メインメニューを開く

岩井志麻子

日本の女性作家、タレント

岩井 志麻子(いわい しまこ、1964年12月5日 - )は、日本の作家タレントAV監督。身長160cm。血液型はA型。2009年6月よりホリプロ所属。『5時に夢中!』(東京MXテレビ)の木曜レギュラーコメンテーターを務める。自称・岡山の黒アワビ。

岩井 志麻子
(いわい しまこ)
ペンネーム 竹内志麻子
岡山桃子
誕生 竹内 志麻子
(1964-12-05) 1964年12月5日(54歳)
日本の旗 日本岡山県和気郡和気町
職業 小説家タレント
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1986年 -
ジャンル ホラー恋愛小説少女小説
代表作 『ぼっけえ、きょうてえ』(1999年)
主な受賞歴 日本ホラー小説大賞(1999年)
山本周五郎賞(2000年)
婦人公論文芸賞(2002年)
島清恋愛文学賞(2002年)
デビュー作 『夢みるうさぎとポリスボーイ』(1986年)
公式サイト 岩井志麻子オフィシャルサイト
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

目次

来歴編集

岡山県和気郡和気町生まれ。2歳下に誕生日が1日違いの妹がいる。岡山県立和気閑谷高等学校商業科卒業。

1982年、高校在学中に第3回小説ジュニア短編小説新人賞に佳作入選。1986年、少女小説『夢みるうさぎとポリスボーイ』で作家デビュー(この時は本名の竹内志麻子名義)。

1988年、岡山県にて最初の結婚。相手は熱心なファンだった、代々続く地元企業の社長。のちに娘と息子を出産。

1999年、岡山桃子名義で投稿した『ぼっけえ、きょうてえ』で第6回日本ホラー小説大賞を受賞。これを機に離婚し、単身上京する。離婚届提出時に「名義の書換が面倒くさい」という理由で旧姓に戻さず、岩井志麻子のままとなる。

2000年、『ぼっけえ、きょうてえ』で第13回山本周五郎賞を受賞。2002年、『岡山女』で第124回直木賞候補となる。同年には、『trái cây〔チャイ・コイ〕』で第2回婦人公論文芸賞、『自由戀愛』で第9回島清恋愛文学賞を受賞した。

2000年4月から「KSBスーパーJチャンネル」(瀬戸内海放送)の金曜コメンテーター(番組紹介ではレギュラーゲスト)を務めている。2005年秋季まで、『2時ワクッ!』(関西テレビ)に木曜レギュラーとして出演。

2005年4月から『5時に夢中』(東京MX)の木曜コメンテーターを中瀬ゆかりと務める。出演は2019年現在も続いており、レギュラー出演者中最長。

2007年春から、テレビ朝日系クイズバラエティ『すくいず!』「世界ビックリ映像クイズ」(土田晃之MC担当回)の解答者。同年11月に行われた早稲田祭の人物研究会の企画であった下ネタしばりの講演会に講師として出演した。

2008年3月27日の『5時に夢中!』放送中に、ソウルのカラオケボックスでボーイをしていた18歳年下の韓国人と再婚したことを発表した。同年3月に日本で、4月に韓国で婚姻届を提出。2010年12月にタイバンコクで挙式した。

人物編集

志麻子という名前の由来は、父親が岩下志麻のファンだったからとのこと。過去に竹内志麻子名義で執筆活動をしていたことについては「竹内志麻子時代のことに触れることは川島なお美の『お笑いマンガ道場』出演時代のことに触れるようなもの」と語っており、タブー扱いしている。なお、小説版『花より男子』は名義変更後も再版され、クレジットは旧名のままだが、経歴欄には現在の名義が明記されている。竹内志麻子名義での活動時に『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の45巻(1987年)の解説を書いたこともある。

集英社コバルト文庫レーベルでジュニア小説(今で言うライトノベル)を執筆していたが、全く売れず、ホラー小説を執筆したことでテレビにも出演できるようになったと発言をしている。その際に「少女よりも妖怪との波長の方が合っていた」「私の小説はライトノベルではなく、『ヘビーノベル』である」と語っている。数多くのホラー小説を執筆しているせいか、心霊現象や奇妙奇天烈な人物と遭遇することが多いが、本人は霊感がまったくないと著書の中で語っている。なお、自分の作風に最も影響を与えたのは楳図かずおの漫画『洗礼』だと発言している。

離婚後に上京する際、春彦(大藪春彦に由来)と名づけた愛用の散弾銃を携えており、現在でも東京都公安委員会の許可を得て所持している。

同年齢で親友である漫画家西原理恵子編集者中瀬ゆかりと共に「熟女キャッツアイ」を名乗り、トークショーなどの活動を行っている[1]

西原理恵子の漫画では、「しまん子ちゃん」というフェラ皺を描かれた姿でしばしば登場し、男性に無理やり襲い掛かるキャラクターとして描かれている。また、『5時に夢中!』を契機に交友が始まった徳光正行らとは、定期的に「オメ☆コボシ」というトークライブを行っている。

新潮45』連載の『どスケベ三都物語』(『美男の国へ』の題で単行本化)などでも私生活を暴露している。そのためか娘とは疎遠になっている。

また、各種の座談会、週刊誌の取材において日本と韓国の男性のセックステクの違いについて語り「韓国の男はみんなチンコが小さい」「韓国人男はセックスが下手」「日本人男性は芸術点が高い」「キムチやニンニクをたくさん食べているから、韓国人の男の精液は辛い」などといった発言をしている[2]

オナニーは幼稚園児のとき以来毎日欠かさず行っており、「SEXとは別腹」と公言している。

18歳年下の韓国人[3]夫の母親とは同い年である[4]

愛犬の名前は「竹島」で、携帯電話の着信音を君が代に設定しているとのこと[5]

本田医師と対談した後、内の壁を盛り上げることで、セックスの際の感度をより高めるG-Shotという施術を行った[6]

処女喪失はとある焼肉店の2階とのこと。

2019年令和元年)5月18日放送の「胸いっぱいサミット!」で、「韓国人は手首を切るブサイクのようなものだ」などと発言した[7]。これを受け同局は、配慮に欠ける面があったとして、同年5月22日付の放送で謝罪した[8]

出演番組編集

作品リスト編集

竹内志麻子名義(小説、ノベライズ)
  • 『夢みるうさぎとポリスボーイ』集英社文庫コバルト、1986年
  • 『そこで、そのまま恋をして』同、1987年
  • 『青い月の恋人たち』同、1988年
  • 『人魚たちの子守唄』同、1988年
  • 『どんな恋にも美人なあたし』同、1989年
  • 『ひと夏の迷い子たち』同、1990年
  • 『制服のマリア』集英社コバルト文庫、1992年
  • 『花より男子』神尾葉子原作(全15巻)集英社コバルト文庫、1994年-2005年
  • 『パッションガールズ スーパーギャルズの純愛バトル』藤井みほな原作、集英社コバルト文庫、1995年
竹内志麻子名義(エッセイ集)
岩井志麻子名義(小説)
  • 『ぼっけえ、きょうてえ』角川書店、1999年 角川ホラー文庫
  • 『岡山女』角川書店、2000年 角川ホラー文庫
  • 『夜啼きの森』角川書店、2001年 角川ホラー文庫
  • 『邪悪な花鳥風月』集英社、2001年 のち文庫
  • 『魔羅節』新潮社、2002年 のち文庫
  • 『自由戀愛』中央公論新社、2002年 のち文庫
  • 『がふいしんぢゆう』角川書店、2002 年「合意情死」角川ホラー文庫
  • 『trái cây(チャイ・コイ)』中央公論新社、2002年 のち文庫
  • 『黒焦げ美人』文藝春秋、2002年 のち文庫
  • 『楽園(ラック・ヴィエ)』角川ホラー文庫、2003年
  • 『女學校』マガジンハウス、2003年 のち中公文庫
  • 『悦びの流刑地』集英社、2003年 のち文庫
  • 『薄暗い花園』双葉社、2003年 のち文庫
  • 『痴情小説』新潮社、2003年 のち文庫
  • 『淫らな罰』光文社 2004年 のち文庫
  • 『私小説』講談社 2004年 のち文庫
  • 『永遠の朝の暗闇』中央公論新社 2004年 のち文庫
  • 『花月夜綺譚』ホーム社 2004年 のち集英社文庫
  • 『出口のない楽園』メディアファクトリー 2004年 のち文庫
  • 『偽偽満州』集英社 2004年 のち文庫
  • 『恋愛詐欺師』文藝春秋 2004年 のち文庫
  • 『死後結婚』徳間書店 2005年 のち文庫
  • 『楽園に酷似した男』朝日新聞社 2005年 のち新潮文庫
  • 『瞽女の啼く家』集英社 2005年 のち文庫
  • 『べっぴんぢごく』新潮社、2006年 のち文庫
  • 『無傷の愛』双葉社 2006年 のち文庫
  • 『黒い朝、白い夜』講談社 2006年
  • 『タルドンネ』講談社 2006年
  • 『オトコ・ウォーズ』マガジンハウス 2006年
  • 『匿われている深い夢』講談社 2007年
  • 『十七歳』徳間書店 2007年 のち文庫
  • 『嫌な女を語る素敵な言葉』祥伝社文庫 2007年
  • 『派手な砂漠と地味な宮殿』祥伝社、2007年
  • 『永遠とか純愛とか絶対とか』光文社 2007年 のち文庫
  • 『鐵道心中』双葉社 2008年
  • 『現代百物語』角川ホラー文庫、2009年
  • 『五月の独房にて』小学館 2009年
  • 『夜の万華鏡』中公文庫、2009年
  • 『堕ちてゆく』徳間書店、2009年
  • 『雨月物語』光文社 2009年 のち文庫
  • 『月夜に鴉が啼けば』幻冬舎文庫 2009年
  • 『死相鳥(しそちょう)とキッチンガーデン』光文社文庫 2010年
  • 『嘘つき王国の豚姫』河出書房新社、2010年
  • 『現代百物語 嘘実』角川ホラー文庫、2010年
  • 『湯女の櫛 備前風呂屋怪談』角川ホラー文庫 2011年
  • 『現代百物語 生霊』角川ホラー文庫 2011年
  • 『現代百物語 悪夢』角川ホラー文庫 2012年
  • 『韓流不貞女』宝島社文庫 2012年
  • 『あの女』MF文庫ダ・ヴィンチ 2012年
  • 『マカリーポン』河出書房新社 2012年
  • 『妖し語り 備前風呂屋怪談』角川ホラー文庫 2012年
  • 『現代百物語 殺意』角川ホラー文庫 2013年
  • 『現代百物語 彼岸』角川ホラー文庫 2014年
  • 『おんなのしろいあし』寺門孝之絵 岩崎書店 怪談えほん 2014年
  • 『現代百物語 妄執』角川ホラー文庫 2015年
  • 『現代百物語 因果』角川ホラー文庫 2016年
  • 小説 エコエコアザラク』原作:古賀新一誠文堂新光社(APeS Novels)、2019年
岩井志麻子名義(エッセイ集、対談集)
  • 『東京のオカヤマ人』講談社、2001年 文庫
  • 『猥談 対談集』朝日新聞社、2002年 のち文庫
  • 『志麻子のしびれフグ日記』光文社、2003年 「歌舞伎町怪談」文庫
  • 『ぼっけえ恋愛道』太田出版、2003年
  • 『最後のY談』中村うさぎ森奈津子鼎談 二見書房 2003年
  • 爆笑問題の「文学のススメ」』新潮社 2003年
  • 『女神の欲望』中村うさぎ 乙葉 メディアファクトリー 2004年
  • 『嫌な女を語る素敵な言葉』祥伝社 2005年 文庫
  • 『美男の国へ』新潮社 2007年
  • 『熟女の友』マガジンハウス 2007年
  • 『ハメルンの笛吹き女』中公文庫 2008年
  • 『欲に咲く女、欲に枯れる女』イースト・プレス 2008年
  • 『オバサンだってセックスしたい』ベスト新書 2010年
  • 『熟女 (オバサン) の品格』2011年 ベスト新書
  • 『無名都市への扉』図子慧宮澤伊織共著 創土社 2014年 クトゥルー・ミュトス・ファイルズ
  • 『「魔性の女」に美女はいない』小学館新書 2015年
  • 『女之怪談 実話系ホラーアンソロジー』花房観音川奈まり子共著 ハルキ・ホラー文庫 2015年

映像作品編集

出演編集

映画編集

  • シベリア超特急2』(2000年) - 満州から引き上げてきた女の役で女優デビュー。岩井はこの映画に多大な衝撃を受け、「私の人生は『シベ超(を見る)前』と『シベ超後』に分けられる」と発言。
  • インプリント〜ぼっけえ、きょうてえ〜』(2006年) - 『ぼっけえ、きょうてえ』を米ケーブルTV向けにアレンジした、日本でも劇場公開された作品。岩井は女郎を拷問する役で出演している。
  • 大怪獣モノ』(2016年)
  • 『シャノワールの復讐』(2018年、監督:河崎実)[11] - 仁科専務 役

ミュージックビデオ編集

連載雑誌編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 西原理恵子、岩井志麻子ら“熟女キャッツアイ”がジュリア・ロバーツに対抗心
  2. ^ 例えば、「媚薬イベント」で岩井志麻子が暴走エロトーク!など
  3. ^ 岩井志麻子、新しい彼氏も韓国人 夫の失踪説は「大げさ」”. シネマトゥデイ (2014年11月14日). 2015年7月15日閲覧。
  4. ^ TVでた蔵 2013年11月26日放送 解決!ナイナイアンサー”. ワイヤーアクション (2013年11月26日). 2015年7月15日閲覧。
  5. ^ 伊勢崎馨 (2015年1月1日). “安倍首相のちんこちっちゃい! 岩井志麻子が韓国人の愛人相手に衝撃発言!”. exciteニュース. 2015年7月15日閲覧。
  6. ^ 週刊女性5月28日号(2013年)
  7. ^ 関西テレビ 「ヘイト発言」放送 民族差別・女性蔑視編集せず 毎日新聞 2019年6月18日
  8. ^ 関西テレビ、岩井志麻子氏の「ヘイト発言」放送、番組で謝罪「真摯に反省」 毎日新聞 2019年6月22日
  9. ^ 岩井志麻子氏が“AV監督”として大奮闘 東スポWeb
  10. ^ ひかりTV 4K オリジナルドラマ 伝染る物語 ~KADOKAWA 怪談実話~”. ひかりTV. 2017年1月14日閲覧。
  11. ^ “ハリケンジャー塩谷瞬&ゴーゴーファイブ原田篤も出演! 河崎実監督『シャノワールの復讐』完成” (日本語). マイナビニュース. https://news.mynavi.jp/article/20180925-697559/ 2018年11月11日閲覧。 
  12. ^ “こじはるラストシングルMV解禁 まさかのプロレスに「最後だしいいかな”. 東スポWEB (東京スポーツ新聞社). (2017年2月20日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/653721/ 2017年2月20日閲覧。 

外部リンク編集