身者編集

不祥事編集

同部の部員が、振り込め詐欺に利用する架空口座を開設しようと別の大学生に依頼し、断られた腹癒せに現金を脅し取ろうとしたとして、2009年8月恐喝容疑で逮捕起訴された。さらに部員二人の証拠隠滅容疑もあり、当初は2週間の活動停止予定だったが、一ヶ月延期となった(産経新聞2013年8月3日より)。この事件の責任を取る形で、当時の野球部監督や顧問らが辞任した。

外部リンク編集