メインメニューを開く

第37回日本アカデミー賞は、2014年3月7日発表・授賞式が行われた、日本映画賞。授賞式の会場はグランドプリンスホテル新高輪国際館パミールで、司会者は前回同賞最優秀主演女優賞を受賞した樹木希林と、2014年から日本アカデミー賞協会組織委員会副会長である西田敏行[1]

日本アカデミー賞
受賞対象 作品・監督・脚本・俳優・技術部門
開催日 2014年3月7日 (2014-03-07)
会場 グランドプリンスホテル新高輪国際館パミール
日本の旗 日本
授与者 日本アカデミー賞協会
主催者 西田敏行樹木希林
報酬 ブロンズ像、賞状、賞金(最高30万円)
初回 1978年
最新回 2013年(対象作公開年度)
公式サイト http://www.japan-academy-prize.jp/
テレビ/ラジオ放送
放送局 日本テレビ
放送時間 金曜日21:00 - 22:54(『金曜ロードSHOW!』枠)

目次

発表の経緯編集

各部門最優秀賞が発表される授賞式に先立ち、同年1月16日に各部門の優秀賞が発表された[2]。賞の対象は2012年12月16日 - 2013年12月14日の間に、東京地区の商業映画劇場にて、有料で初公開された映画作品から選ばれ、1日3回以上、2週間以上継続して上映された40分以上の作品が対象とされる[1]。本年度の優秀作品賞については、本来5作品が選ばれるところ、第5位の作品が同票数で2本あったため、異例の6作品選出となった[1]

最優秀賞の発表結果は『舟を編む』が最優秀作品賞をはじめ6部門を受賞した。また、真木よう子が最優秀主演女優賞、最優秀助演女優賞をダブル受賞し、35年前、1979年第2回大竹しのぶが同様の受賞をして以来の快挙となった。[3]

受賞者編集

最優秀作品賞編集

優秀作品賞編集

最優秀アニメーション作品賞編集

優秀アニメーション作品賞編集

最優秀監督賞編集

優秀監督賞編集

最優秀脚本賞編集

優秀脚本賞編集

  • 是枝裕和(そして父になる)
  • 高橋泉/白石和彌(凶悪)
  • 三谷幸喜(清須会議)
  • 山田洋次/平松恵美子(東京家族)

最優秀主演男優賞編集

優秀主演男優賞編集

最優秀主演女優賞編集

優秀主演女優賞編集

最優秀助演男優賞編集

優秀助演男優賞編集

最優秀助演女優賞編集

優秀助演女優賞編集

話題賞編集

俳優部門編集

作品部門編集

新人俳優賞編集

最優秀音楽賞編集

優秀音楽賞編集

最優秀撮影賞編集

優秀撮影賞編集

最優秀照明賞編集

優秀照明賞編集

最優秀美術賞編集

優秀美術賞編集

最優秀録音賞編集

優秀録音賞編集

最優秀編集賞編集

優秀編集賞編集

最優秀外国映画賞編集

優秀外国作品賞編集

会長特別賞編集

協会特別賞編集

協会栄誉賞編集

授賞式中継編集

いずれの放送も授賞式部分は事前録画(ラジオは録音)だが、スタジオ部分は生放送となる。時間はJST

テレビ編集

  • 日本テレビ系列(地上波)
    • 3月7日(金)21:00 - 22:54
    • スタジオ部分には、番組ナビゲーターとして神木隆之介(俳優)・武井咲(女優)、進行役として水ト麻美(日本テレビアナウンサー)が出演。
  • 日テレプラス(CS放送)
    • 3月8日(土)21:00 - 23:00(地上波版の再放送)
    • 3月16日(日)21:00 - 翌日3月17日(月)1:00(予定、未公開シーンを加えたノーカット版)

ラジオ編集

脚注編集

  1. ^ a b c 『日本アカデミー賞』優秀賞発表 最優秀候補は異例6作品(2014年1月16日)、ORICON STYLE、2014年1月17日閲覧。
  2. ^ 中山雄一朗、第37回日本アカデミー賞優秀賞発表!『そして父になる』『東京家族』『舟を編む』が最多12部門(2014年1月16日)、シネマトゥデイ、2014年1月17日閲覧。
  3. ^ この段落の出典。中山雄一朗 (2014年3月7日). “『舟を編む』が最優秀作品賞含む最多6部門受賞!【第37回日本アカデミー賞】”. シネマトゥデイ. 2014年3月7日閲覧。

外部リンク編集