メインメニューを開く


北嶋 興(きたじま こう、1956年11月22日- )は、静岡第一テレビ日本テレビ系)元アナウンサーオフィス・ケイ・ステーション代表。

きたじま こう
北嶋 興
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都
生年月日 (1956-11-22) 1956年11月22日(62歳)
最終学歴 日本大学芸術学部放送学科
所属事務所 オフィス・ケイ・ステーション
職歴静岡第一テレビ(1980年 - 1985年)
活動期間 1980年 -
ジャンル 情報番組
出演番組・活動
出演中 下記参照
出演経歴 ズームイン!!朝!JanJanサタデー

経歴など編集

東京都出身。文京区立昭和小学校から文京区立第九中学校卒(中学校の2学年先輩に、春風亭 小朝落語家)がおり、生徒会活動で親しくしていた。またクラスメイトには作家横山 秀夫がいた。)。日本大学第二高等学校1年の秋に、放送部の出し物「二高ベストテン」でDJを担当。それを観ていた2学年先輩の伊藤 蘭(元・キャンディーズ、現・女優)に「あなた、おしゃべり面白いから、芸能界でも入ったら良いのに!」と褒められ、北嶋本人もその気になり、伯母の知人である小森 和子映画評論家)に紹介してもらい、高校2年次の1973年からニッポン放送ラジオ界のドン・上野 修海老名 みどりせんだ みつおといった多数のタレントを育てた名プロデューサー)の下でラジオ番組の裏方修行を開始。その2年後には、秋元 康放送作家音楽プロデューサー作詞家)もニッポン放送での修行を始めている。高校3年次の1974年に劇画「愛と誠」で声優デビュー(この作品のキャストには、高校時代からの友人である芸能界デビュー前の女優・岡江 久美子もいた。)。大学入学直前の1975年2月から「ザ・パンチ・パンチ・パンチ」(ニッポン放送)パーソナリティーとしてスタート。

日本大学芸術学部放送学科卒業後、静岡第一テレビ日本テレビ系)にアナウンサーとして入社。ズームイン!!朝!を3年担当(徳光 和夫からは、「北嶋少年」と呼ばれていた。)、Todayしずおかもニュースキャスターを3年担当(月~金夕方ニュース)、JanJanサタデーでミスターKというキャラクターで出演し(この時、共演した俳優柴田 恭兵竹中 直人に「一緒にコンビを組まないか?」と勧誘され、特に柴田 恭兵には同社食堂「セピア」で約1時間程度口説かれ、当時の里見プロデューサーが心配して、二人の間に入ったというエピソードもある。)、静岡県内で人気者となり伝説のアナウンサーとなる。ある時、ファンクラブを結成したいという、静岡市立商業高等学校の女子生徒6名が来社し、取材を受けている中(北嶋から「来年、実は結婚するんですよ。」と公表した際、その6名が同社玄関ロビーで大号泣(約1時間程度)し、その模様を全社員が入れ替わり、立ち替わり覗きに来たり、挙句の果てには当時の報道制作局長に「北嶋、会社のために結婚を延期できないものか?」と言われたことがあった。)、その後、28歳で同局を退社しフリーに転身。

フリー転身後はスポーツTODAYテレビ東京)キャスターを1年務め、その後公営競技(特にボートレース競輪オートレース)の優勝戦テレビ中継の実況を多数担当した。この当時、某スポーツ新聞で「西の杉本 清、東の北嶋 興」と取り上げられた。

公営競技の各実況では、選手にニックネームを付けたアナウンサーの先駆けである。この時、「選手の形容は、まさにアドリブの天才ぶりを発揮して、公営競技界に革命を起こした」と称された。ボートレース戸田で開催されたSG笹川賞(現在のSGボートレースオールスター)優勝戦のイントロで「まさに、競艇は水上の格闘技であります!」の「水上の格闘技」というフレーズが、後のコマーシャルのコピーとして使用されたのは関係者の間では周知の事実である。ボートレース選手の鵜飼 菜穂子には「インの鬼姫」のニックネームを付けた。また、春のSGボートレースクラシック(当時は、SG内閣総理大臣杯競走)では最終ターンマークで「花のお江戸の水面で舞うか勝利の桜しぶきー」(岩口 昭三)や、選手の戦いぶりへの比喩表現として、「来たぞー来たぞー、凄い、まさに人間発電所」(滝沢 正光)がある。オートレースでは優勝戦前のイントロで「リビングアリーナの皆さん、ご起立ください」がファンの流行語になる程認知され、のちに藤岡 弘、とオートレースのCMで共演した。ボートレースでは、実況中にオッズを言ったことも元祖である。

担当していた番組編集

静岡第一テレビ時代編集

など

静岡第一テレビ退職後編集

脚注編集


関連項目編集

外部リンク編集