松村 祥史(まつむら よしふみ、1964年昭和39年〉4月22日[1] - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(4期)、国家公安委員会委員長(第101代)、国土強靭化担当大臣領土問題担当大臣内閣府特命担当大臣防災海洋政策)。

松村 祥史
まつむら よしふみ
2022年撮影
生年月日 (1964-04-22) 1964年4月22日(60歳)
出生地 日本の旗 日本 熊本県球磨郡上村
(現・あさぎり町
出身校 専修大学経営学部経営学
前職 熊本県商工会青年部連合会会長[1]
全国商工会青年部連合会会長[1]
所属政党 自由民主党茂木派
称号 経営学士
配偶者
公式サイト 参議院議員 松村よしふみ 公式サイト

内閣 第2次岸田第2次改造内閣
在任期間 2023年9月13日[2] - 現職

選挙区比例区→)
熊本県選挙区
当選回数 4回
在任期間 2004年7月26日 - 現職
テンプレートを表示

経済産業副大臣第3次安倍第2次改造内閣)、経済産業大臣政務官福田康夫改造内閣麻生内閣)、参議院決算委員長、同政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員長、同議院運営委員長、同行政監視委員長、同環境委員長自由民主党総務会長代理、同幹事長代理、同副幹事長、同広報本部長代理、同水産部会長を歴任した[1][3][4]

商工会の政治組織である全国商工政治連盟の組織内候補[5]

来歴 編集

 
2008年

人物 編集

政策・主張 編集

憲法 編集

  • 憲法改正について、2022年のNHKのアンケートで「賛成」と回答[11]
  • 9条改憲について、2022年の毎日新聞社のアンケートで「改正して自衛隊の存在を明記すべきだ」と回答[12]。9条への自衛隊の明記について、2022年のNHKのアンケートで「賛成」と回答[11]
  • 憲法を改正し緊急事態条項を設けることについて、2022年のNHKのアンケートで「賛成」と回答[11]

外交・安全保障 編集

  • 普天間基地辺野古移設について、2022年の毎日新聞社のアンケートで「どちらかと言えば賛成」と回答[12]
  • ロシアは2022年2月24日、ウクライナへの全面的な軍事侵攻を開始した[13]。日本政府が行ったロシアに対する制裁措置についてどう考えるかとの問いに対し、2022年のNHKのアンケートで「適切だ」と回答[11]。同年の毎日新聞社のアンケートで「今の制裁で妥当だ」と回答[12]
  • 2022年6月7日、政府は経済財政運営の指針「骨太方針」を閣議決定した。NATO加盟国が国防費の目標としている「GDP比2%以上」が例示され、防衛力を5年以内に抜本的に強化する方針が明記された[14]。「防衛費を今後どうしていくべきだと考えるか」との問いに対し、2022年のNHKのアンケートで「ある程度増やすべき」と回答[11]
  • 徴用工訴訟問題慰安婦問題などをめぐり日韓の対立が続くなか、関係改善についてどう考えるかとの問いに対し、2022年の毎日新聞社のアンケートで「互いに譲歩すべきだ」と回答[12]

ジェンダー 編集

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2010年の毎日新聞社のアンケートで「反対」と回答[15]。2016年の朝日新聞社のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[16]。2022年のNHKのアンケートで回答しなかった[11]。同年の毎日新聞社のアンケートで、選択肢以外の回答をした[12]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2022年のNHKのアンケートで回答しなかった[11]。同年の毎日新聞社のアンケートで、選択肢以外の回答をした[12]
  • クオータ制の導入について、2022年のNHKのアンケートで「反対」と回答[11]

その他 編集

  • アベノミクスについて、2022年の毎日新聞社のアンケートで「当面は継続すべきだ」と回答[12]
  • 原子力発電への依存度を今後どうするべきか」との問題提起に対し、2022年のNHKのアンケートで「今の程度でよい」と回答[11]
  • 国会議員の被選挙権年齢の引き下げについて、2022年の毎日新聞社のアンケートで「賛成」と回答[12]

政治献金 編集

政治資金問題 編集

寄付還流問題 編集

2013年、松村自身が代表を務める政党支部を通して480万円を自身の資金管理団体などに寄付し、税の優遇を受けていたことがわかった[18]

借金に関する問題 編集

2014年11月、自己の政治資金管理団体「あさぎり会」から、平成22年時点で840万円を借りているまま、その後に利息を1円も払わないで返済もしていないことが分かった[19]。契約書の有無は現時点では不明だが、もし書類を借金の名目で作っていたとしても、事実上かえすのもかえさないのも自分の一存なので実質的な寄付として、政治資金規正法に違反して刑事罰を受ける可能性がある。松村氏は自分の所得480万円→自分で代表している自民党支部へ寄付(これにより、480万円にかかる所得税などが、租税特別措置法控除)→「あさぎり会」へ寄付→④自分に無利息で貸し付けて返済せず、ということになる[20]

政治資金不記載 編集

2010年参院選の収支報告書にある政党支部からの寄付3500万円の記載が支部の政治資金収支報告書になかったことが指摘された[21]。松村は、誤記載や記載漏れの可能性があること「3千万円は自己資金だったと思う。迂回献金などのやましいお金ではない」と説明している[21]

指名停止企業からの献金 編集

2023年、松村が代表を務める自由民主党熊本県参議院選挙区第1支部が、国などから指名停止措置を受けた熊本県荒尾市の建設業者から献金を受けていたことが分かった。計28万円を既に返金し、事務所は「法令違反ではないが、道義上の観点から返金し、今後も寄付を受けない」と説明した[22]

選挙歴 編集

当落 選挙 執行日 年齢 選挙区 政党 得票数 得票率 定数 得票順位
/候補者数
政党内比例順位
/政党当選者数
第20回参議院議員通常選挙 2004年07月11日 40 比例区 自由民主党 15万2630票 48 / 15/15
第22回参議院議員通常選挙 2010年07月11日 46 熊本県 自由民主党 39万3674票 44.23% 1 1/5 /
第24回参議院議員通常選挙 2016年07月10日 52 熊本県 自由民主党 44万607票 59.14% 1 1/4 /
第26回参議院議員通常選挙 2022年07月10日 58 熊本県 自由民主党 42万6623票 62.17% 1 1/4 /

所属団体・委員会・議員連盟役職等 編集

国会関係
自民党関係
その他

支援団体 編集

脚注 編集

  1. ^ a b c d プロフィール”. 松村よしふみ Official Site. 2024年1月24日閲覧。
  2. ^ 『官報 令和5年特別号外第62号1-2頁 人事異動 内閣』(プレスリリース)国立印刷局、2023年9月13日。 
  3. ^ “国会議員情報 松村 祥史(まつむら よしふみ)”. 時事ドットコム (時事通信社). https://www.jiji.com/sp/giin?d=b0fcaefbc4d56ba77681f2412666a185&c=san 2024年1月24日閲覧。 
  4. ^ 氏名:松村 祥史(まつむら よしふみ)” (PDF). 警察庁. 2024年1月24日閲覧。
  5. ^ ホーム”. 全国商工政治連盟. 2024年4月13日閲覧。
  6. ^ 副大臣.20人交代 閣議決定
  7. ^ “臨時国会開会、新たな常任委員長決まる”. Qnewニュース. https://qnew-news.net/news/2019-10/2019100711.html 2019年10月18日閲覧。 
  8. ^ “第2次岸田再改造内閣の閣僚名簿発表”. 産経新聞. (2023年9月13日). https://www.sankei.com/article/20230913-OWNZ2Z2IEVOJ7EZYLE2WXDWBV4/ 2023年9月13日閲覧。 
  9. ^ 2024年(令和6年)1月1日内閣府告示第1号「災害対策基本法第二十三条の三第一項の規定に基づき、特定災害対策本部を設置する件」
  10. ^ a b “松村祥史国家公安委員長の横顔”. 日本経済新聞. (2023年9月13日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA101P70Q3A910C2000000/ 2024年5月24日閲覧。 
  11. ^ a b c d e f g h i j 選挙区 熊本”. 候補者アンケート - 参院選2022. NHK. 2022年6月27日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h 松村祥史 自民 熊本”. 第26回参院選. 毎日新聞社. 2022年6月28日閲覧。
  13. ^ ロシアが全面侵攻開始、ウクライナは自国を防衛=クレバ外相”. ロイター (2022年2月24日). 2022年2月28日閲覧。
  14. ^ 川田篤志、柚木まり (2022年6月8日). “防衛費や子ども関連費倍増も 財源検討は参院選後に先送り 政府が「骨太方針」閣議決定”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/182147 2022年6月27日閲覧。 
  15. ^ 毎日新聞2010年衆院選アンケート
  16. ^ 朝日新聞2016年参院選候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査)、(2016年6月23日閲覧)
  17. ^ 2017/11/1内閣の政務三役、自民党役員のタバコ業界からの献金額、たばこ議連・特別委員会所属一覧”. 「子どもに無煙環境を」推進協議会 (2018年1月30日). 2022年6月25日閲覧。
  18. ^ 「国会議員17人、寄付還流 党支部介し税優遇受ける」 朝日新聞 2013年4月20日
  19. ^ 松村祥史 借入書
  20. ^ 自民: 松村参院議員 自分の政治資金管理団体から840万円を自分にトンネル融資:無利息で借入れ、返済なし エコーニュース
  21. ^ a b 「寄付金不記載『やましい金ではない』 自民松村参院議員」朝日新聞、2016年1月23日。
  22. ^ “指名停止企業から献金 松村国家公安委員長の支部 熊本”. 産経新聞. (2023年9月22日). https://www.sankei.com/article/20230922-I3BS33TEFVN6FMJHW6WDPRQ6F4/ 2023年9月22日閲覧。 
  23. ^ “2022年2月号”. 全国たばこ新聞 (全国たばこ販売協同組合連合会). (2022年1月25日). https://zenkyou.xsrv.jp/wp-content/uploads/2022/01/%E5%85%A8%E5%9B%BD%E3%81%9F%E3%81%B0%E3%81%93%E6%96%B0%E8%81%9E2022%E5%B9%B42%E6%9C%88%E5%8F%B7.pdf 2022年1月30日閲覧。 
  24. ^ 政務調査会(部会・調査会・特別委員会等) - 自由民主党 役員”. 自由民主党. 2020年4月11日閲覧。
  25. ^ a b 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  26. ^ “2022年6月号”. 全国たばこ新聞 (全国たばこ販売協同組合連合会). (2022年5月25日). https://zenkyou.xsrv.jp/wp-content/uploads/2022/05/%E5%85%A8%E5%9B%BD%E3%81%9F%E3%81%B0%E3%81%93%E6%96%B0%E8%81%9E2022%E5%B9%B46%E6%9C%88%E5%8F%B7.pdf#page=6 2022年5月26日閲覧。 

外部リンク 編集

公職
先代
谷公一
  国家公安委員会委員長
第101代:2023年 -
次代
現職
先代
谷公一
  特命担当大臣防災
第34代:2023年 -
次代
現職
先代
谷公一
  特命担当大臣海洋政策
第12代:2023年 -
次代
現職
先代
鈴木淳司
高木陽介
  経済産業副大臣
高木陽介と共同
2016年 - 2017年
次代
西銘恒三郎
武藤容治
先代
荻原健司
山本香苗
  経済産業大臣政務官
谷合正明と共同
2008年 - 2009年
次代
近藤洋介
高橋千秋
議会
先代
野村哲郎
  参議院決算委員長
2021年 - 2022年
次代
佐藤信秋
先代
山谷えり子
  参議院政治倫理の確立
及び選挙制度に関する特別委員長

2020年 - 2021年
次代
松下新平
先代
末松信介
  参議院議院運営委員長
2019年 - 2020年
次代
水落敏栄
先代
江口克彦
  参議院行政監視委員長
2014年 - 2016年
次代
礒崎陽輔
先代
北川イッセイ
  参議院環境委員長
2011年 - 2012年
次代
川口順子