メインメニューを開く

犬神の悪霊』(いぬがみのたたり)は、東映1977年6月18日に公開したホラー映画である。

犬神の悪霊
監督 伊藤俊也
脚本 伊藤俊也
出演者 大和田伸也
音楽 菊池俊輔
撮影 仲沢半次郎
編集 戸田健夫
公開 日本の旗 1977年6月18日
上映時間 103分
製作国 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

目次

概要編集

1976年の『オーメン』、『犬神家の一族』の大ヒットで到来した恐怖映画ブームを受け、松竹が準備中の『八つ墓村』のメディア露出の増加を見た東映の岡田茂社長が「恐怖映画を作れ!」と号令をかけ製作された[1]

監督・脚本を担当した伊藤俊也は、1973年の『女囚さそり けもの部屋』で梶芽衣子と衝突して干されてからの復活戦であったが、本作で大コケして1982年の『誘拐報道』の逆転ホームランを打つまでまた5年間の雌状期間を強いられた[1]

伊藤は日本土着の差別問題である犬神憑き・狐憑きに焦点を当て、前半は文明・都会人の象徴である主人公が地方で犬神憑きによる差別に直面する……という物語であったが、途中から本当に犬神が取り憑いて大暴れする少女とのバトルホラーになるという展開を見せ、焦点がぼやけた、しかし印象的で個性的な作品に仕上がっている。特にラスト、焼かれていた主人公の死体が突然起き上がって溶けていくシーンは意図が捉えがたく、作品の評価を分ける原因となっている。

ストーリー編集

ウラン技師・加納竜次は同僚の安井・西岡と共にウラン鉱探査のためにある地方の寒村を訪れるが、その際に車が路傍の小さなを破壊してしまう。その後、加納は村長・剣持剛造の娘である麗子と結婚するが、その直後に西岡が発狂して自殺し、安井が野犬の群れに襲われて殺される。麗子は祠の件や、親友の垂水かおりが竜次に惚れていた事を知り、犬神の祟りだと断定し、次第に精神に異常をきたしていく。現代医学でも治療はできず、やむなく竜次は麗子の実家へ帰郷。そして犬神に憑かれたと断定された麗子は、憑き物落としの責め苦に耐え切れず、絶命する。それにより、村で犬神憑きの家系として忌み嫌われていた垂水家は村人達の憎悪を集めることになり、さらに竜次の会社がウラン採掘時に使った酸が村の水源に流れ込み、村人たちの中に死者が出る。村人達はそれを犬神=垂水家の仕業と断定、主人である垂水隆作の留守中に、かおりたち家族を皆殺しにする。隆作は犬を土中に埋めて呪いと共に犬の首を刎ねた。宙を飛ぶ犬の首に喉笛を噛み切られ、隆作は絶命。そしてその瞬間、磨子に犬神が取り憑き、村人たちへの復讐が始まった……。

スタッフ編集

キャスト編集

※クレジット順

ビデオソフト編集

  • 一般家庭にビデオが普及する前の1981年頃、東映芸能ビデオからVHSが5万8000円で発売されていた[2]
  • その後、長らく映像ソフトが再発売されず視聴困難な状態が続いていたが、2007年7月21日に東映ビデオからDVDが発売された。

脚注編集

  1. ^ a b 映画秘宝EX『鮮烈!アナーキー日本映画史1959-1979』洋泉社、2012年、p.199
  2. ^ 「ビデオコレクション1982」1981年、東京ニュース通信社、「週刊TVガイド」臨時増刊12月2日号

外部リンク編集