メインメニューを開く

わたしが・棄てた・女』(わたしが・すてた・おんな)は、遠藤周作の長編小説。1963年発表。

ハンセン病と診断された森田ミツの一生を描き、その一途な愛と悲劇が主な内容となっている。遠藤の著した中間小説の中でも代表的な一作である。

目次

あらすじ編集

大学生の吉岡努は、拾った芸能雑誌の文通欄に名前のあった森田ミツと知り合い、2度目のデートの際、裏通りの安旅館に連れ込み、強引に体を奪う。しかし、やや小太りで田舎臭いミツに魅力を感じるどころか嫌悪感すら覚えた吉岡は、以後一切彼女に会うことをしなくなった。吉岡を一途に愛し続けるミツであったが、彼女の手首には赤いあざがあった。

大学を卒業した吉岡は、勤め先の社長の姪である三浦マリ子と親しくなり、かつてマリ子がミツと共に同じ石鹸工場で働いていたことを知る。さらに当時開業したばかりのトルコ風呂へ行き、トルコ嬢から、ミツがここでも働いていたと知る。気になった吉岡は、ある日ミツと再会するが、彼女はハンセン病の疑いから、御殿場の病院で精密検査を受けなければならないと涙ながらに訴える。そんなミツに対し吉岡は、おざなりな言葉をかけ、逃げるようにその場を立ち去った。

始めは病院に強い抵抗を抱いていたミツであったが次第に溶け込むようになり、程なくして自身のハンセン病は誤診だとが分かる。それまでにない喜びを感じ東京へと戻ろうとするミツだったが、急に孤独感を深め、今度は奉仕の日々を送る修道女たちを手伝うために再び病院へと戻ってしまう。マリ子と結婚した吉岡は、ミツのことが気になり年賀状を送るが、ひとりの修道女から返事が届き、ミツが交通事故で死亡したことを知る。その長い手紙には、ミツが死ぬ間際に遺した言葉が記されていた。

作品解説編集

この作品は吉岡努の視線から描いた「ぼくの手記」と森田ミツの視線から描いた「手首のあざ」の二つの視点で描かれている。遠藤周作の作品のうち、純文学作品に対して軽小説に位置づけられる作品の中で、広く読まれている小説である。

作者によれば、ベルナノスの『田舎司祭の日記』やモーリヤックの『仔羊』といった作品の主人公を一般的に描こうとしたのが、先のユーモア小説『おバカさん』であるという。この作品で失敗した点を、『わたしが・棄てた・女』で克服しようとしている。純粋に人を愛し続けるミツはイエス像に結びついており、その主題はのちに『沈黙』に結実する。

ヒロインの森田ミツは、実際にハンセン病と誤診され、後に看護婦となった経歴を持つ井深八重がモデルとなっている。遠藤自身が最も好きな登場人物であると語り、後の作品にも同名の人物が度々登場する。

現行の講談社文庫版、『遠藤周作文学全集』所収の版では「トルコ風呂」が「ソープランド」に書き換えられている。これは1984年にトルコ人青年からの抗議で同施設が改名されたことによるが、開業当初のトルコ風呂は現在のソープランドのような性風俗施設ではないため、不適切な改変だという指摘もある[1]

初出・書誌編集

1963年に『主婦の友』1月号から12月号まで連載された。その後、1964年に文藝春秋新社から刊行された。

刊行本

  • 『わたしが・棄てた・女』(1964年3月、文藝春秋新社)
  • 『わたしが・棄てた・女』(1969年8月、講談社)
  • 『わたしが・棄てた・女』(1972年12月、講談社〈講談社文庫〉/ISBN 9784061311411
  • 『現代日本キリスト教文学全集』第12巻収録(1973年12月、教文館)
  • 『わたしが・棄てた・女』(1976年、講談社〈遠藤周作文庫〉)
  • 『遠藤周作文学全集』第5巻収録(1999年9月、新潮社/ISBN 9784106407253

映像化・舞台化作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

舞台作品編集

  • 音楽座ミュージカル泣かないで』(1994年)
    • 初演を観劇した遠藤周作が「自分の作品で泣いたのは初めてだ」と語り、亡くなる直前までこのミュージカルのビデオを何回も見ていたという[3]。1994年以降も幾度か再演されている。

脚注編集

  1. ^ 小谷野敦『反=文藝評論』、伊藤裕也『娼婦学ノート』より。なお、小谷野も伊藤も、吉岡が1950年にトルコ風呂へ行ったと見て、トルコ風呂開業は1951年なのでおかしいと指摘しているが、これはテクストの誤読で、1951年以降と読むことができる
  2. ^ 田山力哉『小説 浦山桐郎 夏草の道』(講談社。文庫版も同社から発売)より
  3. ^ 順子夫人の著書「夫の宿題」より


TBS 近鉄金曜劇場(1964年12月25日)
前番組 番組名 次番組
わたしが棄てた女