メインメニューを開く

絞殺魔』(こうさつま、The Boston Strangler)は、1968年アメリカ映画

絞殺魔
The Boston Strangler
監督 リチャード・フライシャー
脚本 エドワード・アンハルト
原作 ジェロルド・フランク
製作 ロバート・フライヤー
出演者 トニー・カーティス
ヘンリー・フォンダ
ジョージ・ケネディ
音楽 ライオネル・ニューマン
撮影 リチャード・H・クライン
編集 マリオン・ロスマン
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1968年10月16日
日本の旗 1968年12月7日
上映時間 116分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

1960年代に実際に起こったボストン絞殺魔事件を映画化した作品であり、画面を分割して複数の出来事を同時に見せるマルチ画面など、実験表現が試みられている。

目次

ストーリー編集

1960年代のボストンで、一人暮らしをする高齢の女性ばかりを狙った連続殺人が発生した。押し入った形跡がなく、被害者の女性たちが何故か犯人を自分の意思で自室に招き入れていること。ロープを外科結びと呼ばれる独特の結び方で被害者の首に巻き付けていること。そして猟奇的な陵辱。そういった特殊な要素からたちまち話題となり、人々に「ボストン絞殺魔」と呼ばれるこの事件の捜査は難航する。警察は手当たり次第に不審人物を捕らえるが、いずれも事件とは無関係な人物ばかりであった。そして、ようやく捕まえた容疑者はアルバート・デサルヴォという青年だったが、彼はまったく身に覚えがないと潔白を主張する。物証ゼロの難事件を解決に導くのは、もはや犯人の自供のみであり、この役目を引き受けたのはボトムリーという検事であった。ボトムリーはデサルヴォを取り調べ、巧みに供述を引き出してゆく。

スタッフ編集

キャスト編集

役名 俳優 日本語版
アルバート・デサルヴォ トニー・カーティス 広川太一郎
ジョン・S・ボトムリー ヘンリー・フォンダ 小山田宗徳
フィル・ディナターレ ジョージ・ケネディ 島宇志夫
ジュリアン・ソシュニック マイク・ケリン 北山年夫
テレンス・ハントレイ ハード・ハットフィールド 家弓家正
フランク・マッカーフィ マーレイ・ハミルトン 細井重之
ダイアン・クラニー サリー・ケラーマン 翠準子
デビッド・パーカー シェリー・バートン 青野武
メアリー・ボトムリー レオラ・ダナ 稲葉まつ子
シュローダー判事 デビッド・ルイス 塩見竜介
ニュースリポーター ジャック・ハインズ 北村弘一
ライオネル・ブラムリー ジョージ・ファース 加茂喜久
ダナ・バンクス キャロル・シェリー 沢田敏子
ネイギー オースティン・ウィリス 村松康雄
ジョン・アスガーソン ジェフ・コーリー 徳丸完
エド・ウィリス リチャード・X・スラトリー 大宮悌二
デサルボ夫人 キャロリン・コンウェル 花形恵子
署長 ウォルター・クラバン 梶哲也
アーニー・カール ウィリアム・トレイラー 原田一夫
ルイス・シュバート弁護士 ダナ・エルカー 緑川稔
メイ ペニー・ウィリアムス 浅井淑子
エレン イブ・コリアー 川路夏子
アリス グワイヤ・ドンハウ 金子亜矢子
グレース パメラ・マクマイラー 北見順子
刑事 アレックス・ロッコ 千田光男
テレビナレーション ジョン・キャメロン・スウェイズ 村越伊知郎

その他編集

  • 劇中に登場する「デサルヴォ」「ボトムリー」「ディナターレ」「ソシュニック」などは、共に仮名ではなく実際の人物名である。
  • 一方、映画の内容は架空の推論に基づいており、現在デサルヴォ犯人説は疑問視する意見が多い。
  • 実在のデサルヴォは映画公開の数年後、刑務所内で何者かによって殺害されている。

外部リンク編集