メインメニューを開く

王シュレット事件(おうシュレットじけん)は、2003年フジテレビ系列水10!』の1コーナーとして放送されていた番組『ワンナイR&R』(渡辺琢演出)で、プロ野球福岡ダイエーホークス監督(当時)・王貞治(現:福岡ソフトバンクホークス会長、以下この項目での表記は王監督)を侮辱するような内容のコントがホークスの地元局のテレビ西日本を含めて放送され、フジテレビやテレビ西日本に批判や苦情が寄せられた騒動である。

王シュレット事件
場所 フジテレビジョン
日付 2003年平成15年)8月13日
概要 当時プロ野球福岡ダイエーホークス監督であった王貞治を侮辱する内容のコントを放送した。
他の被害者 王貞治
対処 スポンサーの降板
2003年の日本シリーズの中継にフジテレビ系列のテレビ局を推薦しないと発表
謝罪 あり(ただし、15秒程度の謝罪であったため批判があった)
テンプレートを表示

目次

経緯編集

2003年8月13日、番組で放送された、通販番組を題材にしたコーナー「ジャパネットはかた」で山口智充DonDokoDon)と宮迫博之雨上がり決死隊)が、王監督の顔の模型を便器内に仕掛けたウォシュレット(王シュレット)を売り込む内容のコントを放送した[1]

放送後の反応編集

このコントで、王監督を侮辱したとして球団側がフジテレビに抗議[2]。その後、フジテレビ側が本人と球団関係者に謝罪する[3]も、8月19日、球団オーナー代行の高塚猛は「同年の日本シリーズ中継にフジテレビ系列のテレビ局を推薦しない」方針を表明[2]し、最終戦の放送権はテレビ東京が獲得した。

また、日本シリーズでの対戦相手であった阪神タイガース監督(当時)の星野仙一もスポーツ紙からの取材[4]に際し、フジテレビおよび山口と宮迫の所属する吉本興業に対する不快感を激しい口調で表明し、これを受けて阪神球団もフジテレビ系列局を推薦しなかった。

番組の制作局であるフジテレビは、テレビ西日本関西テレビを含む番組の制作に一切関与していないフジテレビ系列FNNFNS)のすべての地方系列局も巻き込む形で責任を取ることとなり、2003年の日本シリーズについて、日本テレビ系列とのクロスネット局であるテレビ大分NNNNNSともに加盟)・テレビ宮崎(NNNのみ加盟・さらにテレビ朝日系列〈ANN〉にも加盟)以外のFNS系列局では試合中継の放送が全く行われない事態となった(第7戦のダイジェスト中継も後述のクロスネット2局を含むフジテレビ系列局では実施されなかった)。

クロスネット局での『水10!』の通常の編成は、テレビ大分では遅れネットで、テレビ宮崎は同時ネットであった。この年の日本シリーズについては、テレビ大分は第2戦のみ、テレビ宮崎は第2戦と第5戦をいずれも日本テレビ系列ネットで放送した。

また、ウォシュレットのコントではビデを捩った「シゲ」という器具も紹介され、スイッチを押すと山口が長嶋茂雄の口調で器具の作動アナウンス音を再現する場面があり、かつて王監督とともに巨人の顔であった長嶋茂雄(現:同球団終身名誉監督)を連想させるものであったが、これに関しては長嶋本人や親族(夫人や公的活動を行っている実子)および読売グループ読売新聞社・読売巨人軍・日本テレビ報知新聞社など)からの抗議は特になかった。

事件への対応とその影響編集

事件の翌週(2003年8月20日)の放送では、冒頭でフジテレビアナウンサー(当時)の須田哲夫が謝罪した[2]が、謝罪の放送時間が15秒程しかなかったため、視聴者からは「この程度では謝罪にならない」という苦情や批判が寄せられた[5]

この事件を受け、8月20日 - 9月末まで『水10!』自体は前後提供クレジットは自粛した。また、この事件の影響から、番組名も『水10!・ワンナイ』から『水10!』となり、新聞の番組表にも『ワンナイ』のみ番組タイトルの表記はなくなった。この他にも、「企業イメージを損ねた」として、ウォシュレットの製造元かつ商標権者でもある東陶機器株式会社[6]北九州市、スポーツ支援顧問に王監督を起用していた)やコーナーのネタ元になったジャパネットたかた佐世保市、同年3月までホークスのスポンサーであった)が『FNNスーパーニュース』などのスポンサーを降板し(ジャパネットは後に復帰)、CMは公共広告機構(現:ACジャパン)のものに差し替えられる事態になった。

この事件について、王は「野球界と芸能界を一緒にするからこういうことになる」との見解を示し、加えて「僕自身は実際に(同番組の映像を)見ていないが、かなりえげつないものだったと聞いている。対応?それは球団に任せているから。」とコメントした[7]。その一方で、明石家さんまは、朝日新聞のインタビュー記事にて、この件に触れ、同コントの出演者に関してはフォローするコメントを述べている。

その後、ホークスの日本シリーズのFNS系列での中継放送は後身の福岡ソフトバンクホークスにて、後任の秋山幸二監督が指揮をとる2011年[8]まで行われなかった[9]

一方、ホークスがソフトバンクグループに入った2005年以降、ソフトバンクSoftBankY!mobile名義としての提供も含む)や、ダイエーを経営破綻後に買収したイオンや、TOTOは、フジテレビにも全国ネット番組の提供を含めたCM出稿を行っている他、イオンはコンテンツ事業でもフジテレビとの提携を行っている[10]

脚注編集

  1. ^ “チェック機能の甘さ浮き彫り フジの王監督侮辱問題”. 共同通信社. 47NEWS. (2003年8月22日). http://www.47news.jp/CN/200308/CN2003082201000428.html 2013年9月1日閲覧。 
  2. ^ a b c “「深くおわび」と番組で謝罪 フジテレビ、王監督侮辱コント”. 共同通信社. 47NEWS. (2003年8月20日). http://www.47news.jp/CN/200308/CN2003082001000694.html 2013年9月1日閲覧。 
  3. ^ 「ワンナイR&R」8月13日放送について(フジテレビ)
  4. ^ スポーツニッポン2005年8月18日、第1面、スポーツニッポン新聞社
  5. ^ スポーツニッポン』2003年8月22日付。
  6. ^ 2007年からTOTO株式会社。ブランドはTOTOのまま。
  7. ^ 西日本新聞』2003年8月19日付。
  8. ^ 2010年にもホークスはリーグ優勝するが、2007年から設立されたクライマックスシリーズ西村徳文監督が指揮をとる当時3位であった千葉ロッテマリーンズが同年の日本シリーズに進出したため。
  9. ^ 対戦相手は2010年、2011年共に落合博満監督が指揮を執る中日ドラゴンズ
  10. ^ イオンとフジテレビ 子供向け番組を制作し知的財産を共同管理 アジア展開も - 産経新聞2018年10月10日

関連項目編集