メインメニューを開く

杉田 一次(すぎた いちじ、1904年明治37年)3月31日 - 1993年平成5年)4月12日)は、日本陸軍軍人陸上自衛官陸士37期・陸大44期。最終階級は帝国陸軍では陸軍大佐、陸自では陸上幕僚長たる陸将。第3代陸上幕僚長を務めた。

杉田 一次
Sugita Ichiji.jpg
杉田 一次 1951年
生誕 1904年3月31日
日本の旗 日本 奈良県
死没 (1993-04-12) 1993年4月12日(89歳没)
日本の旗 日本 東京都
所属組織 War flag of the Imperial Japanese Army.svg 大日本帝国陸軍
No image available.svg 警察予備隊
No image available.svg 保安隊
Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
軍歴 1925 - 1945(帝国陸軍)
1952 - 1952(予備隊)
1952 - 1954(保安隊)
1954 - 1962(陸自)
最終階級 帝國陸軍の階級―襟章―大佐.svg 陸軍大佐(帝国陸軍)
JGSDF General insignia (a).svg 陸上幕僚長たる陸将(陸自)
除隊後 社団法人日本郷友連盟会長および名誉会長
社団法人安全保障懇話会理事長
東京都防衛協会会長
東部防衛協会会長
日本世界戦略協議会(日本世界戦略フォーラム)会長
テンプレートを表示

目次

経歴編集

米国陸軍隊付の経験に加えて在アメリカ大使館駐在武官補佐官の経験から、対米開戦に終始反対し、海軍をも巻き込んで開戦阻止に動いたが上層部を説得することができなかった[1]第25軍情報参謀としてマレー作戦に従軍、シンガポールの戦い後の降伏交渉において後半から山下奉文将軍の通訳を務める。イギリス軍に対する降伏勧告文を起案した[2]

ガタルカナル作戦では大本営派遣参謀として現地に入り、第2師団の作戦に関与。第8方面軍編成に伴いラバウルへ移動。ガタルカナル維持は不可能と大本営へ意見具申。「消極参謀」と批判を受けるが大本営は撤退を決定。撤退計画を立案(担任の井本熊男作戦主任参謀がデング熱で闘病中だったため)。米軍をしてPERFECT!と感嘆させた完全撤退を実施した[3]

大本営の情報軽視体質に危機感を抱いた杉田は自ら作戦課に陣取り作戦業務に関与[4]。課長から班長へ異例の降格人事の形で作戦課高級参謀兼作戦班長に就任した。

終戦に際し直ちに帰国命令、東久邇宮首相秘書官に就任。進駐軍受け入れに際して米極東軍サザランド参謀長と調整に当たる。当時作成して閣議に提出した「終戦記録」は江藤淳編集の「占領史録」(講談社学術文庫)に所収されている。1945年9月2日降伏文書調印式代表団に大本営参謀として参列した。

戦後、杉田は俘虜関係調査中央委員会第4班に加わり、シンガポール華僑粛清事件の戦犯裁判対策のための報告をまとめた[5]。その後巣鴨プリズンに拘置されていたが、1945年8月の最終週、英軍ワイルド大佐により、同事件への関与の容疑で正式に逮捕され、軍用機でシンガポール・チャンギ刑務所へ送致された[5]。しかし、1946年9月にワイルド大佐が事故により死去すると、杉田は釈放され、同事件の裁判に検察側証人として出廷することになった[6]。杉田は証人としてシンガポールの保安隊に収容されているときに、「上官の罪状を述べるに忍びず、証人台に立つより潔く自決を選ぶ。英軍諸士へ宜敷く」と記した遺書を書き、頸動脈を切って自決を図るが、一命を取りとめた[7]

戦後は辰巳栄一中将とともにGHQ歴史課で戦史研究に携わった他、情報機関設立に関与。吉田茂首相の信任が厚かった。

陸上自衛隊に入り、1960年3月から1962年3月まで陸上幕僚長を務めた[8]。陸幕長退任に当たって後任は「元軍人であるべき」ことを防衛庁長官に意見具申し、井本熊男幹部学校長を推薦したが、内局の妨害で内務省出身の大森寛が就任した[9]

退官後は、社団法人日本郷友連盟会長、社団法人安全保障懇話会理事長、東京都防衛協会会長、東部防衛協会会長、日本郷友連盟名誉会長、日本世界戦略フォーラム会長を務めた[10]

年譜編集

 
シンガポールにて降伏したパーシバル将軍(右端)と杉田(中央)
 
降伏文書調印式に出席する杉田(後列右端)

郡山中学(現・奈良県立郡山高等学校)を卒業し、1921年(大正10年)4月、陸軍士官学校予科へ進む。

10月:陸軍歩兵少尉任官、歩兵第37連隊
12月:参謀本部員
4月:アメリカ陸軍第26歩兵連隊英語版
10月:在アメリカ大使館駐在武官補佐官
9月:イギリス駐在
  • 1939年(昭和14年)2月:参謀本部部員(欧米課)
7月:兼東久邇宮稔彦王付副官
11月:第25軍参謀
  • 1942年(昭和17年)4月:大本営参謀
8月:第17軍参謀
11月:第8方面軍参謀
  • 1943年(昭和18年)5月:参謀本部部員
6月:兼東久邇宮稔彦王付副官
10月:参謀本部課長
4月:大本営参謀(作戦課作戦班長[11]
8月:陸軍省軍務局付、引き続いて内閣総理大臣秘書官東久邇宮内閣
11月:予備役
12月:第一復員大臣秘書官
9月:シンガポールのチャンギー監獄に移送
  • 1947年(昭和22年)5月:日本に送還される。その後はGHQの下で太平洋戦史の研究を行う。
11月:公職追放の仮指定を受ける[12]
10月15日:北部方面副総監に就任
8月20日:陸上自衛隊富士学校長兼富士駐とん地司令に就任
1月14日:初代 東部方面総監に就任
3月11日:第3代 陸上幕僚長に就任
  • 1962年(昭和37年)3月12日:退官。退官後、社団法人日本郷友連盟会長等を務める。
  • 1974年(昭和49年)4月29日:勲二等瑞宝章受章
  • 1984年(昭和59年)11月12日:日本世界戦略協議会(のちに日本世界戦略フォーラムと改称)を設立。会長に就任した。理事長は法眼晋作元外務事務次官
  • 1993年(平成05年)4月12日:死去、叙・正四位

栄典編集

  •   レジオン・オブ・メリット・コマンダー - 1962年(昭和37年)3月9日
  •   勲二等瑞宝章 - 1974年(昭和49年)4月29日

著書編集

  • 『忘れられている安全保障』(杉田一次著、時事通信社、1967年)
  • 『スイスの国防と日本』(杉田一次・藤原岩市共著、時事通信社、1971年)
  • 『近代日本の政戦略-幕末から第一次大戦まで』(杉田一次著、原書房、1978年2月)
  • 『日本の政戦略と教訓-ワシントン会議から終戦まで』(杉田一次著、原書房、1983年1月)ISBN 978-4562013487
  • 『情報なき戦争指導-大本営情報参謀の回想』(杉田一次著、原書房、1987年8月)ISBN 978-4562018864
  • 『世界戦略シリーズ VOL.8 NO.1 杉田一次遺稿集』(日本世界戦略フォーラム、1993年7月)
  • 『国家指導者のリーダーシップ-政治家と将帥たち』(杉田一次著、原書房、1993年8月)ISBN 978-4562024438

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 杉田一次遺稿集(日本世界戦略フォーラム刊)
  2. ^ 日本世界戦略フォーラム聞き取りメモ(未公刊)
  3. ^ 日本世界戦略フォーラム聞き取りメモ(未公刊)
  4. ^ 日本世界戦略フォーラム聞き取りメモ(未公刊)
  5. ^ a b ウォード 2005, p. 82.
  6. ^ ウォード 2005, pp. 82-83.
  7. ^ 篠崎 1976, pp. 174-175.
  8. ^ 秦 2005, p. 85, 第1部 主要陸海軍人の履歴-陸軍-杉田一次
  9. ^ 杉田一次『忘れられている安全保障』時事通信社、1967年。
  10. ^ 杉田一次 『情報なき戦争指導-大本営情報参謀の回想』 原書房 著者欄
  11. ^ 秦 2005, p. 322, 第2部 陸海軍主要職務の歴任者一覧-III 陸軍-2.参謀本部-B 第2期(明41 - 昭20)-作戦課作戦班長(大8 - 昭20)
  12. ^ 総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、140頁。NDLJP:1276156 

参考文献編集

  • 秦郁彦 編著 『日本陸海軍総合事典』 (第2版) 東京大学出版会、2005年。 
  • ウォード, イアン『将軍はなぜ殺されたか-豪州戦犯裁判・西村琢磨中将の悲劇』鈴木正徳訳、原書房、2005年3月。ISBN 4562038799
  • 篠崎, 護『シンガポール占領秘録―戦争とその人間像』原書房、1976年。

外部リンク編集