メインメニューを開く

渡部 一丁(わたなべ いっちょう、1979年4月27日[1] - )は日本の芸人兵庫県西宮市出身。甲南大学法学部経営法学科卒業。

渡部 一丁
ニックネーム 一丁 一丁さん ピッコロさん
生年月日 (1979-04-27) 1979年4月27日(40歳)
出身地 兵庫県西宮市
血液型 AB
身長 168cm
言語 日本語
方言 関西弁
最終学歴 甲南大学法学部経営法学科卒
コンビ名 プラッチック
相方 仁田和伸(ニッタロビンソン)
芸風 漫才(ボケ)、漫談、コント
立ち位置
事務所 ソニー・ミュージックアーティスツ
活動時期 2004年3月 -
同期 海山昆布
マリリンジョイ
マドンナ松浦
ちょむ&マッキー・マッキー
作品 単独ライブ「一丁上がり!」DVD
他の活動 俳優
公式サイト 「世界一すべらない生物になりたい」 ~芸人・渡部一丁(プラッチック)のブログ~(公式ブログ)
[1]
テンプレートを表示

目次

経歴・人物編集

  • 2003年、約2年間の役者生活を経て芸人として上京する[2]
  • ワタナベエンターテインメント所属(2005年頃。当時まだWCSが無かった)、フリーランスを経て、ソニー・ミュージックアーティスツ所属。
  • 漫才を志向するも相棒も見つからず、落語も好きだった為に漫談・一人ネタ等を始める。二度行われた単独ライブでは創作落語も披露している。コンビ「プラッチック」を結成して以降は漫才にシフトしている[3]
  • 古川登志夫の声帯模写ができ、ピッコロ (ドラゴンボール)や、ポートガス・D・エースをはじめとした、古川演ずるキャラクターの物まねを得意とするが、お母さんと一緒のピッコロは「ポロリの声がフリーザだからやらない」と発言している。古川本人とも交流があり、古川が渡部の出演するお笑いライブを観賞に来た際、非常に緊張したとブログに載せていた[4]。また、古川自身もウェブサイトやtwitterにて、渡部一丁について触れている。もともとプライベートで古川の声帯模写を行っていたのを、山本高広が聞き、本格的にやるように薦められたことが契機であるとしている[5]。 また、2012年8月5日放送の「ご自慢ライブ おしあげNOW!」の生放送でピッコロに扮した渡部は「古川登志夫公認ピッコロ芸人」として古川と共演を果たしている[6]
  • 漫談を披露した際に審査員で来ていた倉本美津留に「若い頃のさんまさんを彷彿とさせる」と評された事がある[7]エピソードに端を発し、しばしば周囲から揶揄半分で「平成のさんま」と称されることがある。
  • 高校時代にフランスの日本人学校にいたこともある[8]がフランス語は話せない。負けず嫌いで、サッカー部では副キャプテンでゴールキーパーだったが、背が高い他のキーパーに負けたくない為に、ひたすらジャンプの練習をし過ぎて膝を痛めた。
  • 高校の頃はボクシングやキックボクシングをやっていた。大学時代に少林寺拳法部の主将をしていた。関西学生大会において最優秀賞受賞歴がある。二度ほど拳を骨折したことがある。
  • ピン芸人での活動は2004年3月~2011年10月まで。尚、2010年9月22日に単独ライブ「一丁上がり!」[9]、2011年9月17日に単独ライブ「もう一丁!!」[10]を開催した。
  • コンビとしての活動は2011年11月~、仁田和伸(ニッタロビンソン)とお笑いコンビ「プラッチック」[3]を結成。ボケを担当している。仁田とは同年夏頃に初めて出会い、お互いに面識もなかったが、知人から紹介されて出会った[2]。2012年9月25日にプラッチック初単独ライブ「スージャオチュン」[11]を開催した。2015年7月3日に第二回単独「プラッチック超」[12]を開催した。
  • オファーがある際には一人でテレビやイベントに出演し、NSC出身でもないフリーの芸人ながら、2011年にエースでヨシモト∞ホール(イベント名「チョコバナナ」山里亮太・LLR・R藤本)に、2012年にピッコロでルミネtheよしもと(イベント名「D関無双」*ダイナマイト関西スピンオフ的イベント、「はりけ~んず前田おたく単独ライブ『登風』」など)の舞台に立った稀有な経歴を持つ。
  • 2019年3月1日から動画配信サービスpocochaでの配信を開始。お笑いライブの無い日はたいてい22時頃から24時頃に配信。お笑いライブのある日は配信を休むか、ライブ終了後に短時間配信することもある。夕方頃にジムでのトレーニング風景を配信している事もあり、ストイックなトレーニング姿は特に初見リスナーに衝撃を与えている。
  • Youtubeでのリアルタイムダイエット企画「Free'z Boot Camp(フリーズブートキャンプ)」に2018年7月~9月の間参加しており、ウエストを73cmから62cmまで、体重を59.2kgから50.5kgまで、体脂肪を15.7%から5%まで絞っている(結果発表時)。以降筋トレを続けており、2019年6月2日開催のSUMMER STYLE AWARD 2019スタイリッシュガイ部門に出場。

出演作品編集

  • 渡部一丁単独ライブ「一丁上がり!」(DVD)
  • 渡部一丁単独ライブ其ノ二「もう一丁!!」(DVD)

テレビ編集

ラジオ編集

  • 古川登志夫のくるくるドリーム(MID-FM及びSimulRadio、2013年3月15日)
  • pocoっとchaンネル(文化放送、2019年5月6日-2019年6月24日)※毎週月曜(火曜早朝)に放送

CM編集

インターネット編集

ニコニコ生放送編集

過去のレギュラー
  • みんなのジャグラー生放送(2013年2月16日 - 2014年3月22日)※コンビで出演。毎月第四土曜日放送。PmartTVの番組
  • アイハツ(2013年4月25日 - 6月27日)
  • 火曜プラッチック劇場(2013年5月7日 - 2014年2月25日) ※毎週火曜日に放送
単発
  • ニコニコ超会議
    • ニコニコ超会議出張版!! 吉本芸人 劇団アニメ座公演(2012年4月28日)
    • 【ニコニコ超会議2018】超料理ステージ supported by カゴメ(2018年4月28日)
  • ブシモ放送局(2014年2月14日)
  • ニコニコ町会議
    • ニコニコ町会議 in 大阪 水都大阪ミナミフェスティバル2014(2014年11月1日)
    • ニコニコ町会議 in 大阪 とんぼりリバーウォークステージ(2014年11月1日)
  • YOUは何しに池ハロへ(2018年10月28日)

その他のネット番組編集

ライブ編集

  • きらめきニシキ
  • SMAトライアウトライブ
  • パワーオブフリー
  • 漫才キングダム
  • お智だちライブ
  • ムチャブラレ
  • ミライビト
  • drop dead gorgeous
  • 漫才協会主催浅草東洋館漫才大行進(道場破り枠)
  • ヤンチャラライブ

トークライブ編集

  • 怪パ(第1回、2回)
  • いちょけん

劇団アニメ座編集

  • アニメ座VSシリーズ〜VS DB芸人〜(13式催事空間、2014年8月8日)
  • アニメ座VSシリーズ劇場版〜アニメ座vsDB芸人〜(ヨシモト∞ホール、2015年1月10日)
  • 第4次 アニメ座vsDB芸人(新宿ロフトプラスワン、2016年8月5日)
  • アニメ座vsDB芸人 OMIYA GALAXY(大宮ラクーンよしもと劇場、2017年9月26日)

DBナイト関連編集

  • DBナイト(2012年6月8日 - )
  • 劇団アニメ座DB(新宿シアターモリエール、2013年3月2日)
  • DB芸人ネタライブ(CHARA DE 阿佐ヶ谷、2017年3月2日)
  • 劇団アニメ座DB超(ルミネtheよしもと、2017年11月23日)

DB芸人バーサスライブ編集

  • DB芸人バーサスライブin大宮(大宮ラクーンよしもと劇場、2018年1月30日-)※ほぼ毎月開催

単独ライブ編集

  • 第1回渡部一丁単独ライブ「一丁上がり!」(新宿V-1、2010年9月22日)
  • 第2回渡部一丁単独ライブ「もう一丁!!」(新宿劇場バイタス、2011年9月17日)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 一丁のプロフィール” (日本語). 渡部一丁. 2013年2月9日閲覧。
  2. ^ a b 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(86)】ピンとコンビの活動を両立する、プラッチック(1/2)”. サンケイスポーツ (2016年8月3日). 2016年8月3日閲覧。
  3. ^ a b サプライズデビュー戦”. 2016年11月19日閲覧。
  4. ^ 私の心は五月晴れ”. 2016年11月19日閲覧。
  5. ^ シンガタ 出演者紹介” (日本語). 日本テレビ. 2013年2月9日閲覧。
  6. ^ 今日はご自慢ライブ 押上Nowからのぎりぎりこしょう”. 2013年11月23日閲覧。
  7. ^ 褒められてノビないくん”. 2016年11月19日閲覧。
  8. ^ 高校教師の森田童子抜き”. 2016年11月19日閲覧。
  9. ^ 戦いを終えて”. 2016年11月19日閲覧。
  10. ^ もう一丁!!終わりました”. 2016年11月19日閲覧。
  11. ^ プラッチック初単独ライブ”. 2016年11月19日閲覧。
  12. ^ 単独ライブの感想や感謝、感慨など”. 2016年11月19日閲覧。

外部リンク編集