蘭乃 はな(らんの はな、1987年[1]5月20日[1] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団花組トップ娘役。

らんの はな
蘭乃 はな
生年月日 (1987-05-20) 1987年5月20日(33歳)
出生地 東京都杉並区
身長 165cm
血液型 B型
職業 女優
ジャンル 舞台
活動期間 2006年 -
活動内容 2006年:宝塚歌劇団入団、月組配属
2010年:花組へ異動、花組トップ娘役就任
2014年:宝塚歌劇団退団
2015年:芸能活動開始
著名な家族 すみれ乃麗(妹)
事務所 オフィスコットン
公式サイト 蘭乃はな公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
ファントム
オーシャンズ11
ベルサイユのばら
エリザベート

舞台
エリザベート
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

東京都杉並区[2]成城学園高等学校出身[2]。身長165cm[1]。血液型B型[1]。愛称は「らん」[2]

所属事務所はオフィスコットン[1][3]

来歴編集

2004年、宝塚音楽学校入学。

2006年、宝塚歌劇団に92期生として入団[1]。入団時の成績は4番[4]宙組公演「NEVER SAY GOODBYE」で初舞台[2][1]。その後、月組に配属[1][5]

2007年、阪急阪神の初詣ポスターモデルに起用される[1][5]

2008年、「夢の浮橋」で新人公演初ヒロイン[1][6][5]

2010年、「HAMLET!!」(バウホール日本青年館公演)で、バウホール・東上公演初ヒロイン[5]。同年2月26日付で花組へと組替えし、5月31日付で桜乃彩音の後任として花組トップ娘役に就任[5]真飛聖の2人目の相手役として、「麗しのサブリナEXCITER!!」で大劇場トップコンビお披露目[5][1]

2011年、真飛の退団に伴い、蘭寿とむを2人目の相手役に迎え、「ファントム」で新トップコンビ大劇場お披露目[7]

2014年、蘭寿の退団に伴い、明日海りおを3人目の相手役に迎え、「ベルサイユのばら」(中日劇場公演)で、新トップコンビお披露目[8]マリー・アントワネットを演じる[8]。同年11月16日、明日海の大劇場トップお披露目となる「エリザベート」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[9][1]

2015年より株式会社ビーエムアイ所属となり、芸能活動を開始[10]。同年、東宝ミュージカル「エリザベート」で、宝塚歌劇団退団後初の舞台出演[11]。自身が退団公演で演じたタイトルロールのエリザベート役を再び演じる[11]

2019年9月30日付で、ビーエムアイとの契約満了のため退所し、フリーとして活動していくことを発表[12]

2020年1月より株式会社オフィスコットン所属となる[3]

人物編集

3歳上の兄がいる[13]

母の勧めで幼稚園年長の頃から、妹とともにバレエを習い始めるが、恥ずかしがり屋で人前で何かをするのが苦手だったので、嫌々レッスンに通っていた[13]。しかし、小学校高学年のときのバレエの発表会本番で、突然バレエの楽しさに目覚めた[13]

中学時代は、バレエに役立つかもしれないという動機から、演劇部に所属[13]。中学2年生のときに出場した東京都の演劇の大会で入賞したことがある[13]

中学生の頃、バレエ教室の友人の家で、月組東京宝塚劇場公演「愛のソナタ」のビデオを観て、宝塚と出会う[13][14]。どうしても生で観たいと母にねだり、母と妹と共に、宝塚大劇場で同公演を観劇する[13][14]

東京宝塚劇場で観劇していた際に、客席で偶然隣に座っていた人に、「あなた宝塚を受けるんでしょ?」と声をかけられたことがきっかけで、「自分も受験できるんだ」と音楽学校受験を意識し始める[13][14]

宝塚好きが高じて、中学の同級生だった麻央侑希に、「背も高いし顔も小さいから宝塚受けたら?」と勧めたことがある[13]

憧れの上級生は花總まり[15]

宙組娘役のすみれ乃麗は、双子の妹であり同期生でもある[13]

宝塚歌劇団時代の主な舞台編集

初舞台編集

月組時代編集

花組時代編集

花組トップ娘役時代編集

出演イベント編集

  • 2010年12月、『タカラヅカスペシャル2010〜FOREVER TAKARAZUKA〜』
  • 2011年11月、第51回『宝塚舞踊会』
  • 2011年12月、『タカラヅカスペシャル2011〜明日に架ける夢〜』
  • 2012年12月、タカラヅカスペシャル2012『ザ・スターズ』〜プレ・プレ・センテニアル〜
  • 2013年12月、蘭寿とむディナーショー『T-ROAD』
  • 2014年4月、宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』

宝塚歌劇団退団後の主な活動編集

舞台編集

TV出演編集

広告編集

受賞歴編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah 蘭乃はな公式プロフィールオフィスコットン公式サイト
  2. ^ a b c d 『宝塚おとめ 2014年度版』 阪急コミュニケーションズ、2014年、26頁。ISBN 978-4-484-14522-8
  3. ^ a b 2020蘭乃はなオフィシャルブログ
  4. ^ 監修:小林公一「宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)」、阪急コミュニケーションズ、201年4月1日、118頁。ISBN-9784484146010
  5. ^ a b c d e f g h i 日刊スポーツ (2010年8月9日). “「衣装負けしないように必死です」/蘭乃はな”. プレシャス!宝塚. http://www5.nikkansports.com/entertainment/takarazuka/entry/20100809_97736.html 2019年9月29日閲覧。 
  6. ^ a b 村上久美子 (2012年4月19日). “魅せます 思い出のヒロイン/蘭乃はな”. プレシャス!宝塚. http://www5.nikkansports.com/entertainment/column/takarazuka/archives/27137.html 2019年9月29日閲覧。 
  7. ^ a b 岩見那津子 (2011年5月9日). “蘭寿とむトップお披露目公演『ファントム』制作発表”. 宝塚ジャーナル. http://takarazuka-j.blog.jp/archives/1635981.html 2019年9月29日閲覧。 
  8. ^ a b c 不明 (2014年6月12日). “新トップ明日海りお、お披露目公演「いい意味でみんなに甘えて…」”. スポニチアネックス. https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/06/12/kiji/K20140612008349730.html 2019年9月29日閲覧。 
  9. ^ a b 不明 (2014年3月20日). “蘭乃はな 退団会見一問一答”. デイリースポーツ. https://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/03/20/0006793786.shtml 2019年9月29日閲覧。 
  10. ^ 蘭乃はなプロフィール - ウェイバックマシン(2019年3月19日アーカイブ分) BMI Inc.2020年1月13日閲覧
  11. ^ a b 石橋法子 (2016年5月11日). “3年連続でエリザベートを演じる蘭乃はなが、2016年版『エリザベート』への意気込みを語る!”. メディアスパイス. https://spice.eplus.jp/articles/53775 2019年9月29日閲覧。 
  12. ^ 蘭乃はなです蘭乃はなツイッターより
  13. ^ a b c d e f g h i j 「波瀾爆笑!?我が人生 蘭乃はな」『宝塚GRAPH』2010年7月号、阪急コミュニケーションズ、2010年、98-100頁。
  14. ^ a b c 宝塚歌劇団プロジェクト 花組 蘭乃はなさんインタビュー前編”. ゴーゴーご組. 2014年3月25日閲覧。
  15. ^ 宝塚歌劇団プロジェクト 花組 蘭乃はなさんインタビュー後編”. ゴーゴーご組. 2014年3月25日閲覧。
  16. ^ “「RHYTHM RHYTHM RHYTHM」水夏希&東山義久が見どころ語る動画公開”. ステージナタリー. (2016年3月30日). http://natalie.mu/stage/news/181503 2016年4月1日閲覧。 
  17. ^ “中山優馬×屋良朝幸のミュージカル「クロスハート」、全キャストの配役発表”. ステージナタリー. (2016年9月2日). http://natalie.mu/stage/news/200407 2016年9月5日閲覧。 
  18. ^ “「CLUB SEVEN -ZERO-」全キャスト発表、原田優一×蘭乃はな×香寿たつき出演”. ステージナタリー. (2016年12月13日). http://natalie.mu/stage/news/213028 2016年12月14日閲覧。 

外部リンク編集