小山田 宗徳(おやまだ むねのり、1927年12月14日 - 1986年5月13日)は、日本俳優声優である。福島県石川郡石川町出身で、東京府立第六中学校を経て東京高等学校 (旧制)1948年に卒業[2]した。

おやまだ むねのり
小山田 宗徳
生年月日 (1927-12-14) 1927年12月14日
没年月日 (1986-05-13) 1986年5月13日(58歳没)
出生地 日本の旗 日本 福島県石川郡石川町
ジャンル 俳優声優歌手
活動期間 1950年代 - 1977年[1]
活動内容 映画テレビドラマ舞台
配偶者 日夏悠理(元宝塚歌劇団
テンプレートを表示

略歴編集

1951年俳優座養成所へ三期生として入所し、1954年に卒業[1]した。同期に穂積隆信渡辺美佐子らがいた。1960年小沢昭一らと7人で「劇団俳優小劇場[3]を旗揚げ、小劇場活動で先駆的役割を務めた。1961年に、水谷八重子に招かれて「女の勲章」で新派の舞台に立った[1]

舞台公演の傍ら1950年代後半からテレビドラマにも活躍の場を広げ、「今日を生きる」「白い南風」などのいわゆる『よろめきドラマ』に出演すると、誠実で落ち着いた雰囲気と風貌が主婦層に高く人気を得た[1][4]1962年に、主題歌の歌唱も担当した『地方記者』『続 地方記者』(日本テレビ)に主演すると、男性からも支持を得て茶の間の人気者となる[1][5]

多数のテレビドラマ出演だけでなくラジオドラマナレーション吹き替えなど声の仕事も多い。龍角散テレビコマーシャルナレーションや、ウォルト・ディズニーヘンリー・フォンダラリー・ハグマンなどの日本語版吹き替えを担当し、ヘンリー・フォンダの吹き替えは持ち役となった。1976年にテレビ放送された映画『エスピオナージ』がフォンダの吹き替えを担当した最後である。テレビドラマ『スパイ大作戦』のオープニングで「……頭脳と体力の限りを尽くしこれを遂行する」のナレーションも人気となった。

元来の高血圧と過労が影響して1968年脳溢血で倒れた。1969年[6]宝塚歌劇団OGの日夏悠理と見合い結婚[1]し、一男一女がいた。1971年に脳血栓[1]で左半身麻痺を患うが、夫人の献身的な支えもあり現役復帰した[7][8]。その後もテレビや舞台の仕事を続けたが、1976年2月に、新劇合同公演「桜姫東文章」の稽古中に体調を崩して降板し[9][10]1977年末に三度目の発作に襲われて療養を余儀なくされた[1]

1986年5月13日午後8時40分に、クモ膜下出血のため自宅で享年58歳で死去[11]した。当時はレギュラー出演していた『大都会 PARTII』が日本テレビで再放送されており、最終出演であった31話の最後に追悼のテロップが流れた。

出演作品編集

テレビドラマ編集

映画編集

舞台編集

吹き替え編集

俳優編集

映画編集

海外ドラマ編集

海外アニメ編集

テレビアニメ編集

ラジオドラマ編集

ナレーション編集

CM編集

その他編集

  • おじさんおはなししてよ(1964年、NHK)
  • 2時ですこんにちは「小山田宗徳ショー」(1966年 日本テレビ)

音楽編集

  • EP:涙こらえて/星は流れる(東芝レコード、JP-1367) - 日本テレビドラマ『地方記者』主題歌(1962年)
  • EP:北に南に/青い雨(東芝レコード、JP-1505) - 日本テレビドラマ『続・地方記者』主題歌(1962年)

レコード編集

  • EP:ポリドールこども劇場・レコード付紙芝居シリーズ(日本の民話「」世界の民話「星のふるばん」、芸術教育研究所) - ナレーター
  • LP:ブリトゥン:青少年の管弦楽入門 指揮:ローリン・マゼール(ポリドール・レコード) - ナレーター
  • LP:教育勅語・軍人勅諭・戦陣訓(テイチクレコード、BH-1516)
  • LP:フランク永井:旅情ビクター・レコード、1969年) - ナレーター ※第24回文化庁芸術祭参加作品
  • LP:プロコフィエフ:ピーターと狼/マゼール - ナレーター
  • LP:ミニヨン・ミュージカル:宮川泰安井かずみ(歌唱:天地真理峰岸徹、少年合唱団)『君よ知るや南の国』(1975年、CBSソニー) - ナレーター
  • LP:「実音!日大闘争の記録」(日本ビクター、1970年頃、日本盤PROMO)A-1.「手記 中国文学科 - ナレーター

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 「日本映画俳優全集 男優編 キネマ旬報増刊10.23号 No.772」1979年10月23日号 p.138 株式会社キネマ旬報社
  2. ^ https://kotobank.jp/word/%E5%B0%8F%E5%B1%B1%E7%94%B0%20%E5%AE%97%E5%BE%B3-1641785
  3. ^ 1954年に、俳優座養成所二期生・三期生の卒業生が「劇団新人会」を結成し、1960年に小沢昭一らによって「俳優小劇場」に分裂する。その後再建するも渡辺美佐子は退団し、劇団新人会は解散。1970年に長山藍子山本學前田昌明らが“第二次「劇団新人会」”を結成し、1994年に「劇団朋友」に改称する。
  4. ^ 「週刊明星」1961年2月 p.88 集英社
  5. ^ 「文化運動便覧」p.314 1962年 武蔵書房
  6. ^ 「歌劇 Takarazuka revue (529)」p.126 1969年10月 宝塚クリエイティブアーツ
  7. ^ 「婦人倶楽部」1971年10月 p.219-223 講談社
  8. ^ 「婦人倶楽部」1972年12月 p.237-239 講談社
  9. ^ 「演劇界」1976年 34巻 p.26 日本演劇社
  10. ^ パンフレットには権助役として小山田の名が記載されているが、本公演への出演は叶わず、清玄役の菅貫太郎が権助と二役を演じて代役を務めた
  11. ^ 「キネマ旬報 6月下旬号 No.938」p.105 1986年 キネマ旬報社
  12. ^ 「藝能」1965年1月号 p.73

関連項目編集

以上の6人は「劇団俳優小劇場」の旗揚げメンバーである。

外部リンク編集