恵 俊彰(めぐみ としあき、1964年12月21日 - )は、日本お笑いタレント司会者ニュースキャスター俳優。お笑いコンビ・ホンジャマカツッコミ担当。鹿児島県鹿児島市出身。ワタナベエンターテインメント所属。

めぐみ 俊彰としあき
本名 同じ
生年月日 (1964-12-21) 1964年12月21日(56歳)
出身地 日本の旗 日本 鹿児島県鹿児島市
血液型 O型
身長 170cm
最終学歴 鹿児島県立甲南高等学校卒業
コンビ名 ホンジャマカ
相方 石塚英彦
芸風 コントツッコミ
立ち位置
事務所 ワタナベエンターテインメント
活動時期 1987年 -
同期 石田靖
浅草キッド
勝俣州和
辻本茂雄
現在の代表番組 ひるおび!
過去の代表番組 MUSIC FAIR
他の活動 司会者
ニュースキャスター
俳優
配偶者 松本美貴
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

来歴編集

鹿児島大学教育学部附属小学校鹿児島市立甲南中学校鹿児島県立甲南高等学校卒業。大学への進学を希望していたが、3浪を経て最終的に断念し、東放学園専門学校の事務員になる。

1987年、当時渡辺プロダクション(現・ワタナベエンターテインメントの親会社)が立ち上げた若手お笑いタレントグループ「BIG THURSDAYビッグサースデー」のオーディションに合格し、芸能界入り。1988年6月4日、インクスティック芝浦ファクトリーにて11人体制でホンジャマカ初ライブ「BIG THURSDAY ホンジャマカ VOL.1」を開催する。1989年、「ホンジャマカ」のメンバーが次々と脱退していく中で唯一残った石塚英彦と改めてコンビを結成し、再デビューを果たす。なお脱退メンバーの中には、後に恵の妻となる松本美貴がいた。

元々は「小デブ」として売り出しており、相方の石塚と区別が付かないほどであった。しかし、友人の岸谷五朗に太っていることを貶されるなどの理由から、20時以降は何も食べないなどしてダイエットした結果、20kgの減量に成功。それ以来は「痩せている方」と言われるようになった。相方の石塚はこの事について「恵ちゃんが食べなくなったので、その分自分が食べて余計に太った」などとネタで話すことがある。

岸谷五朗がパーソナリティを務めるTBSラジオ岸谷五朗の東京RADIO CLUB』では、リスナーから絶大な支持を集めた。今や若者言葉として定着した「てゆ〜か〜」「ぶっちゃけ〜」「正直」などを使い始めた先駆けである。

その当時から恵個人でのソロ活動はしていたが、1998年にフジテレビロケットパンチ! MUSIC DELIVERY』で司会を担当したのを皮切りにソロでの司会業が増えていった。特にTBSテレビ制作番組への出演が多く、2004年9月からは同系列局で平日昼・午後の時間帯に放送される情報番組の総合司会を務めている。その他に俳優としても活動しており、『毛利元就』や『サラリーマン金太郎』シリーズなどに出演している。

人物・エピソード編集

父の恵 知雄は大島紬の工場(恵大島紬織物)を経営していた職人で、白く染める泥染めの「白恵泥」で特許を取得している。母は京都府京都市出身。

3男1女の父親。妻は、11人体制時代のコントユニット「ホンジャマカ」のメンバーであった松本美貴。

趣味はパソコン。ホンジャマカライブのポスターを自分でデザインしたこともある。その他には映画鑑賞、音楽鑑賞、ゴルフ、ビリヤードなどを趣味に持つ。長渕剛三浦春馬のファンであり、プロ野球マニアでもある。セ・リーグでは読売ジャイアンツパ・リーグでは埼玉西武ライオンズを応援している。なお相方の石塚は横浜DeNAベイスターズのファンである。2001年頃からはメジャーリーグにも関心を持っている。

情報番組で総合司会業を行うことから前日どれだけ忙しくても毎朝5時に起床し、各局の情報番組をチェックするほか移動中もほぼ全ての新聞に目を通している[1]

TBSの『ひるおび!』開始時、島田紳助から「(当時TBS昼枠視聴率低迷していたため)最下位の球団の監督をやるんやから、勝てるわけはない。FAで誰かをとってこられるわけでもないし。少なくとも1年やれば、視聴率をとることの難しさや、負けることを勉強できる。やるだけやってみればええ」との助言をもらった[2]

爆笑問題太田光からは「嫌い」「つまらない」とネタにされている。この件に関して所属事務所であるワタナベエンターテインメントは抗議しているようである。太田は申し訳なく思っているが困るととっさに恵の悪口を言ってしまうようである[3]

出演編集

石塚英彦とのコンビでの出演についてはホンジャマカ#出演を参照。

テレビ番組編集

テレビドラマ編集

ラジオ番組編集

CM編集

映画編集

吹き替え編集

舞台編集

  • 七人ぐらいの兵士(2000年)

執筆編集

書籍編集

連載編集

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集