メインメニューを開く

広島県立呉宮原高等学校(ひろしまけんりつくれみやはらこうとうがっこう, Hiroshima Prefectural Kure Miyahara High School)は、広島県呉市に所在する公立高等学校

広島県立呉宮原高等学校
Kure-Miyahara highschool.JPG
過去の名称 呉市中學校
廣島縣立呉第二中學校
広島県真畝高等学校
広島県呉宮原高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 広島県の旗 広島県
校訓 自主自律
設立年月日 1924年大正13年)
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 34124A
所在地 737-0024
広島県呉市宮原3-1-1
北緯34度14分8.62秒 東経132度33分46.2秒 / 北緯34.2357278度 東経132.562833度 / 34.2357278; 132.562833座標: 北緯34度14分8.62秒 東経132度33分46.2秒 / 北緯34.2357278度 東経132.562833度 / 34.2357278; 132.562833
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
広島県立呉宮原高等学校の位置(広島県内)
広島県立呉宮原高等学校

目次

設置学科編集

概要編集

歴史
1924年大正13年)に開校した「呉市立中学校」(旧制中学校)を前身とする。2009年平成21年)に創立85周年を迎えた。
教育方針
「国民としての正しい自覚をもち、平和で民主的な社会の発展に貢献する有為な人材を育成する」ことをめざす
  1. 自主性を高め、明朗闊達の気風を養う
  2. 個性を伸ばし、好学向上の態度を養う
  3. 社会性を培い、友愛連帯の精神を養う
校章
現在の校章は1949年昭和24年)5月に制定された。当時の在職教員によって図案化された。伸び行く若葉をモチーフとしており、中央に「高」の文字(旧字体)を置いている。
校歌
作詞は西本篤武、作曲は川原浩による。歌詞は2番まであり、校名の「宮原」は1番の途中に登場する。
同窓会

沿革編集

旧制中学校(男子校)時代
  • 1924年(大正13年)
    • 3月25日 - 「呉市立中学校」の設立が認可される。校長事務取扱に伊藤裕が任命される。
    • 4月18日 - 呉市今西通一丁目の元・海城中学校跡を仮校舎として授業を開始。
    • 5月2日 - 初代校長に清水芳徳が就任。
  • 1925年(大正14年)4月6日 - 仮校舎を二河町の呉高等小学校(現・呉市立呉中央中学校)に移転。
  • 1926年(大正15年)9月30日 - 呉市宮原通三丁目に新校舎が完成し移転。
  • 1929年昭和4年)4月1日 - 広島県への移管により、「広島県立呉第二中学校[1]」と改称。
  • 1937年(昭和12年)10月2日 - 校舎が半焼。
  • 1942年(昭和17年)3月4日 - 広島県立第二夜間中学(修業年限5ヶ年)を併置。(定時制課程の前身)
  • 1943年(昭和18年)7月27日 - 併置の夜間中学校が広島県立呉第五中学校と改称される。
  • 1945年(昭和20年)9月17日 - 水害により、正門南側の煉瓦塀が崩壊。
新制中学校
  • 1948年(昭和23年)5月3日 - 学制改革(六・三・三制の実施)により、呉第二中学校は廃止され、新制高等学校「広島県呉真畝[2]高等学校」が発足。
    • 同年3月時点で旧制中学校の3・4年であった生徒を、それぞれ新制高校1・2年生として編入。旧制中学校卒業生のうち希望者を新制高校3年生として編入。
    • また、暫定措置として新制中学校(以下・併設中学校)を設置し、同年3月時点で旧制中学校2年生の生徒を新制中学校3年生として収容。
  • 1949年(昭和24年)4月30日 - 高等学校再編により、学区制を導入し、総合制高等学校「広島県呉宮原高等学校」に改称。男女共学となる。
    • 全日制課程3学科(普通科・家庭科・商業科)と定時制課程1学科(普通科)を設置。
  • 1950年(昭和25年)12月24日 - 呉宮原高校同窓会を結成。
  • 1954年(昭和29年)4月1日 - 家庭科を生活科に変更。
  • 1957年(昭和32年)
  • 1959年(昭和34年)
    • 3月31日 - 商業科を廃止。
    • 11月6日 - 開学35周年・創立10周年を記念し、校舎を増築し完成。
    • 11月15日 - 同窓会が一本化し、「九嶺宮原同窓会」と改称。
  • 1961年(昭和36年)9月1日 - 広島県教育委員会規則第11号により学区を小学区制から中学区制に変更し、翌1962年(昭和37年)4月1日から実施することとなる。
  • 1962年(昭和37年)11月5日 - 生活科の募集を停止し、普通科の中に普通型家庭型を設置。
  • 1963年(昭和38年)
  • 1964年(昭和39年)10月31日 - 一号館(第一期工事)が完成。
  • 1968年(昭和43年)10月1日 - 「広島県立呉宮原高等学校」(現校名)に改称(県の後に「立」が加えられる)。
  • 1972年(昭和47年)4月 - 定時制課程の募集を停止。
  • 1975年(昭和50年)3月31日 - 定時制課程を廃止。
  • 1976年(昭和51年)3月 - 呉地区県立普通科高校3校(呉宮原・呉三津田)での総合選抜入試を開始。
  • 1977年(昭和52年)8月31日 - 四号館の1・2階(化学教室・物理教室)が完成。
  • 1987年(昭和62年)3月23日 - 部室が完成。
  • 1989年(平成元年)10月17日 - 新体育館が完成。
  • 1991年(平成3年)3月30日 - 生徒ホールが完成。
  • 1992年(平成4年)11月26日 - トレーニングルーム・部室・女子更衣室・体育準備室が完成。
  • 1998年(平成10年)4月 - 総合選抜制度が廃止され、単独選抜を開始。自由選択制(単位制)を導入。
  • 1999年(平成11年)8月20日 - 実習棟(五号館)が完成。
  • 2004年(平成16年)6月1日 - 全教室に空調設備に導入。
  • 2010年(平成22年)
    • 3月 - この時の入学生から自由選択制(単位制)を廃止。
    • 4月 - 六号館が完成。
  • 2012年(平成24年)
    • 1月 - 一号館の建て替え工事が開始。
    • 4月 - 3学年が完全に学年制となる。

部活動編集

  • 近年の野球部の代表的な活躍には平成18年度春季広島県大会では優勝を果たし、翌平成19年度春季広島県大会では準優勝という成績を挙げた。
  • 狭いグラウンドなど練習環境の克服や文武両道が評価され、第81回選抜高校野球大会では「21世紀枠」の中国地区候補に選ばれた。

著名な出身者編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 広島県立呉第一中学校は広島県立呉三津田高等学校の前身。
  2. ^ 読みは「まうね」。

関連項目編集

外部リンク編集