メインメニューを開く

日曜放談』(にちようほうだん)は、1987年4月5日から1992年3月29日までTBS系列局[注 1]で毎週日曜日に放送された討論番組である。

日曜放談
ジャンル 討論番組
出演者 評論家毎週2名(司会者なし)
制作 TBSテレビ報道局
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1987年4月5日 - 1992年3月29日
放送時間 日曜日 8:30-9:00→日曜日 7:30-8:00
放送分 30分
回数 257

特記事項:
時事放談(第1期)の事実上の続編
テンプレートを表示

目次

概要編集

30年続いた『時事放談(第1期)』の後番組で、2人の評論家が政治、経済、社会について論ずる対談形式の討論番組だった。1987年9月までは8:30 - 9:00に放送されていたが、同年10月から『関口宏のサンデーモーニング』の放送が開始されたことに伴い、7:30 - 8:00に放送されるようになった。1988年1月3日、1989年1月1日は年始の特別編成のため、1989年1月8日は昭和天皇崩御による特別編成の為休止[2]

主な出演者編集

放送当時の日曜日の討論番組編集

ネット局編集

放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・放送時間 備考
関東広域圏 東京放送(TBS) TBS系列 日曜 8:30 - 9:00

日曜 7:30 - 8:00
製作局
現・TBSテレビ
北海道 北海道放送(HBC)  
青森県 青森テレビ(ATV)
岩手県 IBC岩手放送(IBC)
宮城県 東北放送(TBC)
山形県 テレビユー山形(TUY) 1989年10月開局からネット開始
福島県 テレビユー福島(TUF)  
山梨県 テレビ山梨(UTY)
新潟県 新潟放送(BSN)
長野県 信越放送(SBC)
静岡県 静岡放送(SBS)
富山県 北日本放送(KNB) 日本テレビ系列 1990年3月25日で打ち切り[3]
チューリップテレビ(TUT) TBS系列 1990年10月開局からネット再開
石川県 北陸放送(MRO)
中京広域圏 中部日本放送(CBC) 現・CBCテレビ
近畿広域圏 毎日放送(MBS)  
鳥取県・島根県 山陰放送(BSS)
岡山県・香川県 山陽放送(RSK)
広島県 中国放送(RCC)
山口県 テレビ山口(tys)
高知県 テレビ高知(KUTV)
福岡県 RKB毎日放送(RKB)
長崎県 長崎放送(NBC)
熊本県 熊本放送(RKK)
大分県 大分放送(OBS)
宮崎県 宮崎放送(MRT)
鹿児島県 南日本放送(MBC)
沖縄県 琉球放送(RBC)
秋田県 秋田放送(ABS) 日本テレビ系列 1990年3月で打ち切り
愛媛県 南海放送(RNB)

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 系列外の秋田放送[1]北日本放送南海放送でも同時ネットで放送されていたが、秋田放送・北日本放送は1990年4月にTHE・サンデー日本テレビ制作)の同時ネットに伴い打ち切られたため[要出典]、富山県ではチューリップテレビ開局まで近隣のTBS系列局(北陸放送新潟放送信越放送中部日本放送)を受信できていれば視聴できる状態になったが、同年10月のチューリップテレビ開局に伴う放映権移行と同時にネット受けを再開。秋田県では近隣のTBS系列局(テレビユー山形IBC岩手放送青森テレビ)を受信できていれば視聴可能だった。[要出典]南海放送は最終回まで同時ネットで放送した。

出典編集

  1. ^ 1988年9月付け東奥日報テレビ欄
  2. ^ 1988年1月3日、1989年1月1日、1月8日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  3. ^ 北日本新聞 1990年3月25日付朝刊テレビ欄より
TBS系 日曜 8:30 - 9:00
前番組 番組名 次番組
日曜放談
(1987年4月5日 - 1987年9月27日)
TBS系 日曜 7:30 - 8:00
日本ふるさと自慢
日曜放談
(1987年10月4日 - 1992年3月29日)
こちら経済部です