メインメニューを開く

ドラえもん のび太と翼の勇者たち』(ドラえもん のびたとつばさのゆうしゃたち)は、2001年3月10日に公開されたドラえもん映画作品。および、藤子・F・不二雄プロによって漫画化され、『月刊コロコロコミック』2001年2月号から2001年3月号に掲載された大長編ドラえもんシリーズの作品。映画シリーズ第22作、大長編シリーズ第21作(まんが版映画シリーズ4)。漫画版には番外編である短編も存在する。同時上映は『がんばれ!ジャイアン!!』『ドラミ&ドラえもんズ 宇宙ランド危機イッパツ!』。特集記事が『月刊コロコロコミック』2000年8月号から2001年4月号まで掲載された。

ドラえもん
のび太と翼の勇者たち
Doraemon:
Nobita and the Winged Braves
監督 芝山努
脚本 岸間信明
原作 藤子・F・不二雄
製作 シンエイ動画テレビ朝日小学館
出演者 レギュラー
大山のぶ代
小原乃梨子
野村道子
たてかべ和也
肝付兼太
ゲスト
頓宮恭子
知念里奈
大平透
森繁久彌
音楽 堀井勝美
主題歌 Love you close/知念里奈
編集 岡安肇
配給 東宝
公開 日本の旗 2001年3月10日
上映時間 91分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 30億円[1]
前作 ドラえもん のび太の太陽王伝説
次作 ドラえもん のび太とロボット王国
テンプレートを表示

同時に『2001 DORAEMON EARTH PATOROL 21世紀地球パトロール隊』と題した自然環境保全キャンペーンも行われた。

キャッチコピーは、「ドキドキは、空にある。」「21世紀最初の映画ドラえもん」。

主題歌を歌う知念里奈が声優に初挑戦した。また、87歳の森繁久彌が声優として特別出演している。

目次

あらすじ編集

出木杉から鳥人の話を聞いたのび太は自分も空が飛びたいと自作の翼を作り、ドラえもんと共に裏山で練習していると逃げたピーコを追いかけるしずかに会い、手伝おうとすると鳥人の世界バードピアから鳥人の少年グースケが人間界に迷い込んでしまった。

グースケ自作の人力飛行機スノーグース号を一緒に修理し、グースケのテストフライトを見守っていたドラえもんたち。だが、グースケの墜落現場をジャイアン、スネ夫が目撃していた。2人はスノーグース号につかまり、そのまま謎の穴に3人を追ってバードピアへやって来たドラえもんたちは正体を隠すため、ひみつ道具の「バードキャップ」で鳥人となり、人間界の鳥類を保護する「渡り鳥パトロール隊」の入隊テスト「イカロスレース」に挑むこととなる。

だがその裏では、人類を憎悪する鳥人たちが、人間界侵攻のために古代の怪物フェニキアを蘇らせようとしていた。ドラえもんやグースケたちはバードピアを救うため、伝説の勇者「イカロス」と共にフェニキアに立ち向かう。

舞台編集

バードピア
から進化した人類「鳥人」の世界。22世紀の鳥類学者・鳥野が鳥類以上の生物の出現する以前、太古の時代へと自身のタイムマシンを用いて移動し鳥類による楽園を創造しようとしたが、手違いで異世界に飛ばされてしまい、其処をそのまま鳥の楽園としたのが始まり。鳥と鳥人たちの楽園だが、人間たちを「鳥類を迫害する種族」として快く思わない者が多い。のび太たちの住む人間界のパラレルワールドに位置している。人間界とはバードウェイと呼ばれる特殊な穴を通して繋がっており、その穴を目視・認識出来るのは鳥類の遺伝子を持つ者のみである。
本作では初めてドラえもんを「タヌキ」と呼び間違えずに「ネコ」と呼んでいた(ホウ博士を除く)。

声の出演編集

ゲストキャラクター編集

レギュラーキャラクターや下記のゲストキャラクターのほか、『ドラえもん のび太の創世日記』以来、6年ぶりに出木杉が登場し、本作では冒頭でのび太達に世界各地の鳥人伝説の話をした。

グースケ
- 頓宮恭子
鳥人の少年。幼少時のトラウマから自分の翼で飛ぶことができず、自作の人力飛行機「スノーグース号」でイカロスレースに挑む。食べ物の早食いではジャイアンと1、2を争う。
実はイカロスとオーディアの息子。数年前の嵐の日に、誕生直後に実母であるオーディアの持っていたカゴから落ちて、父親の翼の羽根を掴んだが、羽根が切れて空へ落ちたことで本当の両親と生き別れており、その事がトラウマになってしまった。生き別れ後、空に落ちていたところを義母に拾われ、バードピア環境長官である義父とコックをしている義母に育てられた。終盤は実父であるイカロスの励ましにより、トラウマから打ち勝ち、自分の翼で飛べるようになったが、イカロスが自分の本当の父親である事を最後まで知らなかった。漫画では、ジーグリードの不正があったことと自分の翼で飛べたことにより、渡り鳥パトロール隊の隊長に任命されたが、アニメでは来年のイカロスレースに参加したことにより、エンディングで隊長になっていた。
ホウ博士
声 - 永井一郎
ミミズクの考古学者で、グースケの友達。フェニキアに関連した石板を研究している。バードピアの中では人間に対して偏見を抱いていない数少ない人物で、鳥と人間との共存を訴える。
ミルク
声 - 氷上恭子
グースケのガールフレンド。グースケの家の隣に住んでおり、しっかり者で勝気な性格で怒ると怖く、いじめっこのツバクロウ、トビオを撃退したこともある。
イカロスレースに参加するが洞窟で羽に蜘蛛の糸が絡まり脱落。その後もドラえもん一行やグースケと行動を共にし、フェニキアとの戦いでは、しずかと共に避難活動にあたる。
グースケの義父
声 - 島田敏
バードピア環境長官をしている。数年前の嵐の日、空から落ちてきた幼いグースケを拾ったコックである妻と共に幼いグースケを実の息子の様に育てた。理知的な人物で、ホウ博士の考えに同調する。
グースケの義母
声 - 折笠愛
コックをしている。数年前の嵐の日、空から落ちてきた幼いグースケを拾い、バードピア環境長官である夫と共に実の息子の様に育てた。
グースケの義弟
声 - 鉄炮塚葉子
作中で誕生するグースケの義理の弟。刷り込みにより生まれた直後に見たスネ夫に懐いている。終盤のラストではスネ夫と別れる時に泣いていた。
ツバクロウ
声 - 知念里奈
イカロスレースに挑むツバメ鳥人の少年。イカロスレースではジャッジの判定によりグースケから優勝を掻っ攫う。自力で飛べないグースケを見下していたが、懸命に「スノーグース号」を漕ぐ姿に感化され、漫画の終盤でパトロール隊の隊長に任命されたグースケを祝っている。アニメでは、トビオ達と共に、人間であるのび太達を目撃した際に、イカロスからのび太達がバードピアを救った事を聞いて、仲間と共にドラえもん達と握手した。
トビオ
声 - 山口勝平
イカロスレースに挑むトンビ鳥人の少年。ツバクロウと共にグースケを見下していたが、漫画の終盤でパトロール隊の隊長に任命されたグースケを祝っている。アニメでは、ツバクロウと、パトロール隊の仲間たちと共に、人間であるのび太達を目撃した際に、イカロスからのび太達がバードピア救ったことを聞いて、ドラえもん達と共に握手した。(スネ夫と拍手)
ジーグリード
声 - 大平透
カラス警備隊の長官で軍服を着たハゲワシ鳥人。バビロンの義兄。渡り鳥パトロール隊だった頃に心ない人間に銃撃されたことから人類を憎悪している(漫画版では危険ルートをいくイカロスにルートの変更を提案するが、先を急ぐイカロスに受け入れられず、人間に撃たれてしまった)。その時の傷により自力で空を飛ぶ事ができず、籠のような物で空を移動している。かつてはホウ博士を師と仰ぎ共にフェニキアの研究をしていたこともある。グースケの義父とホウ博士が自分の計画に賛同しなかったためで二人と縁があるグースケを失格にした。人間に復讐するためにフェニキアを復活させ、地球を征服しようとするが復活直後のフェニキアはある程度命令を理解する様子があったが、進化退化光線銃で凶暴化したフェニキアに反抗されて負傷、野望は失敗に終わる。その後の消息は不明。
バビロン
声 - 松本保典
渡り鳥パトロール隊の隊長でハヤブサ鳥人。ジーグリードの部下で義弟で彼の命令でグースケを不正で失格にした。フェニキア復活直後、イカロスに負傷したジーグリードの介抱を任される。
クロウ
声 - 広瀬正志
カラス警備隊の隊長でカラス鳥人。ジーグリード直属の部下。
イカロス
声 - 津嘉山正種
バードピアに伝説として語り継がれるイヌワシ鳥人の勇者であり、生き別れていたグースケの実の父。ドラえもんたちの倍以上の体格の持ち主で腕の鎖を引き千切る、羽ばたきだけで監獄島の壁を破壊する、ドラえもんたち5人を乗せたまま猛スピードで飛行するなど優れたパワーと飛行能力の持ち主。かつて一度だけスモークベルトを抜けてトマリギの頂上へと行った事がありその時に鳥野博士のタイムマシンを目撃した。のび太たちが人間であることには最初から気づいていた。
元渡り鳥パトロール隊所属で当時はジークリードと同期だった。ジーグリードが負傷した責任から自ら監獄島に入り幽閉されていた(漫画版では、先を急ぐあまりジーグリードの提案を省みずに危険ルートを進行した事が判明する)。その後、生き別れていた息子であるグースケからフェニキア復活の話を聞かされ脱獄し、フェニキア討伐に参加する。討伐後は自由の身になった模様。ドラえもん達3人がフェニキアをタイムスリップさせた後、渡り鳥パトロール隊に復隊した。
回想シーンからオーディアという妻がいることが判明したが、漫画では既に他界している(アニメでは不明)。嵐の日に妻であるオーディアと家へ戻る途中、妻のかごから落ちたグースケは自分の翼の羽根を持ったが、羽根がきれてしまい、息子は空から落ちことで妻と共に息子のグースケと生き別れになった(当時息子は赤ん坊だった)。マンガでは、ドラえもんたちを乗せて猛スピードで飛行する時、グースケが持ってる羽根を見て数年前の嵐の日にグースケと生き別れた事を思い出し、グースケが自分の息子だと気付き、自分がグースケの父であることが判明した。アニメでは息子は羽根を持ってなくても思い出していた様子で判明した(自分の羽ばたきを息子が知っていたことで思い出していた)。
オオタカ
声 - 八奈見乗児
バードピアの内閣総理大臣。イカロスレースの主催者。
鳥野守
声 - 森繁久彌(特別出演)
22世紀(漫画では23世紀)の鳥類学者でバードピアの創造主で唯一の人間の住民であった人物。人間嫌いであったため、鳥たちと共に暮らそうとタイムマシンで過去へと行く途中、紛れ込んだ異次元空間によってパラレルワールドへと辿り着き、バードピアを創造した。既に他界している模様。年齢上では2020年前後(漫画では2120年前後)に生まれたとされる。
TVアナウンサー
声 - 渡辺宜嗣(テレビ朝日アナウンサー〈当時〉)
カラス警備隊
声 - 菅原淳一千葉一伸
ジーグリード直属の部下。ドラえもんをネコ扱いにした数少ない人物。
美容師
声 - 青野武
貴婦人
声 - 愛河里花子
ダチョウタクシー
声 - 難波圭一
タクシーを務めるダチョウ。人間に対して偏見な考えを持っておらず、カラス警備隊から逃げるドラえもん・のび太・しずかの手助けをしてくれた。
ツル
声 - 江森浩子
カモメ
声 - 滝沢ロコ
ニワトリ
声 - 片岡富枝
ダチョウ
声 - 茶風林
ピー子
しずかの飼っているカナリア
フェニキア
バードピアの怪物であり、鳥人達の天敵。平和を脅かす危険な存在として恐れられている。その正体は鳥野博士が生み出した失敗作で、過去に博士や鳥人達によって雪山まで誘き出され封印されていた。背中にコウモリの翼が生えた肉食恐竜のような姿をしている。幼体では角は短く全身は焦茶色だが、成体では全身は黄色と赤に変色し角が長くなっている。後にジーグリードにより封印から目覚めさせられるが、バビロンがドラえもんの「進化退化放射線源」で誤って進化させてしまい、更に凶暴化し再びバードピアを襲う。最後は鳥野博士のタイムマシンを利用したドラえもん達の活躍により、タイムマシンと共に地球の出来る前の宇宙空間まで転送された。
オーディア
イカロスの妻であり、生き別れていたグースケの実の母。イカロスの回想のみに登場。数年前の嵐の日、夫のイカロスと家へ向かってる間に息子のグースケが誕生直後、息子が自分のかごから落ちて、夫と共に息子のグースケと生き別れになった。漫画では現在他界している(アニメでは不明)。

登場するひみつ道具編集

イカロスレース編集

渡り鳥パトロール隊の入会テストを兼ねた、バードピア最大の行事。審判および判定はバビロン隊長にゆだねられている。実況はかなり熱い。ジャイアンは、このレースのことを「タコロスレース」といったことがある。

コース構成
中央塔(謎のパラソル飛行機脱落)→森林(のび太脱落)→深い渓谷→滝の裏にある、人食い蜘蛛の巣食う洞窟(ミルクをジャイアンとスネ夫が救出、後にミルクは脱落)→中央塔→トマリギの根元(グースケ、ツバクロウ、トビオのデッドヒート)→スモークベルトの真下
ルール
コースを1周して戻り、トマリギのスモークベルトの真下に自分の羽を突き刺せばゴールとなる。しかし、グースケが優勝した際は、その後の渡り鳥パトロール隊の活動にグースケがいるとジーグリードやバビロン隊長にとって都合が悪いことが分かっていたため、レース後に、自らの翼で完飛行したもののみを合格とし、人力飛行機は失格の対象とした。バビロンは、このルールを「偉大なるイカロスの名を辱めないためにも」としている。ちなみにグースケのほかにも人力飛行機で出場した選手がいる。

スタッフ編集

主題歌編集

オープニングテーマ「ドラえもんのうた
作詞 - 楠部工 / 作曲・編曲 - 菊池俊輔 / 歌 - 山野さと子日本コロムビア
エンディングテーマ「Love you close
作詞 - 森浩美 / 作曲 - 上田知華 / 編曲 - 大坪穂稔 / 歌 - 知念里奈ソニーレコード

脚注編集

  1. ^ 2001年(平成13年)興収10億円以上番組 (PDF)”. 日本映画製作者連盟. 2017年11月19日閲覧。
  2. ^ a b 「原作」としてクレジットされている藤子・F・不二雄は「キャラクター原作」程度の意味で用いられており、この映画作品の原作者ではない。ここでの「原作作画」担当者とは漫画版を執筆した岡田康則をさすものであり、この映画作品の原作者ではない。

外部リンク編集