彭 程(ほう てい、中国語: 彭程 パン・チェン、中国語ラテン翻字: Cheng Peng チェン・ペン, 1997年4月23日 - )は、中国ハルビン出身の女性フィギュアスケート選手(ペア)。パートナーは金楊張昊など。

彭 程
Cheng Peng
Figure skating pictogram.svg
Peng Cheng and Jin Yang at the 2019 Four Continents Championships - Awarding ceremony.jpg
選手情報
生年月日 (1997-04-23) 1997年4月23日(23歳)
代表国 中華人民共和国の旗 中国
出生地 ハルビン
身長 160 cm [1]
体重 43 kg [2]
趣味 読書インターネット音楽
パートナー 金楊
元パートナー 張昊
Tianci Zhang
コーチ 趙宏博
関金林
Tianci Zhang
元コーチ Bing Han
姚濱
Yu Sun
Jia Qi
振付師 ローリー・ニコル
元振付師 デヴィッド・ウィルソン
Elvin Wong
所属クラブ ハルビンSC
週間練習時間 36
開始 2004
世界ランキング 2 (2019–20)
シーズンランク 1 (2019–20)
ISUサイト バイオグラフィ
ISU パーソナルベストスコア
合計スコア 216.90 2018 GPファイナル
ショート 75.69 2018 GPファイナル
フリー 141.21 2018 GPファイナル
 
獲得メダル
フィギュアスケート
四大陸選手権
2015 ソウル ペア
2019 アナハイム ペア
2020 ソウル ペア
ISUグランプリファイナル
2018 バンクーバー ペア
2019 トリノ ペア
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

2014年ソチオリンピック中国代表。

経歴編集

2012年、2006年トリノオリンピックの銀メダリストの張昊とのペアを結成した[3]。国内大会に出場した後、グランプリシリーズの中国杯で国際大会デビュー。4回転ツイストリフトを成功させたが、ミスが相次ぎ5位に終わった。2013年世界選手権でも4回転ツイスト・リフトを成功しており、世界選手権としては初の記録である。

2013-2014シーズン、中国杯ではSP、FSともにパーソナルベストを更新し、国際大会で初のメダルを獲得した。続くNHK杯では銀メダルを獲得。グランプリファイナルに進出し4位だった。ソチオリンピックでは8位、世界選手権では5位と共に入賞を果たした。

2014-2015シーズン、中国杯でグランプリシリーズ初優勝。グランプリファイナルでは2年連続で4位だった。四大陸選手権では銀メダルを獲得している。世界選手権では前年より1つ順位を上げて4位となった。

2015-2016シーズン、グランプリシリーズの成績は8位だったが隋文静/韓聰組の出場辞退により、グランプリファイナルへの出場が決まった。しかし張昊の背中の怪我も影響してか6位にとどまり、世界選手権にはテストスケートを経て代表が内定されたが[4]、前年の4位から大きく順位を下げ12位に終わった。

2016年4月26日、彭程/張昊組と于小雨/金楊組の間でペアを組み替えることが発表された。彭は張昊とのペアを解消し、金楊と新たなペアを組むことになった[5]

2016-2017シーズン、中国杯NHK杯で2位、グランプリファイナルでは6位だった。アジア冬季競技大会では同中国于小雨/張昊組に次いで銀メダルを獲得した。四大陸選手権では5位。その後、国別対抗戦ではペア競技で合計21点(2位)を獲得した。

主な戦績編集

  • 2016-17シーズン以降は金楊とのペア
  • 2015-16シーズンまでは張昊とのペア
大会/年 2012
-13
2013
-14
2014
-15
2015
-16
2016
-17
2017
-18
2018
-19
2019
-20
冬季オリンピック 8 17
世界選手権 11 5 4 12 9 4
四大陸選手権 5 2 5 3
世界国別対抗戦 3
中国選手権 1 1 2 1
GPファイナル 4 4 6 6 2 2
GP NHK杯 2 2 2
GPロステレコム杯 3
GP中国杯 5 3 1 2 2
GPフランス国際 4 4[6] 5
GPスケートカナダ 5 2
GPスケートアメリカ 3 1
CSアジアフィギュア杯 1
CSフィンランディア杯 1
CS USクラシック 3
アジア冬季大会 2

詳細編集

2019-2020 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2019年12月5日-8日 2019/2020 ISUグランプリファイナルトリノ 5
69.67
1
134.60
2
204.27
2019年11月8日-10日 ISUグランプリシリーズ 中国杯重慶 3
68.50
2
131.47
2
199.97
2019年10月18日-20日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカラスベガス 1
72.73
1
128.16
1
200.89
2019年9月17日-22日 ISUチャレンジャーシリーズ USクラシックソルトレイクシティ 3
67.90
3
116.14
3
184.04


2018-2019 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2019年3月20日-24日 2019年世界フィギュアスケート選手権さいたま 3
75.51
5
140.33
4
215.84
2019年2月5日-10日 2019年四大陸フィギュアスケート選手権アナハイム 3
69.48
3
135.94
3
205.42
2018年12月5日-9日 2018/2019 ISUグランプリファイナルバンクーバー 1
75.69
2
141.21
2
216.90
2018年11月9日-11日 ISUグランプリシリーズ 2018年NHK杯広島 2
70.66
2
136.58
2
207.24
2018年10月26日-28日 ISUグランプリシリーズ2018年スケートカナダラヴァル 2
72.00
4
129.08
2
201.08
2018年8月1日-5日 ISUチャレンジャーシリーズアジアフィギュア杯バンコク 1
71.54
1
134.88
1
206.42
2017-2018 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2018年3月21日-25日 2018年世界フィギュアスケート選手権ミラノ 6
71.98
10
130.09
9
202.07
2018年2月14日-15日 2018年平昌オリンピック平昌 17
62.61
- 17
2017年11月17日-19日 ISUグランプリシリーズフランス国際グルノーブル 5
62.40
5
125.74
5
188.14
2017年10月27日-29日 ISUグランプリシリーズスケートカナダレジャイナ 7
61.58
5
120.92
5
182.50
2017年10月6日-8日 ISUチャレンジャーシリーズフィンランディア杯エスポー 1
70.93
2
127.10
1
198.03
2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2017年4月20日-23日 2017年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 2
71.36
3
133.13
5
団体
(204.49)
2017年2月23日-25日 2017年アジア冬季競技大会札幌 2
67.24
2
129.82
2
197.06
2017年2月14日-19日 2017年四大陸フィギュアスケート選手権江陵 7
66.44
3
136.48
5
202.92
2016年12月24日-25日 全国花様滑冰錦標賽2016-2017吉林 1
74.78
1
136.69
1
211.47
2016年12月8日-11日 2016/2017 ISUグランプリファイナルマルセイユ 4
70.84
6
112.35
6
183.19
2016年11月25日-27日 ISUグランプリシリーズ NHK杯札幌 1
73.33
2
123.54
2
196.87
2016年11月18日-20日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 3
69.93
2
128.03
2
197.96
2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2016年3月26日-4月3日 2016年世界フィギュアスケート選手権ボストン 12
60.01
9
122.45
12
182.46
2015年12月9日-13日 2015/2016 ISUグランプリファイナルバルセロナ 7
65.60
6
117.44
6
183.04
2015年11月20日-22日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 3
68.10
3
124.94
3
193.04
2015年11月13日-15日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯ボルドー 4
64.10
中止 4
2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年3月23日-29日 2015年世界フィギュアスケート選手権上海 5
69.67
4
136.96
4
206.63
2015年2月9日-15日 2015年四大陸フィギュアスケート選手権ソウル 2
69.81
3
131.64
2
201.45
2014年12月11日-14日 2014/2015 ISUグランプリファイナルバルセロナ 5
62.46
3
129.33
4
191.79
2014年11月7日-9日 ISUグランプリシリーズ 中国杯上海 1
69.11
1
124.94
1
194.05
2014年10月24日-26日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカシカゴ 2
62.38
3
120.05
3
182.43
2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年3月24日-30日 2014年世界フィギュアスケート選手権さいたま 5
71.68
5
123.15
5
194.83
2014年2月6日-22日 ソチオリンピックソチ 7
70.59
8
125.13
8
195.72
2014年2月6日-22日 ソチオリンピック 団体戦(ソチ 3
71.01
- 7
団体
2013年12月28日-29日 全国花様滑冰錦標賽2013-2014長春 1
72.28
1
123.27
1
195.55
2013年12月5日-8日 2013/2014 ISUグランプリファイナル福岡 5
68.87
4
128.50
4
197.37
2013年11月8日-10日 ISUグランプリシリーズ NHK杯東京 3
65.09
2
117.09
2
182.18
2013年11月1日-3日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 3
64.24
3
122.95
3
187.19
2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年4月11日-14日 2013年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 4
58.62
3
115.78
3
174.40
2013年3月10日-17日 2013年世界フィギュアスケート選手権ロンドン 10
58.52
11
108.66
11
167.18
2013年2月6日-11日 2013年四大陸フィギュアスケート選手権大阪 5
52.46
6
112.36
5
164.82
2012年11月16日-18日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 3
59.92
6
107.84
4
167.76
2012年11月2日-4日 ISUグランプリシリーズ 中国杯上海 4
57.89
5
105.98
5
163.87

プログラム使用曲編集

シーズン SP FS EX
2019-2020 シルク・ドゥ・ソレイユアレグリア』より 映画『クラウド アトラス
サウンドトラックより
2018-2019 オフィーリア
曲:ザ・ルミニアーズ
ラ・ヴィ・アン・ローズ
歌:パトリシア・カース
2017-2018 Assassin's Tango
(映画『Mr.&Mrs. スミス』より)
作曲:ジョン・パウエル
振付:ローリー・ニコル
バタフライ・ラヴァーズ
作曲:何占豪陳鋼
振付:ローリー・ニコル
2016-2017 My Drag
作曲:Jimbo Mathus
振付:ローリー・ニコル
I Will Wait For You
映画『シェルブールの雨傘』より
作曲:ミシェル・ルグラン
振付:デヴィッド・ウィルソン
映画『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』より
作曲:トーマス・ニューマン
2015–2016[7] ノルウェーの森
カム・トゥゲザー
曲:ビートルズ
演奏:イェラン・セルシェル
振付:ローリー・ニコル
歌劇『真珠採り』より
作曲:ジョルジュ・ビゼー
振付:ローリー・ニコル
贝加尔湖畔
曲:李健
2014–2015[8] アラビアの踊り バレエ『くるみ割り人形』より
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
振付:ローリー・ニコル
ピアノ三重奏曲第2番
ピアノ協奏曲第2番
作曲:ドミートリイ・ショスタコーヴィチ
振付:ローリー・ニコル
ミュージカル『ノートルダム・ド・パリ』より
道化の祭り
踊って 僕のエスメラルダ
作曲:リシャール・コッシアンテ
2013–2014 映画『グリーン・デスティニー』より
作曲:タン・ドゥン
演奏:ヨーヨー・マ
振付:ローリー・ニコル
黄河協奏曲
作曲:冼星海
振付:ローリー・ニコル
La Coronacion
by Globus
2012–2013 死ぬのは奴らだ
作曲:ポール・マッカートニー
演奏:デイヴィッド・ギャレット
ポエタ
作曲:ビセンテ・アミーゴ

脚注編集

  1. ^ 2017 札幌冬季アジア大会公式HPの選手情報より Archived 2017年2月22日, at the Wayback Machine.
  2. ^ 2017 札幌冬季アジア大会公式HPの選手情報より Archived 2017年2月22日, at the Wayback Machine.
  3. ^ Zhangs part ways
  4. ^ 花滑世锦赛双人滑名单调整 彭程/张昊取代队友
  5. ^ 双人滑拆档:于小雨张昊搭档
  6. ^ パリ同時多発テロ事件によるフリー種目の中止でSPの順位が最終結果となった。
  7. ^ 新赛季新风格新角色彭程/张昊期待新里程
  8. ^ 两套全新节目已编就 彭程/张昊回国潜心修炼

参考文献編集