メインメニューを開く

筧 克彦(かけい かつひこ、1872年12月28日明治5年11月28日) - 1961年昭和36年)2月27日)は、日本法学者神道思想家。専門は公法学法哲学法理学)、憲法学

目次

人物編集

筑摩県諏訪郡上諏訪(現・長野県諏訪市)に旧諏訪藩士筧朴郎の長男として生まれる。東京府尋常中学一高を経て、1897年(明治30年)に帝国大学法科大学卒業(法律学科首席、法科大学卒業生総代)。同期生には美濃部達吉がいる[1]。大学卒業後直ちに大学院に入り、翌1898年から6年間ドイツに留学して、オットー・フォン・ギールケアドルフ・フォン・ハルナックヴィルヘルム・ディルタイなどに師事した。

1903年(明治36年)、帰国と同時に東京帝大教授(行政法第二講座)に就いた。同講座の前任者は穗積八束である。美濃部達吉野村淳治上杉慎吉らと戦前における帝大法科における憲法学、国法学、行政法学、法理学などを担った。筧は、帝大の他にも、明治大学國學院大學海軍大学校などでも行政法・憲法を講じた[1]。退任後は國學院大學教授に就いた。1935年(昭和10年)から1940年(昭和15年)まで東京商科大学(現一橋大学)で、美濃部達吉の後任として、田上穰治に代わるまで憲法を講じた[2]

長男は筧素彦宮内省総務課長、のち皇太后宮事務主管)で、終戦時には玉音盤を放送局へ極秘裏に運搬した[3]。次男は筧泰彦学習院大学名誉教授)で、父の遺著の編纂を行っている。

主な弟子は、行政法学者の杉村章三郎[4]山田準次郎である。

事物関係論編集

筧の法理学の根幹を為すのは「事物関係」の概念である。筧は個物が互いに同一物に帰一する関係を「表現関係」、個物がそれ自体独立する関係を「独立関係」とよび、公法理論をこの事物関係で説明した。1934年、政治学者の矢部貞治が筧克彦の還暦記念論文集に寄せた「代表の社會的基礎」杉村[編]『筧教授還暦祝賀論文集』有斐閣、1934年は「表現関係」(「表現」)と「独立関係」(「代理」)の間隙に存在する第三の社会関係(「代表」レプレゼンタチオン)を指摘した。

特徴的な国体学説編集

1912年(大正元年)には、いわゆる「上杉・美濃部論争」が、主としてドイツ憲法学説の輸入学説間の大日本帝国憲法をめぐる分裂抗争の様相を見せている事を暗に批判した筧は、国家・天皇・臣民の「本来の一心同体」「一人の乞食でも之は即国家」を主張。我が国の「建国事実」に還るならば、両説が同じ「普遍我」の表現としての皇国体を学問の対象とする限り、対立の生ずるはずがないと主張した。[要出典]

また昭和10年代には「大生命」において「天皇様と国家の不二一体」と「皇国」の「御主人様」との二側面の合一を皇国体の特徴として指摘している[要出典]。『大日本帝国憲法の根本義』に「皇国神ながらの御主人様。御親様の御威力と皇国大生命の力とは不二たることを貴き性質とする。」 「天皇様と国家とはもと二元的に相対立せる存在ではなく、神代ながらに不二である。皇国は、天孫(皇孫)天降りによりて開かれ。開かれし当初より一生命、一徳、一統治権にして「大本の力は即国の普遍力」という記述がある。

こうした学説を唱え、国体明徴運動を推進した昭和10年代の筧を評して、同時代人の文学者中島健蔵は「近代政治学から見れば、はしにも棒にもかからない」「神道に基づく祭政一致論」を唱える、「札つきの神がかりの学者」と戦後の著書に記述している。[5]

栄典編集

著書編集

  • 『佛教哲理』有斐閣、1911年
  • 『法理戯論』有斐閣、1911年
  • 『古神道大義 皇国の根柢万邦の精華』清水書店、上巻1912年、下巻1915年/筧克彦博士著作刊行会、立花書房刊、1958年
  • 『国家の研究』清水書店、1913年。春陽堂版、1931年。
  • 『西洋哲理 上巻』有斐閣版、1913年、清水書店版、1920年。
  • 『続古神道大義』清水書店、1914年
  • 『御即位禮勅語と國民の覚悟』清水書店、1916年
  • 『風俗習慣と神ながらの実習』清水書店、1918年/春陽堂書店、1929年。
  • 『皇国神典至要鈔』清水書店、1918年
  • 『皇国行政法 (上)』清水書店、1920年
  • 『謡曲放下僧及墨付論』清水書店、1920年
  • 『神あそびやまとばたらき』蘆田書店、1924年
  • 『神ながらの道』内務省神社局 1925年。「神ながらの道」同刊行委員会 1992年
  • 『日本體操』筧克彦博士著作刊行会、1929年
  • 『皇国精神講話』春陽堂書店、初版1930年、改訂版1937年
  • 『皇国運動』博文館、1934年
  • 『大日本帝国憲法の根本義』皇學會、1936年/岩波書店、1943年 
  • 『小石の響』弥栄会、1956年。小冊子、読みは「さざれのひびき」
  • 『偉聖 菅原道真公』 筧克彦先生米寿祝賀会、1959年
  • 『謡曲「翁」の精神』筧克彦博士著作刊行会、1961年/以下は遺著。筧泰彦編
  • 『大正の皇后宮御歌謹釈 貞明皇后と神ながらの御信仰』 筧克彦博士著作刊行会、立花書房、1961年
  • 『皇学図録』立花書房、1961年

戦後の筧克彦研究編集

  • 竹田稔和『筧克彦の国家論構造と特質』(岡山大学大学院文化科学研究科紀要第10号、2000年)
  • 石川健治「権力とグラフィクス」奧平傘寿、2009年
  • 中道豪一『筧克彦の神道教育:その基礎的研究と再評価への試み』(明治聖徳記念学会紀要 復刊第49号、2012年)

弟子・影響関係編集

  • 賀屋興宣は、筧の法理学の講義に非常に感銘を受け、筧を「永遠の師」と仰いだ[1]
  • 南原繁 は、筧の講義(国法学)に触れ、「私は先生の思想的発展についてゆくことはできなかったけれども、私がフィロゾフィーレンすること、哲学そのものに興味を持ったのは筧先生の影響です」と述べている[1]

逸話編集

  • 研究室には畳を置いた上に神棚を祀り、また大学での講義や文部省主催の講演などを始める際に柏手を打って、「惟神」(かんながら、神道)を説く講義をした[1]。このことから、戦前帝大法科では一種の名物教授として知られていた。

脚注編集

  1. ^ a b c d e 高見勝利 (2001年11月20日). “講座担任者から見た憲法学説の諸相-日本憲法学史序説”. 北大法学論集. 2015年6月19日閲覧。
  2. ^ 市原昌三郎「一橋と公法学-憲法学・行政法学」一橋論叢
  3. ^ 回想記『今上陛下と母宮貞明皇后』(日本教文社1987年昭和62年))を刊行。また当時の回想をテレビインタビュー等でも行っている。
  4. ^ 一木喜徳郎の実子、兼子仁金子宏の指導教官
  5. ^ 中島健蔵昭和時代岩波新書、1957年、111~112ページ
  6. ^ 『官報』第150号「叙任及辞令」1913年1月31日。
  7. ^ 『官報』第1680号「叙任及辞令」1918年3月12日。
  8. ^ a b JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A11113822500、叙位裁可書・昭和三年・叙位巻十五(国立公文書館)。
  9. ^ 『官報』第3728号「叙任及辞令」1925年1月28日。

参考文献編集

  • 田島清 編『信州人物誌』1969年