メインメニューを開く

石川県第2区(いしかわけんだい2く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

日本の旗石川県第2区
衆議院小選挙区 石川県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 小松市加賀市能美市白山市野々市市能美郡
(2017年7月16日現在)
比例区 北陸信越ブロック
設置年 1994年
選出議員 佐々木紀
有権者数 327,133人
1.38 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2018年9月登録日)
テンプレートを表示

目次

区域編集

歴史編集

内閣総理大臣森喜朗が圧倒的な強さを誇る選挙区であり、小選挙区制が施行されて以降すべての選挙で当選している。しかし、中選挙区時代からのライバルである奥田敬和が刺客として県議であった一川保夫を擁立。以後、比例北陸信越ブロックでの優遇や新進石川の支援もあって一川は3度の比例復活当選している。

2009年第45回衆議院議員総選挙では参議院に鞍替えした一川保夫から代わり、河村たかしの元秘書である田中美絵子民主党公認で立候補し、森との激戦となったが、辛うじて森が制した。票差は僅か4469だった。

2012年第46回衆議院議員総選挙では森は引退し、公募で選ばれた自民党候補佐々木紀が大差を付けて当選した。また同選挙では小選挙区制導入後初めて社民党が候補者を立てた。

2014年第47回衆議院議員総選挙では小選挙区制導入後初めて民主党が候補を立てず佐々木が再選。

2017年第48回衆議院議員総選挙希望の党が新人柴田未来を擁立したが佐々木が圧勝し3選。

小選挙区選出議員編集

選挙結果編集

解散日:2017年9月28日 投票日:2017年10月22日
当日有権者数:326,183人 最終投票率:59.77%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
佐々木紀43自由民主党118,421票
62.3%
――公明党
柴田未来46希望の党58,164票
30.6%
49.1%
本田正和68日本共産党9,920票
5.2%
8.4%
宮元智57幸福実現党3,472票
1.8%
2.9%

解散日:2014年11月21日 投票日:2014年12月14日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
佐々木紀40自由民主党110,583票
75.5%
――
西村祐士60日本共産党30,889票
21.1%
27.9%
浜崎茂47無所属5,075票
3.5%
4.6%×

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年12月16日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
佐々木紀38自由民主党123,283票
64.5%
――
宮本啓子65民主党37,601票
19.7%
30.5%
細野祐治59社会民主党17,161票
9.0%
13.9%
西村祐士58日本共産党13,184票
6.9%
10.7%

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年8月30日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
森喜朗72自由民主党123,490票
50.2%
――
比当田中美絵子33民主党119,021票
48.4%
96.4%国民新党推薦
宮元智49幸福実現党3,467票
1.4%
2.8%

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
森喜朗68自由民主党129,785票
57.6%
――
一川保夫63民主党83,905票
37.3%
64.6%
西村祐士50日本共産党11,515票
5.1%
8.9%

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
森喜朗66自由民主党114,541票
55.6%
――
比当一川保夫61民主党82,069票
39.8%
71.7%
西村祐士49日本共産党9,342票
4.5%
8.2%

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
森喜朗62自由民主党142,457票
64.4%
――
比当一川保夫58自由党67,756票
30.6%
47.6%
西村祐士45日本共産党10,859票
4.9%
7.6%

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
森喜朗59自由民主党105,586票
51.7%
――
比当一川保夫54新進党80,534票
39.4%
76.3%
西村祐士42日本共産党10,467票
5.1%
9.9%
諸橋茂一48無所属7,793票
3.8%
7.4%×

関連項目編集