平間隼人

日本のプロ野球選手

平間 隼人(ひらま はやと、1996年12月16日 - )は、徳島県海部郡牟岐町出身のプロ野球選手内野手)、野球指導者。右投左打。九州アジアリーグ北九州下関フェニックス所属。

平間 隼人
北九州下関フェニックス  選手兼任野手コーチ #0
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 徳島県海部郡牟岐町
生年月日 (1996-12-16) 1996年12月16日(27歳)
身長
体重
173 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り NPB / 2019年 育成選手ドラフト1位
初出場 NPB / 2021年6月22日
最終出場 NPB / 同上
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
指導者歴
  • 北九州下関フェニックス (2024 - )

来歴 編集

プロ入り前 編集

「牟岐若潮クラブ」で軟式野球を始め、牟岐町立牟岐中学校では軟式野球部でエースを務めた[1]

高校はスポーツ科学科のある鳴門渦潮高に進学し、寮生活を送った[1]。3年生のとき春季四国大会の決勝まで進むが、のちに徳島でチームメイトとなる岸潤一郎がエースを務めていた明徳義塾高に僅差で敗退した[2]。夏には主将を務め、徳島大会決勝に進出したが、河野竜生擁する鳴門高に敗れ、準優勝で高校生活を終えた[3]

IL・徳島時代 編集

地元からプロ野球を目指したいという理由で、高校卒業後に四国アイランドリーグplus徳島インディゴソックスに入団した[2]

初年度の2015年は木製バットに馴染むのに時間がかかり、森友哉(当時埼玉西武ライオンズ)を参考に打撃フォームを修正した結果、最終的には規定打席未達ながら打率3割を記録するとともに、シーズン後にはみやざきフェニックスリーグのリーグ選抜に、最年少でメンバー入りを果たした[4]

2016年は、リーグが実施した北米独立リーグのカナディアン・アメリカン・リーグとの交流戦遠征の選抜チームメンバーに選ばれた[5]。この遠征では打率.328と、好成績を収めた[6]

2017年は当初新入団選手にポジションを奪われ、先発出場の機会が激減[6]。それでも、後期には再び遊撃手のポジションを手にした[6]。しかし、シーズン終了後に家庭の事情もあって退団・引退し、一般企業に就職して電気工事士となった[6][7][8]

就職先で軟式野球をプレーしていたが、野球への思いが募ってNPB入りを目指すことを決意し、2018年8月に徳島に再入団した[9][10]。2018年後期は22試合に出場し、打率.269という成績だった[1]

2019年シーズンは再度の北米遠征メンバーとなるとともに[2]、43盗塁を記録して最多盗塁のタイトルを獲得した[11]

同年10月17日、プロ野球ドラフト会議にて読売ジャイアンツから育成ドラフト1位指名を受け[12]、11月19日、支度金240万円、年俸200万円(いずれも推定)で育成選手として入団契約に合意した[13]。背番号は002

巨人時代 編集

2020年は、入団後の最初の春季キャンプでは、育成選手にもかかわらず一軍キャンプメンバーに抜擢された[14]。しかし、序盤にインフルエンザに罹患し、離脱した[15][16]。シーズンが始まってからは三軍戦出場が主となり、チーム最多の44試合に出場。打率.320を記録した[17]。一方、二軍公式戦には9試合に出場したが、1本も安打を打てなかった[18]

2021年は、3・4月の二軍公式戦で25試合に出場し、打率.387、出塁率.506を記録、ファーム月間MVPを獲得[19][16]。その後も好調を維持し、二軍公式戦51試合に出場で打率.321、2本塁打、出塁率.438を記録した[3][20][21]。6月15日からは育成選手ながら一軍全体練習に参加すると[16]、監督の原辰徳からも高評価を受け[3][22]、17日、支配下選手登録された[20][21]。背番号は93。翌18日に初めて一軍登録されたが、代走で1試合に起用されたのみで、同24日に登録を抹消された[23]。その後は一軍に昇格することなく、11月15日に育成契約への移行を前提として自由契約とすることを通告された[24]。12月9日、40万円増となる推定年俸460万円で育成選手として再契約した[25]。背番号は093に変更された[26]

2022年は、イースタン・リーグ72試合に出場して打率.209、3本塁打に終わり[27]、この年は支配下登録されることはなかった。リーグ戦終了後はみやざきフェニックス・リーグにも参加していたが、その途中の10月28日に翌年の契約を結ばないことを通告された[28]。その後、11月8日の12球団合同トライアウトに参加。3打席で2三振、投手ゴロの結果だった[29]

KAL・北九州時代 編集

2022年12月26日、九州アジアリーグ・福岡北九州フェニックス(2023年2月より北九州下関フェニックスに球団名変更)へ入団することで合意したと発表された[30]。同リーグでは、打率、本塁打、打点、安打、得点、出塁率のいずれの部門でも上位に名前を連ねる好調ぶりを見せている[31]。最終的には公式記録賞の対象となる部門ではリーグトップになれなかったものの、得点や長打率、OPSはリーグトップで、この年から初めて表彰が始まったリーグのベストナインに二塁手として選出された[32]

2024年2月16日、今シーズンから選手兼任で野手コーチに就任することが発表された[33]

選手としての特徴 編集

高い身体能力を誇り[3]、50メートル走で5秒9を記録[34]。守備範囲が広く[3]、内・外野全ポジションを守れるユーティリティープレイヤー[35]。巨人監督の原辰徳は、平間の守備について「非常に良い」と高評価している[36]。小柄な体格ながら、打撃ではパンチ力を秘める[3]

平間は自身の打撃、守備、走塁について「キレキレ」と表現している[21]

人物 編集

徳島県出身、四国IL・徳島から巨人に育成指名、プロ入り前に一時は野球を離れて社会人経験があるといった共通項の多い、巨人時代のチームメイトの増田大輝とは公私ともに仲が良い。2020年のシーズンオフには合同で自主トレーニングを行っている[37]

大の自動車好き。夢は日産自動車GT-Rを購入することであり、徳島時代は自身のグラブに「GT-R」と刺繍を入れていた[34]。巨人時代、チームメイトの重信慎之介によるYouTubeチャンネル「しげガレージ / SHIGE GARAGE」の2022年8月8日公開動画に出演し、愛車のトヨタ・86を紹介している[38]

走攻守三拍子揃っていることから、憧れの選手に源田壮亮を挙げる[3]

詳細情報 編集

年度別打撃成績 編集

















































O
P
S
2021 巨人 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
通算:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
  • 2022年度シーズン終了時

表彰 編集

記録 編集

NPB 編集

初記録

国内独立リーグでの打撃成績 編集

以下の数値は四国アイランドリーグplusウェブサイト掲載の各シーズン選手成績、および2019年度以降はリンクされている「一球速報」による[39][40][41]









































2015 徳島 .313 33 93 80 7 25 5 1 0 9 13 4 1 7 0 4 .400 .353
2016 .245 65 282 245 43 60 7 4 0 16 41 22 5 10 0 17 .306 .319
2017 .251 58 203 167 20 42 2 1 2 21 31 23 4 9 0 9 .311 .355
2018 .269 22 76 67 6 18 1 0 0 3 14 6 0 3 0 2 .283 .328
2019 .276 69 270 228 31 63 4 5 2 27 30 33 3 5 1 43 .364 .374
2023 北九州 .350 77 339 283 79 99 14 10 7 47 28 44 6 2 4 37 .544 .442
四国IL:5年 .264 247 924 787 107 208 19 11 4 76 129 88 13 34 1 75 .332 .348
KAL:1年 .350 77 339 283 79 99 14 10 7 47 28 44 6 2 4 37 .544 .442
  • 2023年シーズン終了時点。
  • 各年度の太字はリーグ最高。

海外独立リーグでの打撃成績 編集

















































O
P
S
2016 四国ILp選抜 19 72 63 6 20 4 0 0 24 14 4 3 5 0 2 0 2 15 - .317 .358 .381 .739
2019 20 77 66 8 21 2 1 0 25 9 10 4 1 0 8 0 2 15 - .318 .408 .379 .787
Can-Am:2年 39 149 129 14 41 6 1 0 49 23 14 7 6 0 10 0 4 30 - .318 .385 .380 .764

背番号 編集

  • 3(2015年 - 2017年)
  • 0(2018年 - 2019年、2023年 - )
  • 002(2020年 - 2021年6月16日)
  • 93(2021年6月17日 - 同年終了)
  • 093(2022年)

脚注 編集

  1. ^ a b c “巨人・増田大輝の背中追う徳島県産「全力系」二塁手 平間隼人(徳島インディゴソックス)【時は来た!ドラフト指名を待つ男たち 独立リーグ編】”. BASEBALL GATE. (2019年10月8日). https://baseballgate.jp/p/777400/ 2020年11月10日閲覧。 
  2. ^ a b c “インタビュー第1062回 岸潤一郎×平間隼人(徳島インディゴソックス) 同級生対談「一緒に優勝して、ドラフトを楽しみたい」”. 高校野球ドットコム. (2019年10月15日). https://www.hb-nippon.com/interview/1935-intvw2019/7807-20191014no1062 2020年5月13日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g “【巨人】平間隼人が支配下登録へ!阪神猛追の秘密兵器「小ハヤト」パンチ力も”. スポーツ報知. (2021年6月16日). https://hochi.news/articles/20210615-OHT1T51152.html?page=1 2021年6月17日閲覧。 
  4. ^ 高田博史 (2015年10月12日). “徳島・平間 西武・森を参考に強く振る”. デイリースポーツ. https://www.daily.co.jp/baseball/shikoku/2015/10/12/0008475238.shtml 2020年5月13日閲覧。 
  5. ^ 2016年度 四国アイランドリーグplus 北米遠征 「概要及び代表メンバーの決定」並びに「記者会見開催」のお知らせ”. 四国アイランドリーグplusニュースリリース (2016年5月19日). 2021年3月28日閲覧。
  6. ^ a b c d 高田博史 (2018年1月15日). “徳島・平間、思い出は北米遠征…進学より価値があった3年間”. デイリースポーツ. https://www.daily.co.jp/baseball/shikoku/2018/01/15/0010899909.shtml 2020年5月13日閲覧。 
  7. ^ 徳島IS 退団選手のお知らせ”. 四国アイランドリーグplusニュースリリース (2017年11月14日). 2021年3月28日閲覧。
  8. ^ “甲子園のスター、国立大出身や海外留学経験者など 2019年ドラフトでプロ入りを果たした異端な野球人たち”. 高校野球ドットコム. (2020年5月9日). https://www.hb-nippon.com/news/36-hb-bsinfo/41487-bsinfo20200508014 2020年9月1日閲覧。 
  9. ^ 徳島IS 新入団選手のお知らせ”. 四国アイランドリーグplusニュースリリース (2018年8月12日). 2021年3月28日閲覧。
  10. ^ “インディゴソックス、昨季までプレーの平間(鳴門渦潮髙出)が復帰”. 徳島新聞. (2018年8月13日). https://www.topics.or.jp/articles/-/85956 2020年5月13日閲覧。 
  11. ^ 四国アイランドリーグplus2019個人タイトル確定”. 四国アイランドリーグplusニュースリリース (2019年9月13日). 2021年3月28日閲覧。
  12. ^ ILから4人の選手がドラフト指名を受けました!”. 四国アイランドリーグplusニュースリリース (2019年10月17日). 2021年3月28日閲覧。
  13. ^ “日本独立リーグwatch 徳島・平間隼人、巨人と仮契約/四国ILリポート”. 週刊ベースボールONLINE. (2019年12月9日). https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=024-20191209-02 2020年5月13日閲覧。 
  14. ^ “巨人・平間 隼人が「育成1年目・一軍キャンプ大抜擢」された理由”. 高校野球ドットコム. (2020年1月21日). https://www.hb-nippon.com/news/36-hb-bsinfo/40054-bsinfo20200120002 2020年5月13日閲覧。 
  15. ^ “坂本が沢村が…巨人インフル禍 育成D1位・平間も”. サンスポ. (2020年2月8日). https://www.sanspo.com/article/20200208-DNC4MR5CCNN5JAXBD3IW2XCRVM/ 2021年6月17日閲覧。 
  16. ^ a b c “【巨人】梶谷隆幸が丸佳浩が1軍に帰ってくる!2軍で絶好調・育成の平間隼人も”. スポーツ報知. (2021年6月15日). https://hochi.news/articles/20210614-OHT1T51170.html?page=1 2021年6月17日閲覧。 
  17. ^ 三軍打撃成績”. 読売巨人軍公式サイト (2020年10月31日). 2020年11月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月10日閲覧。
  18. ^ 2020年度 読売ジャイアンツ 個人打撃成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2020年11月10日閲覧。
  19. ^ a b 巨人育成・平間がファーム月間MVP 打撃好調で「今年が勝負だと思っている」”. スポーツニッポン. スポニチアネックス (2021年5月13日). 2021年5月13日閲覧。
  20. ^ a b “巨人平間、背番93で支配下契約「キレキレな打撃、守備、走塁をアピール」”. 日刊スポーツ. (2021年6月17日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202106170000515.html 2021年6月17日閲覧。 
  21. ^ a b c “【巨人】平間隼人の支配下登録を正式発表 背番号93…持ち味は「キレキレ」”. スポーツ報知. (2021年6月17日). https://hochi.news/articles/20210617-OHT1T51101.html?page=1 2021年6月17日閲覧。 
  22. ^ “巨人育成平間隼人の支配下登録が内定「守備も非常にいい」原監督高評価”. 日刊スポーツ. (2021年6月16日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202106150000569.html 2021年6月17日閲覧。 
  23. ^ “広島鈴木誠也、ロッテ佐々木朗希ら登録 成田翔ら抹消/24日公示”. 日刊スポーツ. (2021年6月24日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202106240000599.html 2021年6月30日閲覧。 
  24. ^ 巨人田中豊樹、鍬原拓也、ウレーニャら12選手が自由契約、育成で再契約方針”. 日刊スポーツ (2021年11月15日). 2021年12月5日閲覧。
  25. ^ 【巨人】平間隼人、40万円増の460万円でサイン 来季は再び育成選手”. スポーツ報知 (2021年12月9日). 2021年12月27日閲覧。
  26. ^ 巨人 支配下5選手の背番号変更を発表 レギュラー定着へ吉川尚輝が2、松原聖弥は9”. デイリースポーツ (2021年12月27日). 2021年12月27日閲覧。
  27. ^ 2022年度 読売ジャイアンツ 個人打撃成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2022年12月26日閲覧。
  28. ^ “【巨人】育成の与那原大剛、沼田翔平、平間隼人と来季契約結ばず”. 日刊スポーツ. (2022年10月28日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202210280000693.html 2022年11月30日閲覧。 
  29. ^ “【トライアウト結果】前巨人・井納翔一は安打許す 前楽天・福井優也は三者凡退”. サンケイスポーツ. (2022年11月8日). https://www.sanspo.com/article/20221108-MH67M2LIC5BQPPYL6WDTPGQFQI/ 2022年11月30日閲覧。 
  30. ^ “元巨人・平間隼人、独立リーグ北九州の入団合意「元気でどこでも守れる」”. Full-Count. (2022年12月26日). https://full-count.jp/2022/12/26/post1321587/ 2022年12月26日閲覧。 
  31. ^ 田尻耕太郎「元巨人・平間に3冠王の可能性。NPB復帰への思いは?【独立・九州アジアリーグ】」『Yahoo!ニュース』、2023年9月13日。2023年9月19日閲覧。
  32. ^ 2023 ヤマエグループ九州アジアリーグ 個人賞”. 一般社団法人 九州アジアプロ野球機構 (2023年11月6日). 2023年11月7日閲覧。
  33. ^ 2024体制発表会のご報告 - 北九州下関フェニックス(2024年2月16日)2024年2月16日閲覧。
  34. ^ a b 巨人育成D1位・平間、キャンプ1軍大抜擢で夢の「GT-R」購入だ”. サンケイスポーツ (2020年1月22日). 2021年5月14日閲覧。
  35. ^ 【巨人】平間隼人の支配下登録を正式発表 背番号93…持ち味は「キレキレ」”. スポーツ報知 (2021年6月17日). 2021年6月17日閲覧。
  36. ^ 巨人の育成2年目・平間が一軍練習参加 原監督も評価「いい方向に行くのでは」”. 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社 (2021年6月15日). 2021年6月17日閲覧。
  37. ^ 小林圭太 (2021年1月31日). “【巨人】元とび職・増田大輝×元電気工・平間隼人「一緒の舞台でお互い高め合ってやっていきたい」…徳島出身苦労人対談”. スポーツ報知. https://hochi.news/articles/20210130-OHT1T50257.html?page=1 2021年3月23日閲覧。 
  38. ^ こじへい (2022年8月10日). “巨人・平間選手が愛車「ハチロク」をYouTubeで披露 球場では見られない選手の素顔”. リアルサウンド テック. https://realsound.jp/tech/2022/08/post-1098638.html 2022年10月25日閲覧。 
  39. ^ 記録”. 四国アイランドリーグplus. 2021年3月28日閲覧。
  40. ^ 個人打撃成績 徳島インディゴソックス”. 一球速報. 2020年5月14日閲覧。
  41. ^ 北九州下関フェニックス (福岡) 2023年度 - 一球速報.com

関連項目 編集

外部リンク 編集