福田村事件

福田村事件(ふくだむらじけん)は、1923年9月6日、関東大震災後の混乱および流言蜚語が生み出した社会不安の中で、香川県からの薬の行商団15名が千葉県の旧「福田村」で地元の自警団に暴行され、9名が殺害された事件[1][2]

加害者の裁判の様子を伝える当時の新聞記事[3]によれば、「猟銃や竹槍、日本刀を持って、船に乗り込み逃げんとする被害者を殴ったり蹴ったりした」「行商人の妻が渡船場の水中に逃げのび、乳まで水の達する所で赤子をだき上げ『たすけてくれ』と悲鳴を上げていた」「利根川を泳いで逃げだした被害者を日本刀で斬り付けた」などの惨状だったらしい。

また、戦後、法務省が刊行した『関東大震災と治安回顧』[4]では「数百名の村民は忽ち武器を手にして」「殺到し、売薬行商団を包囲し、『朝鮮人を打ち殺せ』と喧囂(けんごう)し、行商団員が百方言葉を尽くして『日本人である』と弁解したにも拘らず」「平静を失った群衆は」「荒縄で縛り上げ」「鳶口(とびくち)、棍棒を振って殴打暴行し、遂には『利根川に投げ込んで仕舞え』と怒号し」などと描写されている[5]

当時、被害者側の地元・香川県で何の取り組みもなく、被害者救済も行われなかったが、その背景には、被害者全員が被差別部落出身者であったことが考えられる[6]。また、被害者らが香川県から遠く離れた千葉県まで行商に行かねばならなかった背景にも部落差別があった[5][7]という指摘がある。

2000年7月に、野田市で「福田村事件を心に刻む会」が設立され[6]、2003年には犠牲者の追悼慰霊碑が野田市三ツ堀の円福寺境内に建立された[8]

目次

発生日時・場所・経過編集

関東大震災発生から5日後の1923年9月6日の昼ごろ[9]

千葉県東葛飾郡福田村(現在の野田市)三ツ堀の利根川沿い[9]

1923年3月に香川県を出発した売薬(当時の「征露丸」や頭痛薬、風邪薬など)行商団15人は、関西から各地を巡って群馬を経て8月には千葉に入っていた[9]。 9月1日の関東大震災直後、4日には千葉県にも戒厳令が敷かれ、同時に官民一体となって朝鮮人などを取り締まるために自警団が組織・強化[10]され、村中を警戒していた。

柏市史によれば「自警団を組織して警戒していた福田村を、男女一五人の集団が通過しようとした。自警団の人々は彼らを止めて種々尋ねるがはっきりせず、警察署に連絡する。」「ことあらばと待ち構えていたとしか考えられない[11]」という状況だった。生き残った被害者の証言[9]によれば、休憩していた行商団のまわりを興奮状態の自警団200人ぐらいが囲んで「言葉がおかしい」「朝鮮人ではないか」などと次々と言葉を浴びせていた[12]

福田村村長らが「日本人ではないか」と言っても群衆は聞かず、なかなか収まらないので駐在の巡査が本署に問い合わせに行った。この直後に惨劇が起こり、現場にいた旧福田村住人の証言によれば「もう大混乱で誰が犯行に及んだかは分からない。メチャメチャな状態であった」[9]。生き残った行商団員の手記によれば「棒やとび口を頭へぶち込んだ」「銃声が二発聞こえ」「バンザイの声が上がりました」[5]。駐在の巡査が本署の部長と共に戻って事態を止めた時には、すでに15名中、子ども3人を含めて9名の命が絶たれており、その遺体は利根川に流されてしまい遺骨も残っていない[5]

かけつけた本署の部長が、太縄で縛られていた行商団員や川に投げ込まれていた行商団員を「殺すことはならん」「わしが保証するからまかせてくれ」と説得したことで、かろうじて6人の行商団員が生き残った[5]

被害者編集

香川県の旧「三豊郡」の薬売り行商人15名。うち犠牲者は、妊婦や二歳、四歳、六歳の幼児をふくむ9名(妊婦の胎児を含め、10名とする説[5]もある)[13]

加害者編集

検挙されたのは、福田村の自警団員4名および隣接する田中村(現柏市)の自警団員4名[5]。氏名は以下の通り。

  1. 増田米
  2. 鈴木岩五郎
  3. 岡田孝一
  4. 田中朝吉
  5. 木村熊治
  6. 横銭朝吉
  7. 増田吉太郎
  8. 阪巻右衛門

以上の8名が騒擾(そうじょう)殺人罪に問われたが、被告人らは「郷土を朝鮮人から守った俺は憂国の志士であり、国が自警団を作れと命令し、その結果誤って殺したのだ」などと主張しており、また、当時の予審検事は、裁判の前から「量刑は考慮する」と新聞に語っていた[5]。他方、彼らが検挙された頃、田中村の会議で4名の被告に「見舞金」の名目で弁護費用を出すことを決め、村の各戸から均等に徴収している[5]

判決は、田中村の1名のみ「懲役2年、執行猶予3年」の第二審判決を受け入れたが[5]、あとの7名には大審院で懲役3年から10年の実刑判決が出された。が、受刑者全員が、確定判決から2年5ヵ月後、昭和天皇即位による恩赦で釈放された[14]

背景編集

事件の詳細は今なお明らかではないが、「行商団一行の話す方言讃岐弁)が千葉県の人には聞き慣れずほとんど理解できなかった」「千葉県の人との意思疎通の際に話す標準語も発音に訛りがあり流暢でなかった」などを理由に朝鮮人と見なされ、一連の事件が起こった[15]と言われている。当時22歳で生き残った行商団員が残した手記や、当時14歳の行商団員の証言でも、地元の船頭との言い争いの中で「どうもお前の言葉は変だ、朝鮮人と違うのか」と言われて自警団が集まってきたことは間違いないようだ[5]

その背景には、事件の4年前、1919年に三・一運動などが起こり、植民地朝鮮の独立を求める運動が盛り上がったことがあり、朝鮮人は大日本帝国の言うことを聞かない「不逞の輩」として日本全土で官民による差別や弾圧が強まっていた[16]

さらに関東大震災の当日・翌日には、関東各地の警察が「朝鮮人に気をつけよ」「夜襲がある」などと官の側から流言蜚語をまき散らした[16]結果、福田村周辺の自警団も「異常な事態に興奮[11]」状態にあった。自警団側には行商団が「日本人だろう」と言う者もいたが、異常な集団心理・群集心理が働いて虐殺に向かっていったと考えられる。

加えて、この異常な心理の背景には「行商人への職業差別」があった、という説明[17] もある。当時の防犯ポスターには「あやしい行商人を見たら警察へ連絡せよ・千葉県警」と書かれているものもあり、貧しそうな行商人に対する蔑視や差別の構造もあったと考えられる。虐殺に走った自警団員の中に「どうせ、どこから来たのかも知れぬ行商人ではないか」という意識が働いた者もいたであろう[5]

部落解放同盟などは、住民を殺された側の香川県や被害者の地元・三豊郡や村が、事件直後から「事件をなかったことのように扱ってきた」ことや、加害者への判決が極めて軽い処分となり、その後も長く真相解明がなされなかった事には部落差別が反映されているとみている[18]

事件後編集

戦後もずっと事件は闇に葬られていたが、1979年に事件の遺族らから「千葉県における関東大震災と朝鮮人犠牲者追悼実行委員会」などに連絡があり、事件の現地調査が始められた。1983年には、平形千恵子(千葉県歴史教育者協議会)から香川県歴史教育者協議会の石井雍大に情報が伝えられ、共同調査や香川県での聞き取り調査[19]が進んでいき、1980年代後半からやっと新聞などでも取り上げられるようになった[20]

2000年3月には香川県で「千葉福田村事件真相調査会」が設立され、同年7月には千葉県「福田村事件を心に刻む会」が設立された。「福田村事件を心に刻む会」の設立総会では、事件当時5歳で戦後に福田村村長になった(後に野田市長にもなった)新村勝雄が「個人としてですが、被害に遭われた香川の方々に心からおわび申し上げます。事件の真相究明は今を生きる私たちの役目。地元の一人として最大限の努力をしたい[6]」と声を震わせながら語った。

2000年9月には「福田村事件犠牲者追悼式」が現地で行われ、2001年には「福田村事件追悼碑建立基金の募集」が始まり、2003年には犠牲者の追悼慰霊碑が野田市三ツ堀の円福寺境内に建立された[21]。ただ、追悼慰霊碑には被害者の名前は刻まれているが、被害者らがなぜ殺されたかがわかる説明は書かれていない[5][17]

関連作品編集

2014年、フォーク歌手の中川五郎は、この事件をテーマに24分の大作「1923年福田村の虐殺」をつくった。寮美千子姜信子・中川五郎・末森英機の座談会集『言葉の胎児たちに向けて ―同調から共感へ』(アドリブ刊、2014)の付録CDに収録し、2017年にはライヴアルバム『どうぞ裸になって下さい』に収録した[22]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『別冊スティグマ 第15号』特集 福田村事件II(千葉県人権啓発センター、2003年3月)
  2. ^ 事件名については、加害者が属していた旧「福田村」および旧「田中村」、両方の名前から「福田村・田中村事件」と呼ぶべきだ、と調査した研究者から提起されている。当時の新聞でも「田中村事件」と表記したものもある。石井雍大「福田村事件――朝鮮人と誤認されて殺された人びと」『季論21 第21号』(本の泉社、2013年)所収など
  3. ^ 『東京日日新聞』房総版1923年11月29日の記事「國家を憂えて遂に殺人をしました 福田村事件の公判」
  4. ^ 吉川光貞『関東大震災と治安回顧』(法務省特別審査局刊行、1949年)
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m 石井雍大「福田村事件――朝鮮人と誤認されて殺された人びと」『季論21 第21号』(本の泉社、2013年)所収
  6. ^ a b c 福田村事件”. 四国新聞社 2000年7月10日掲載. 2017年3月18日閲覧。
  7. ^ 「福田村事件」とは”. 東京人権啓発企業連絡会. 2017年3月18日閲覧。
  8. ^ 福田村事件80年で追悼集会ひらく 追悼慰霊碑除幕式も”. 解放新聞 2003年9月29日号. 2017年3月18日閲覧。
  9. ^ a b c d e 市川正廣「福田村事件を歩く」など 前掲『別冊スティグマ第15号』所収
  10. ^ 山田昭次「関東大震災のもとでなぜ朝鮮人・中国人虐殺事件が起こったか」 藤原彰ら編『日本近代史の虚像と実像』所収
  11. ^ a b 「福田村・田中村の事件」『柏市史 近代編』2000年3月
  12. ^ 千葉県福田村事件真相調査会『福田村事件の真相』2001年3月1日発行など
  13. ^ 『東京日日新聞』房総版1923年10月30日の記事「行商人殺も有罪」
  14. ^ 千葉県人権啓発センター歴史調査部会、福田村事件を心に刻む会事務局「福田事件関係概略史」 前掲『別冊スティグマ第15号』所収
  15. ^ 石井雍大「関東大震災・もう一つの悲劇」1986年7月20日『草稿2号』など長年の聞き取り調査による
  16. ^ a b 山田昭次「関東大震災と自警団」 前掲『別冊スティグマ第15号』所収
  17. ^ a b 江戸川大学 隈本ゼミ卒業作品「福田村事件」の再検証と慰霊祭”. 江戸川大学 隈本ゼミ. 2017年3月27日閲覧。
  18. ^ 福田村事件”. 香川人権研究所など. 2017年3月18日閲覧。
  19. ^ 石井雍大「関東大震災・もう一つの悲劇」1986年7月20日『草稿2号』や石井雍大「いわれなく殺された人びと」1989年2月10日 後に『青い目の人形』に収録など
  20. ^ 『朝日新聞』千葉版1986年10月14日の記事「虐殺の現場 私はいた」など
  21. ^ 千葉県人権啓発センター歴史調査部会、福田村事件を心に刻む会事務局「福田事件関係概略史」 前掲『別冊スティグマ第15号』所収
  22. ^ 週刊金曜日」2017年3月10日号に、この曲に言及したインタビュー記事がある

参考文献編集

  • 石井雍大『青い目の人形』(共同ビデオ制作株式会社 発行、1993年8月)
  • 藤原彰ら編『日本近代史の虚像と実像2――韓国併合~昭和の恐慌』(大月書店、2000年2月)
  • 『歴史の闇にいま光が当たる――福田村事件の真相 第1集』(千葉福田村事件真相調査会編・発行、2001年3月)
  • 月刊『部落解放2002年7月号』特集・福田村事件(解放出版社、2002年7月)
  • 『かがわ人権百科 ――福田村事件からユニバーサルデザインまで』(香川人権研究所、2010年12月)
  • 辻野弥生『福田村事件 ――関東大震災・知られざる悲劇』(崙書房、2013年8月)

関連項目編集

外部リンク編集