メインメニューを開く

福岡県第1区(ふくおかけんだい1く)は、日本衆議院における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

日本の旗福岡県第1区
衆議院小選挙区 福岡県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 福岡市東区博多区
(2017年7月16日現在)
比例区 九州ブロック
設置年 1994年
選出議員 井上貴博
有権者数 438,692人
1.84 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2018年9月登録日)
テンプレートを表示

区域編集

歴史編集

福岡県庁博多駅歓楽街中洲福岡空港などを有する、福岡市の中心。福岡市役所のある2区と共に九州の中枢として発展している。

都市選挙区であり、民主党松本龍が民主支持層のみならず、建設業界や自民党地方議員層にまで広がる支持層をしっかりまとめ、小選挙区制導入以後第45回衆議院議員総選挙まで小泉旋風が吹き荒れた郵政解散でも議席を獲得し続けていた[1]

2012年第46回衆議院議員総選挙では自民党は、当初古賀誠幹事長の秘書だった新開裕司を擁立する予定だったが、安倍晋三総裁の総合的な判断によって、新開は比例九州ブロックに回され、祖父から3代県会議員を務めていた井上貴博を擁立、井上は保守層を中心に幅広い支持を集めて初当選した[2]。松本は比例復活もできず落選した。

2014年第47回衆議院議員総選挙では井上と新開との公認争いで自民党内が分裂し、最終的に両者が無所属で出馬した。同選挙では高島宗一郎福岡市長などに支持された井上が新開や民主党元職の山本剛正を抑え再選[3]、自民党の追加公認を受けた[4]。このことによって福岡県は同選挙において小選挙区が10以上ある都道府県のうち唯一自民党が小選挙区の全議席を独占した都道府県となった。

2017年第48回衆議院議員総選挙では新開は不出馬で井上が公認を得た。これにより井上が前回より4万票近く票を伸ばし圧勝。立憲民主党に鞍替えした山本は比例復活もできず落選。また前回から引き続いて福岡県は自民党が小選挙区で全勝している。また前回のこの自民党が公認調整ができなかった選挙区で勝った方を追加公認するやり方がこの選挙において山梨2区埼玉11区岡山3区などで用いられた。

小選挙区選出議員編集

選挙結果編集

解散日:2017年9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:433,508人 最終投票率:47.92%(前回比:+4.74ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
井上貴博55自由民主党97,777票
49.2%
――
山本剛正45立憲民主党51,063票
25.7%
52.2%
石井英俊41希望の党35,870票
18.0%
36.7%
立川孝彦66日本共産党14,158票
7.1%
14.5%

解散日:2014年11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日
当日有権者数:407,501人 最終投票率:43.18%(前回比:-9.37ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
井上貴博52無所属59,712票
36.3%
――×
山本剛正42民主党42,960票
26.1%
71.9%
新開裕司46無所属31,087票
18.9%
52.1%×
比江嶋俊和67日本共産党18,906票
11.5%
31.7%
金出公子67無所属6,764票
4.1%
11.3%×
明石健太郎42みらい党4,883票
3.0%
8.2%

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日 最終投票率:52.55%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
井上貴博50自由民主党96,706票
48.3%
――
竹内今日生38みんなの党45,014票
22.5%
46.5%日本維新の会推薦
松本龍61民主党36,632票
18.3%
37.9%国民新党推薦
比江嶋俊和65日本共産党15,992票
8.0%
16.5%
犬丸勝子57無所属5,762票
2.9%
6.0%×

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
松本龍58民主党123,441票
52.8%
――
遠藤宣彦46自由民主党88,648票
37.9%
71.8%
内田裕53日本共産党18,046票
7.7%
14.6%
宮崎道秀51幸福実現党3,753票
1.6%
3.0%
  • 遠藤は第46回で千葉6区から出馬するも、落選(日本維新の会)。

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
松本龍54民主党99,939票
47.3%
――
比当遠藤宣彦42自由民主党92,891票
43.9%
92.9%
橋本英一57日本共産党18,611票
8.8%
18.6%

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
松本龍52民主党92,969票
54.6%
――
富永泰輔28自由民主党53,611票
31.5%
57.7%
大島久代47日本共産党15,940票
9.4%
17.1%
藤本豊52無所属4,179票
2.5%
4.5%×
伊藤育子67無所属3,711票
2.2%
4.0%×

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
松本龍49民主党82,241票
46.3%
――
西田藤二48自由民主党68,483票
38.6%
83.3%
大賀サワ子56日本共産党19,690票
11.1%
23.9%
石田美香34自由連合7,101票
4.0%
8.6%

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
松本龍45民主党74,537票
46.7%
――
西田藤二45自由民主党56,748票
35.5%
76.1%
大賀サワ子52日本共産党21,839票
13.7%
29.3%
山口実47日本新進党[5]6,629票
4.1%
8.9%

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 【建設】松本龍氏落選の衝撃~建設業界の変化に左右された福岡1区”. ネットアイビーニュース (2012年12月20日). 2015年5月24日閲覧。
  2. ^ 衆院選・福岡1区 民主牙城を崩した井上貴博氏(自・新)「厳しい戦いだった」”. ネットアイビーニュース (2012年12月17日). 2015年5月24日閲覧。
  3. ^ 【福岡1区】井上貴博氏が保守分裂を制す”. ネットアイビーニュース (2014年12月15日). 2015年5月24日閲覧。
  4. ^ 福岡1区“仁義なき戦い”自民分裂選で井上氏が勝利 産経新聞 2014年12月14日
  5. ^ 新進党とは別の政治団体

関連項目編集