メインメニューを開く

東急百貨店吉祥寺店

日本の東京都武蔵野市吉祥寺にある東急百貨店の店舗
画像提供依頼:「吉祥寺名店会館」時代の建物の画像提供をお願いします。2012年1月

東急百貨店吉祥寺店(とうきゅうひゃっかてんきちじょうじてん)は、東京都武蔵野市吉祥寺本町にある、株式会社東急百貨店が経営する百貨店TOKYUポイント加盟店。吉祥寺エリアで唯一のデパートである。

東急百貨店吉祥寺店
Tokyu Kichijoji 201410.JPG
地図
店舗概要
所在地 180-8519
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-3-1
座標 北緯35度42分17.94秒 東経139度34分40.14秒 / 北緯35.7049833度 東経139.5778167度 / 35.7049833; 139.5778167座標: 北緯35度42分17.94秒 東経139度34分40.14秒 / 北緯35.7049833度 東経139.5778167度 / 35.7049833; 139.5778167
開業日 1974年6月20日
正式名称 東急オリンピックビル
施設所有者 株式会社東急百貨店
施設管理者 株式会社オリンピックビル
延床面積 31,731 m²
営業時間 10:00〜20:00
駐車台数 345台
前身 吉祥寺名店会館
最寄駅 吉祥寺駅
外部リンク http://www.tokyu-dept.co.jp/kichijouji/
東急百貨店
テンプレートを表示

建物の名称は東急オリンピックビル。建物のオーナーはスーパーマーケットのオリンピックの経営者。

本項では、かつて同店所在地にあった吉祥寺名店会館についても詳述する。

概説・歴史編集

1974年昭和49年)6月20日、東急百貨店では渋谷駅東横店日本橋店渋谷本店に続く4号店として、東京・吉祥寺の旧・吉祥寺名店会館跡地に開店。東急直営店舗では東京都内で4番目に開店し[1]、また吉祥寺圏内では緑屋吉祥寺店[2]伊勢丹吉祥寺店1971年11月10日開店[3])、近鉄百貨店東京店(1974年5月開店[4])に次いで4番目の大型商業施設である。吉祥寺圏内には西側に位置する。

また、開店と同時に、武蔵野警察署吉祥寺駅北口商店街全体を「ファミリータウン」に指定し、600メートル四方からを締め出す[5]方針を打ち出した。同じくして、ダイヤ街の昭和通り(東急がある側)[6]から吉祥寺駅までの通りにアーケードが完成、アーケード街の名称を東急の名を冠した「ダイヤ街 東急チェリーナード」とした[7][8]

2010年平成22年)に伊勢丹が閉店したことにより、現在は武蔵野市内で唯一の百貨店である。

また、2018年(平成30年)現在、東京都内のデパート屋上に現役で遊園地があるのは、当店のほかは東武百貨店池袋店のみ。

フロア編集

(2018年5月現在)

  • RF 屋上広場、遊戯施設、ペットショップ、吉祥寺観音
  • 9F レストラン・ビューティー&ヘルス
  • 8F 催物場・美術サロン・美術工芸品・宝飾・時計・メガネ・呉服、カスタマーセンター
  • 7F ニトリ(家具)
  • 6F 家庭用品・寝装品(アーバンホームショー)・子供服・子供洋品・玩具
  • 5F 紳士服・紳士洋品
  • 4F 婦人服・婦人洋品
  • 3F 武蔵野マルシェ(2018年5月10日オープン)[10]
  • 2F 婦人服・雑貨(アーバンファッション街区)
  • 1F 服飾雑貨、化粧品、インフォメーション
  • B1F 東急フードショー(食品)
  • B2F 駐車場
  • B3F 駐車場

店内サービス編集

バリアフリー・トイレ編集

  • エスカレーター - 1基・両方向運転
  • エレベーター - 6基。3基ずつ設置。
  • ベビーカーの貸し出し(1階、6階)
    • 1階インフォメーションには新生児用もある。
  • レストスペース - 各階エスカレーター脇に休憩所がある。
  • 化粧室(トイレ)
    • 女性用 - 全フロアー(ベビーシート設置)
    • 男性用 - 3、7階を除く全フロアー
    • 多目的化粧室 - 7階、9階
    • パウダースペース - 3階
      • 化粧室とは別に、くつろいで化粧直しができるスペース
    • ベビー休憩所 - 6階
      • オムツ替え、授乳等に利用でき、給湯設備もある。
    • 親子化粧室 - 6階
      • ベビーカーと一緒に入ることができ、ベビーシートも設置している。

専門スタッフ編集

  • ギフトアドバイザー - 地下1階、1階、5階、8階
  • ピローフィッター - 7階
  • フォーマルアドバイザー - 4階
  • フィッティングアドバイザー - 3階、4階
  • シューフィッター - 1階、5階、6階
  • ワインアドバイザー - 地下1階

店内施設サービス編集

  • インフォメーション(1階)
    • 手荷物の一時預、遺失物の問合せ、ムーパーク駐車場の発行、店内の案内、お呼び出し、車椅子の貸し出しを行う。
  • ポーターサービス(無料)
    • 買上げ品を地下駐車場または東急パーキングビルまで運ぶ。
  • 「即配くん」サービス(有料) 
    • 食品売場で買上げの商品を当日中に自宅に届ける(地下1階)
      • 同様に全館での買上げ品も、同じく自宅に届ける(各階)

営業時間・休業日編集

  • 営業時間 - 10:00〜20:00
    • 屋上遊具 - 10:00〜17:00
    • 9階レストラン - 10:30〜22:00
    • カフェ
      • 09:00〜22:00
        • スターバックス(1階)、カフェ シェ・ダイゴ(屋上)
      • 10:00〜20:00
        • アフタヌーンティー・ティールーム(2階)、カフェレディ(3階)、サロン・ド・テ クローバー(4階)、ラ・グラスリィ(6階)、
  • 休業日 - 年中無休

駐車場編集

駐車場 収容台数 営業
時間
料金 サービス その他
地下駐車場 140 9:50 - 22:00 400円(30分) 当店での買物2,000円(税込)以上で1時間
同5,000円(税込)以上で2時間
(以降、30分ごとに250円)
@Parkアットパーク
吉祥寺[11]
205 24時間 平日:300円(30分)
土・日・祝:350円(30分)
20:00〜翌日8:00:200円(30分)
当店での買物2,000円(税込)以上で1時間
同5,000円(税込)以上で2時間
(以降、30分ごとに250円)
1階はスポーツショップ「OSHMAN'S[12]吉祥寺店」(営業時間:11:00 - 21:00、不定休)。
Times24
※提携駐車場
(場所により
異なる)
(場所により異なる) 当店での買物2,000円(税込)以上で1時間
同5,000円(税込)以上で2時間
近隣30ヶ所にあるTimes24駐車場にて提携している(※TOKYUポイント加盟店)。
吉祥寺
パーキングプラザ

※提携駐車場
250 350円(31分) 当店での買物2,000円(税込)以上で1時間
同5,000円(税込)以上で2時間
ディナーパーキングサービス
  • 9階レストランで、18時以降に食事をした場合に駐車場料金が2時間無料になる。
  • 通常の各階での「買上げ金額駐車料金サービス」に併用できるため、最長4時間の駐車が可能になる。

吉祥寺観音編集

吉祥寺店屋上には「吉祥寺観音」が設置されている。この吉祥寺観音は、埼玉県入間郡名栗村の白雲山鳥居観音から1959年昭和34年)3月、当時開業した吉祥寺名店会館(後述)に贈られ、同会館屋上に設置された。本尊は七観世音菩薩の一つである不空羂索観世音菩薩である。平沼弥太郎(元・埼玉銀行(現:埼玉りそな銀行)頭取、名栗村出身)作[13][14][15]。東急開店後、改めて屋上に設置され、現在に至る。

毎年7月9日には、吉祥寺観音四万六千日法要が執り行われる[15]

吉祥寺名店会館編集

吉祥寺名店会館(きちじょうじめいてんかいかん)は、1959年(昭和34年)3月、吉祥寺初の商業ビルとして、吉祥寺駅北口に開業した(地上6階建て)[16]。オーナーは滝嶋総一郎武州鉄道汚職事件で逮捕・起訴)だった。

当時の名店会館は全館に専門店飲食店などのほか、日本のカルチャースクールの草分け的存在の産経学園[17]などが入居していた。屋上にはシンボルともいえる広告塔や遊戯施設があり、休日には親子連れなどでにぎわう人気スポットであった。また鉄塔や建物の一部がまだ高架化される以前の吉祥寺駅からも見ることができたり[5]、名実ともに吉祥寺のランドマークだった。

昭和40年代に入り、当時の後藤喜八郎武蔵野市長主導のもと、吉祥寺駅周辺の整備・再開発が行われ、1969年(昭和44年)12月3日に吉祥寺駅ビルロンロン[18]1970年(昭和45年)11月ターミナルエコー[19]1971年(昭和46年)には伊勢丹[3]サンロードなどといった新たな商業施設の開業が相次ぎ、競争が激化。名店会館は6月をもって閉店、建物は解体された[16]

解体後、その跡地と周辺の買収した土地を併合した敷地に、東急百貨店吉祥寺店が建設された。

沿革編集

旧・吉祥寺名店会館
  • 1959年昭和34年)3月 - 吉祥寺初の大型商業施設として、吉祥寺名店会館オープン(地上6階建て)。
  • 1971年(昭和46年)6月 - 吉祥寺名店会館閉業、ビル解体[5][16]
東急百貨店吉祥寺店
  • 1972年(昭和47年) - 名店会館跡地と周辺の敷地にて建設開始
  • 1974年(昭和49年)6月20日 - 東急百貨店吉祥寺店オープン
  • 1985年(昭和60年)9月27日 - 立体駐車場「東急パーキングビル」(現:@Parkアットパーク吉祥寺)オープン
  • 2001年平成13年)3月1日 - 全館リニューアルオープン
  • 2010年(平成22年)3月4日 - 全館リニューアルオープン
  • 2014年(平成26年)- 開店40周年。10月23日、リニューアルオープン[20]
  • 2018年(平成30年)5月10日 - 全館リニューアル、3階に「武蔵野マルシェ」オープン[10]
  • 2019年令和元年)6月20日 - 開店45周年を迎える。

交通アクセス編集

鉄道
バス

その他編集

  • ダイヤ街のWest zone側に面していることから、当店も参加店としてカウントされている。2014年に行われた「いい店大賞」にてグランプリを受賞している。
  • 1階北側・西側広場では毎年7月に2日間「ふれあい夏まつり」が開催され、盆踊りなどの各種イベントや縁日などを催している。また毎年10月には恒例の「吉祥寺アニメワンダーランド」の一環として土・日の2日間「吉祥寺おもちゃ市場」の会場として使用される。その他各種イベントが開催されることもあり、イベント開催中はムーバスのバス停が別位置に移動となる。
  • 吉祥寺店の裏側は通称「東急裏」と呼ばれる地帯があり、様々な雑貨屋やブティック、カフェなどが立ち並ぶおしゃれなスポットになっている。
エレベーター事故

周辺編集

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 1999年1月末に日本橋店が閉店し、現在は渋谷本店と東横店、吉祥寺店の3店舗。また町田市に複合商業施設、町田東急ツインズ(旧・まちだ東急百貨店)がある。
  2. ^ 閉店後、西武スポーツを経て、現在は吉祥寺Loft
  3. ^ a b 2010年3月14日閉店。7ヶ月後の10月15日コピス吉祥寺が開業。
  4. ^ 2001年2月閉店。閉店後三越大塚家具を経て、現在はヨドバシ吉祥寺
  5. ^ a b c 「懐かしの吉祥寺 昭和29・40年」(写真・土屋恂、編・安田知代 ぶんしん出版、2011年)ISBN 978-4-89390-103-3
  6. ^ 現在のWest zone。
  7. ^ 初代アーケードの完成-ダイヤ街アーケード完成記念サイトより。カラー写真で掲載。
  8. ^ 2009年にリニューアルされ、現在はEast zone、West zoneとなっている。
  9. ^ 千代田区神田須田町にある老舗そば屋。
  10. ^ a b “東急百貨店吉祥寺店/5月10日グランドオープン、3階は「武蔵野マルシェ」”. 流通ニュース. (2018年4月24日). https://www.ryutsuu.biz/store/k042413.html 2018年5月14日閲覧。 
  11. ^ 旧「東急パーキングビル」
  12. ^ セブン&アイ・ホールディングスグループ(競合社のそごう・西武を傘下に収める)直営。
  13. ^ 吉祥寺探訪ガイド キッタンといっしょ 「吉祥寺探偵 キッタンテイ」 〜FILE 06:吉祥寺観音を追え〜
  14. ^ 吉祥寺を見下ろす「吉祥寺観音」はどこにいる? NewsACT、2019年6月7日閲覧
  15. ^ a b 吉祥寺観音 四万六千日法要: 白雲山 鳥居観音、2019年6月7日閲覧
  16. ^ a b c ☆思い出の吉祥寺「名店会館」(現・東急百貨店) ( 東京都 ) - ☆夢織人の街TOKYO散歩&思い出の場所Ⅱ - Yahoo!ブログ
  17. ^ 産経学園では最初に開校した。現在は御殿山クリスタルパークビルにある。
  18. ^ 現:アトレ吉祥寺。
  19. ^ 1996年5月にユザワヤ吉祥寺店が開店したのち、2004年平成16年)に京王電鉄が現在のビルオーナーとなった。改築工事を経て2014年(平成26年)にキラリナ京王吉祥寺として開業。なお、ユザワヤは啓文堂書店とともに丸井吉祥寺店にしばらく移転していたが、新ビル完成とともに再移転した。
  20. ^ 新生・東急吉祥寺店 10/23 GRAND OPEN!”. 株式会社東急百貨店. 2014年10月23日閲覧。
  21. ^ 当社吉祥寺店で発生いたしましたエレベーター事故について - 株式会社東急百貨店、2009年9月15日[リンク切れ]

関連項目編集

外部リンク編集