メインメニューを開く

来歴編集

東京都世田谷区生まれ[2]。世田谷区立駒沢小学校、世田谷区立駒沢中学校、國學院高等学校慶應義塾大学経済学部経済学科卒業[1]。慶應大学卒業後、三井住友銀行に入行[1]。その後、江田憲司衆議院議員、松田公太参議院議員公設第一秘書を務めた[1]

2012年第46回衆議院議員総選挙みんなの党公認で東京6区から出馬したが、得票数4位で落選した。2013年11月27日特定秘密保護法衆議院本会議における採決で、みんなの党は法案への賛成を決めたが、これに反発し、離党[1][3](なお、みんなの党では井出庸生林宙紀の2議員が採決で造反し、江田憲司は本会議を欠席した[4])。2014年5月に結いの党、9月に維新の党の結党にそれぞれ参加した[1]

2014年第47回衆議院議員総選挙に維新の党公認で東京6区から出馬し、自由民主党前職の越智隆雄に2万票超の差をつけられ敗れたが、重複立候補していた比例東京ブロックで復活し、初当選した。2016年民主党・維新の党の合流により、民進党の結党に参加。

2017年第48回衆議院議員総選挙に際し、前原誠司民進党代表が9月27日、民進党を事実上解党し、希望の党からの立候補を容認する方針を表明[5]

改憲推進派であった落合は、希望の党の改憲推進の公約や、「寛容な保守」を掲げながら民進党出身者の公認申請を特定の政策への賛否により選別する方針を批判し、無所属での立候補を表明[6]10月4日立憲民主党への参加を表明[7][8]。同党公認で東京6区から出馬し、自民党前職の越智隆雄を1,978票の僅差で破り、初めて選挙区での当選を果たした(越智も比例復活)[9]。なお、落合の「選対が準備した選挙はがき1万枚には「小選挙区は落合貴之」とともに、「比例は共産党」という呼びかけが印刷されて」いる[10]

2019年、重徳和彦会長の「直諫の会」に参加。「直諫」は目上の人に対して遠慮せずにいさめるとの意味で、新会派執行部へ積極的に政策提言を行う意思を込めた[11]

政策・主張編集

外交防衛編集

その他編集

人物編集

  • 大学在学時には、全国のゼミの大学生と協同企画のもと、政治家を招いて様々な政策提言をするシンクタンクを創り活動した[20]
  • 同じく大学時から、アルバイトで得たお金を貯め、バックパッカーとして世界を回る。就職後も長期休暇を活用して継続し、現在30か国以上を訪れている。
  • 江田憲司衆議院議員の秘書を務め、2009年、ネット献金の実現に尽力した[21]
  • 秘書時代のあだ名は、江田憲司事務所では「麻呂」[22]松田公太事務所では「寝ぐせ王子」[23]
  • 2016年NPO法人 万年野党が発表した第190回国会版の国会議員活動評価では最高位の「三ツ星」を与えられた[24]

出演編集

  • 加藤浩次vs政治家〜政治の面白いところ集めました〜」(フジテレビ、2017年11月5日)[25]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k プロフィール - 落合貴之(おちあいたかゆき-衆議院議員 立憲民主党 東京6区 世田谷)公式ホームページ
  2. ^ “落合貴之:東京6区:プロフィル:衆院選2012”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/profile/ya13006006.htm 2017年11月19日閲覧。 
  3. ^ 離党のご報告 - 落合貴之(おちあいたかゆき-衆議院議員 立憲民主党 東京6区 世田谷)公式ホームページ
  4. ^ “【特定秘密保護法案】みんなの党から造反 一方的な党運営にきしみ”. 産経新聞. (2013年11月27日). http://www.sankei.com/politics/news/131127/plt1311270023-n1.html 2017年11月19日閲覧。 
  5. ^ “衆院選:民進党、事実上解党 「希望の党」に合流へ”. 毎日新聞. (2017年9月28日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20170928/k00/00m/010/120000c 2017年11月18日閲覧。 
  6. ^ “【衆院選】民進落合貴之氏、無所属出馬へ 「なぜ排除の論理を打ち出すのか」”. 産経新聞. (2017年10月1日). http://www.sankei.com/politics/news/171001/plt1710010049-n1.html 2017年11月19日閲覧。 
  7. ^ 「立憲民主党」参画へ - 落合貴之(おちあいたかゆき-衆議院議員 立憲民主党 東京6区 世田谷)公式ホームページ
  8. ^ “「自民対希望では」立憲民主、東京の15人が会見”. 朝日新聞. (2017年10月4日). http://www.asahi.com/articles/ASKB45JN4KB4UTIL031.html 2017年11月19日閲覧。 
  9. ^ “第48回衆院選 東京6区”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/senkyo/48shu/area/?kid=13#006 2017年11月19日閲覧。 
  10. ^ 比例は共産党へ/市民も 他党も” (日本語). www.jcp.or.jp. 2019年11月2日閲覧。
  11. ^ 野党若手がグループ設立へ「既得権益の打破」旗印に - 社会 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2019年11月2日閲覧。
  12. ^ a b c “2017衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/senkyo/senkyo2017/asahitodai/koho.html?k=00001NK6 2017年11月19日閲覧。 
  13. ^ a b 朝日新聞 (2012年12月9日). “(朝日・東大共同調査)候補者の政策・政治スタンス 6~10区 衆院選 /東京都”. 朝日新聞朝刊 東京都・2地方: 28頁. 
  14. ^ a b 朝日新聞 (2014年12月05日). “(朝日・東大谷口研究室共同調査)政策・争点 小選挙区の候補者のスタンス 衆院選6~10区 /東京都”. 朝日新聞朝刊 都・2地方: 28頁. 
  15. ^ 朝日新聞 (2017年10月17日). “(朝日・東大谷口研究室共同調査)政策・争点、候補者のスタンス 衆院選6~10区/東京都”. 朝日新聞朝刊 都区内・2地方: 28頁. 
  16. ^ 立憲民主党東京第6区予定候補落合貴之さん 市民との集会で衆院選に向けた決意を語る” (日本語). LaborNet Japan. 2019年10月27日閲覧。
  17. ^ a b c “2014衆院選 東京6区 落合 貴之”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/47shu/meikan.html?mid=A13006003003&st=tk 2017年11月19日閲覧。 
  18. ^ a b c d e “第48回衆院選 立憲 東京6区 落合 貴之”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/senkyo/48shu/meikan/?mid=A13006002002 2017年11月19日閲覧。 
  19. ^ 編集メモ | ニュース” (日本語). 公明党. 2019年10月9日閲覧。
  20. ^ 落合貴之 インタビュー全文 政治チャンネル
  21. ^ 落合貴之 - ネット献金はじめました!
  22. ^ 江田憲司日々是好日 - 元秘書、落合貴之君、ご結婚おめでとう!
  23. ^ 松田公太オフィシャルブログ Powered by Ameba - ケネディ、元寝ぐせ王子、国会ナンバーワン
  24. ^ 190国会・三ツ星議員を発表しました。 - NPO法人 万年野党
  25. ^ 「加藤浩次vs政治家~政治のオモシロイところ集めました~」フジテレビ

外部リンク編集