メインメニューを開く

新日本観光地百選(しんにほんかんこうちひゃくせん)は、戦後占領期1950年昭和25年)に毎日新聞社が主催して選定された100か所の日本の観光地[1][2]。後援は運輸省観光部、文部省文化財保護課、厚生省国立公園部、国鉄GHQ経済科学局[1]

概要編集

「交通機関の終着点から徒歩1時間以内」との条件で、ハガキによる人気投票という形式をとった[3]。1950年(昭和25年)7月30日に公募を開始し[3][4]、9月15日に締め切り[4]、10月11日に発表された[3]。各観光地の関係者が競って応募したため、応募総数は7750万0854通に及んだが、組織票の取り扱いが問題になった[3]。全体の1位は蔵王山の233万0676通[3]

10の部門(山岳、平原、温泉、瀑布、海岸、河川、都邑、湖沼、渓谷、建造物)ごとに10位までを選定し、合計100か所を選定した。各部門の1位となった10か所については、郵政省が「観光地百選」シリーズの記念切手を発売するとともに、国鉄は十月中旬の観光週間に10ヶ所それぞれを目的地とした特別周遊券を発行、また、歌人・俳人10人(斎藤茂吉吉井勇荻原井泉水釈迢空山口誓子水原秋櫻子など)が1人ずつ各場所にちなむ短歌や俳句を作って紹介した[1]。尚、11月2日には、11位から15位までで、5万票以上獲得したところ、38ヶ所が準入選地として選定され、観光ルートの設定に考慮されることになった。

これらの選定された所では、記念碑の建立や祝賀会、記念行事が催されたり、山岳部門で1位となった「蔵王山」ではこれを機に、その西麓にある山形県南村山郡堀田村が村名を蔵王村に、同村内の温泉である高湯も蔵王温泉へ、そして奥羽本線金井駅も蔵王駅に改称されている。宮城側の宮村円田村も合併を機に蔵王町としており、両麓の地域が蔵王にあやかろうとしたのが見て取れる。

新日本観光地百選の選定は、外貨獲得のための外国人観光客招致を大きな目的としていた[1]が、戦後復興期だったため、日本国内での一般の観光旅行の再開を促す契機ともなった。

選定地編集

新日本観光地百選(1950年)
順位 山岳 平原 温泉 瀑布 海岸 河川 都邑 湖沼 渓谷 建造物
01位 蔵王[4] 日本平 箱根温泉 赤目四十八滝 和歌浦友ヶ島[4] 宇治川 長崎 菅沼丸沼 昇仙峡 錦帯橋
02位 達磨山[4] 那須高原 白浜 袋田の滝 三陸フィヨルド[4] 日本ライン 秩父 富士五湖 瀞峡 耕三寺
03位 霧島[4] 小倉平尾台 別府 白糸の滝 九十九島[4] 長良川 尾道 浜名湖 高千穂峡 熊本城
04位 乗鞍岳 富良野芦別平原 飯坂 浄蓮の滝 日南海岸 天竜下り 日光 琵琶湖 中津川渓谷 姫路城
05位 八幡平[4] 妙高高原 湯田 関之尾滝 桜島 球磨川 札幌 村山山口貯水池 鬼怒川川治龍王峡 伊勢神宮
06位 英彦山 秋吉台 芦原 秋保大滝 渭南海岸 阿賀野川ライン 鎌倉 大沼 耶馬溪 高崎白衣観音
07位 両神山 日田盆地 伊香保 養老の滝 唐津松浦潟 筑後川 日本水郷 阿寒三湖 恵那峡 出羽三山神社
08位 鳳来寺山 野呂山高原 三朝 箕面の滝 丸亀塩飽諸島 江戸川ライン 高松 相模湖 鈴鹿湯の山 遊行寺
09位 伯耆大山 浅間高原 塩原 黒山三滝 鷲羽山 川内川 博多 十和田湖 黒部峡 高幡不動尊
10位 三瓶山 霧ヶ峰高原 熱海 奈曽の白滝 柏崎福浦八景 庄川峡 函館 宍道湖 日向神 彦根城

記念切手編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集