メインメニューを開く

石井 光太(いしい こうた、1977年2月7日 - )は、日本のノンフィクション作家小説家作家東京都世田谷区生まれ。日本大学藝術学部文芸学科卒業[1]

ノンフィクションだけでなく、絵本漫画原作、シナリオ、写真集、小説なども発表している。

目次

略歴編集

2005年、『物乞う仏陀』(文藝春秋)でデビュー。同年の開高健ノンフィクション賞大宅壮一ノンフィクション賞にノミネートされる。[2]

2011年9月、『レンタルチャイルド』(新潮社)が第33回講談社ノンフィクション賞にノミネートされ、選考委員の立花隆からは高い評価を受けた。[3]

2012年3月、第18回 「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」で、「ルポ 遺体安置所の人びと/遺体捜索」が「震災・原発報道特別賞」受賞[4]

2012年、『遺体-震災、津波の果てに』が、第34回講談社ノンフィクション賞と第11回新潮ドキュメント賞にノミネート。[5]

2012年8月19日、TBS系列『情熱大陸』に出演。[6]

2012年11月、日経ビジネスの「次代を創る100人」に選出。[7]

2013年、『遺体-震災、津波の果てに』を原作にした映画『遺体 明日への十日間』が公開された。監督:君塚良一、主演:西田敏行、第36回モントリオール世界映画祭ワールド・グレーツ部門正式招待作品。[8]

2013年11月、初の小説『蛍の森』(新潮社)を上梓。また、児童書『ぼくたちは なぜ、学校へ行くのか。―マララ・ユスフザイさんの国連演説から考える』(ポプラ社)を上梓。

2014年4月、NHK総合テレビのニュース番組「NEWS WEB」の第三期ネットナビゲーターに就任。[9]

2015年8月、『浮浪児1945-』がNHK「少年たちのゼロ年 NHK 戦後史証言プロジェクト 戦後ゼロ年」の原作となる。[10]

2016年3月、「シリーズ 奈落の子供たち」(「新潮45」掲載、のちに単行本『「鬼畜」の家』)が第47回大宅壮一ノンフィクション賞にノミネート。[11]

2018年7月、芥川賞候補作「美しい人」(北条裕子、群像新人賞受賞作)に『遺体』からの盗作・転用があることが判明。講談社は石井と新潮社に謝罪。[12]

2018年11月、『43回の殺意』が第一回本屋大賞 ノンフィクション本大賞にノミネート。[13]

2019年1月、TOKYO FMスペシャルコンテンツ「ニュースが伝えない深層とドキュメンタリー」のパーソナリティーに就任(毎週木曜日)。[14]

2019年3月、『原爆 広島を復興させた人びと』が第九回広島本大賞ノンフィクション部門を受賞。[15]

2019年4月、NHK総合テレビ「クローズアップ現代+」にレギュラー出演(毎週水曜日)。[16]

著書編集

  • 『物乞う仏陀』(2005年、文藝春秋)のち文春文庫
  • 『神の棄てた裸体-イスラームの夜を歩く』(2007年、新潮社)のち新潮文庫
  • 『絶対貧困-世界最貧民の目線』(2009年、光文社)のち新潮文庫
  • 『日本人だけが知らない日本人のうわさ-笑える、あきれる、腹がたつ』(2010年、光文社新書
  • 『レンタルチャイルド-神に弄ばれる貧しき子供たち』(2010年、新潮社)のち新潮文庫
  • 『地を這う祈り』(2010年、徳間書店)
  • 『感染宣告-エイズなんだから、抱かれたい』(2010年、講談社)のち講談社文庫
  • 『おかえり、またあえたね ストリート・チルドレンのものがたり』(2011年、東京書籍)
  • 『飢餓浄土』(2011年、河出書房新社)
  • 『ルポ 餓死現場で生きる』(2011年、ちくま新書
  • 『遺体-震災、津波の果てに』(2011年、新潮社)のち新潮文庫
  • 『ニッポン異国紀行-在日外国人のカネ・性愛・死』(2012年、NHK出版新書)
  • 『アジアにこぼれた涙』(2012年、旅行人)
  • 『戦場の都市伝説』(2012年、幻冬舎新書)
  • 『津波の墓標』(2013年、徳間書店)のち徳間文庫カレッジ
  • 『東京千夜』(2013年、徳間書店)
  • 『僕らが世界に出る理由』(2013年、ちくまプリマー新書
  • 『世界の美しさをひとつでも多くみつけたい』(2013年、ポプラ新書
  • 『ぼくたちは なぜ、学校へ行くのか。―マララ・ユスフザイさんの国連演説から考える』(2013年、ポプラ社
  • 『蛍の森』(2013年、新潮社)
  • 『世界貧困学入門』(2014年、PHP研究所)
  • 『浮浪児1945-戦争が生んだ子供たち』(2014年、新潮社)
  • 『ちいさなかみさま』(2014年、小学館)
  • 『みんなのチャンス』(2014年、少年写真新聞社)
  • 『幸せとまずしさの教室―世界の子どものくらしから』(2015年、少年写真新聞社)
  • 『祈りの現場』(2015年、サンガ)
  • 『君が世界を変えるなら』(シリーズ三作、2016年、ポプラ社)
  • 『「鬼畜」の家』(2016年、新潮社)
  • 『砂漠の影絵』(2016年、光文社)
  • 『世界の産声に耳を澄ます』(2017年、新潮社)
  • 『世界で一番のクリスマス』(2017年、文芸春秋)
  • 『43回の殺意』(2017年、双葉社)
  • 『原爆』(2018年、集英社)
  • 『漂流児童』(2018年、潮出版)
  • 『虐待された少年はなぜ、事件を起こしたのか』(2019年、平凡社)

編著編集

  • ノンフィクション新世紀-世界を変える、現実を書く。(責任編集、2012年、河出書房新社)

テレビ・ラジオレギュラー編集

  • NHK総合テレビ「NEWS WEB」ナビゲーター(2014年~2015年 火曜日ネットナビゲーター3期)[17]
  • TOKYO FM「ニュースが伝えない深層とドキュメンタリー」パーソナリティー(2019年~ 毎週木曜日)[18]
  • NHK総合テレビ「クローズアップ現代+」レギュラーゲスト(2019年~ 毎週水曜日)[19]

注釈・出典編集

  1. ^ プロフィール”. 石井光太. 2017年1月27日閲覧。
  2. ^ 大宅壮一ノンフィクション賞”. 日本文学振興会. 2019年4月30日閲覧。
  3. ^ g2VOL.9講談社
  4. ^ 第18回「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」”. 同事務局. 2016年3月20日閲覧。
  5. ^ 日経ビジネス”. 日経BP. 2019年4月30日閲覧。
  6. ^ 情熱大陸”. 毎日放送. 2019年4月30日閲覧。
  7. ^ 日経ビジネス”. 日経BP. 2019年4月30日閲覧。
  8. ^ 遺体 明日への十日間”. フジテレビ. 2019年4月30日閲覧。
  9. ^ ORICON NEWS”. ORICON. 2019年4月30日閲覧。
  10. ^ 少年たちのゼロ年 NHK 戦後史証言プロジェクト 戦後ゼロ年”. NHK. 2019年4月30日閲覧。
  11. ^ 大宅壮一ノンフィクション賞”. 毎日新聞. 2019年4月30日閲覧。
  12. ^ 作者が謝罪 芥川賞候補作「美しい顔」表現類似問題”. 産経新聞. 2019年5月7日閲覧。
  13. ^ 本屋大賞ノンフィクション本大賞”. YAHOO!JAPANニュース. 2019年5月7日閲覧。
  14. ^ MVタイムシフトリスニング”. TOKYO FM. 2019年5月7日閲覧。
  15. ^ 広島本大賞に清水さんと石井さん”. 中国新聞. 2019年5月7日閲覧。
  16. ^ クローズアップ現代+”. NHK. 2019年5月7日閲覧。
  17. ^ ORICON NEWS”. ORICON. 2019年4月30日閲覧。
  18. ^ MVタイムシフトリスニング”. TOKYO FM. 2019年5月7日閲覧。
  19. ^ クローズアップ現代+”. NHK. 2019年5月7日閲覧。

外部リンク編集