メインメニューを開く

清水 まゆみ(しみず まゆみ、本名;小高 鞠子、旧芸名;清水 マリ子1940年3月19日 - )は、日本の女優北海道室蘭市出身。室蘭文化学園(現・北斗文化学園)中退。

しみず まゆみ
清水 まゆみ
別名義 (旧芸名)清水マリ子
生年月日 (1940-03-19) 1940年3月19日(79歳)
出生地 日本の旗 日本, 北海道室蘭市
職業 女優
活動期間 1957年 - 現在
配偶者 小高雄二
著名な家族 小高恵美(姪)
岡崎つぐお(甥)[1][信頼性要検証]
主な作品
テレビドラマ
北の国から
テンプレートを表示

目次

人物・略歴編集

清純派を思わせる美貌にスラリとした肢体を兼ね備え、爽やかな役柄から悪女役まで幅広く演じた。

1957年日活月下の若武者』で津川雅彦の相手役に合格。日活に入社し、清水マリ子の芸名でデビューする。

1958年石原裕次郎主演『紅の翼』で、清水まゆみに改名。和田浩治とコンビを組むなど、多くの映画に出演した。

1963年にフリーとなって以降はテレビドラマに出演。特に『北の国から』での中畑みずえ(中畑のおばさん)役は代表作のひとつ。

出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

出典編集

外部リンク編集